転職活動の軸の決め方についてよくある質問

Q.「転職活動の軸」とはどのような意味ですか?
A.「転職活動の軸」とは、企業や業種を選択する基準となる条件のことを意味します。

企業や職種を選択する時は
あなたが仕事をする上で重視するものを
明確にすることからスタートすることをおすすめします。

Q.転職活動の軸を決めるメリットはありますか?
A.スムーズに転職活動を進めることができるというメリットがあります。

転職活動の軸が曖昧なままだと、
転職活動中に職種や企業を選び悩んでしまう傾向にあります。

また、転職できたとしてもミスマッチが起きて長続きせず
転職活動を繰り返してしまうかもしれません。
転職回数が多くなったり短期間で転職を繰り返すと
面接で不利になる場合もあります。

そのため、転職の軸を決めておくと
志望動機も明確になり効率的に企業選びを行えますし
内定獲得後も比較的納得の行く結果を得られるでしょう。

Q.転職活動の軸を決めるための自己分析のコツはありますか?
A.一般的に以下のものが挙げられます。
・転職を決意した理由を洗い出す
・業務に問わずあなたの興味のあることを書き出してみる
・生活の中で大切にしているものに優先順位をつけてみる
・仕事の成功体験、失敗体験、成長を実感した経験などを書き出す
・仕事でやりたくないこと・苦手なことを書き出す

自己分析は、普段の生活や趣味において
あなたがどのようなものに興味を持っているのか
人間関係やお金といった点でどのような要素を大事にしているのか
を深掘りするとあなたが働く上で重視していることも
汲み取ることができるでしょう。

また、今までの業務経験を振り返り
どのような行動をとったか、
行動を取った結果などをまとめると
自分の長所・短所・向いている働き方を
客観的に見ることが出来ます。
【例】
・〇〇をしていると集中できる
・チームで作業するのが好き
・身体を動かして働く方が好き
・シンプルな作業が苦手
・不規則な生活をしたくない

Q.転職活動の軸を見つけるには他にどんな手段がありますか?
A.以下のものがあります。
・転職エージェントサービスを活用する。
・他人の意見を気にしすぎず、自分の意思を大切にする。

特に転職エージェントサービスを利用することで
仕事における条件・あなたのスキルや経験をもとに
マッチする求人を客観的に知ることが出来ます。

まずは転職エージェントサイトの働き方や業種の一覧を見ながら
興味を持つ仕事を振り分けてみることから始めてみると良いでしょう。

また、他人の意見に左右されて再び離職する結果とならないように
自分の意思を大切にしてあなたが納得する転職活動を行うことが一番です。

ただし、転職の軸について掘り下げていくうちに
仕事の選択肢を狭めすぎないように
第三者の意見も取り入れつつ軸を定めていくことが大事です。

Q.転職活動の軸の決め手にはどのような例がありますか?
A.一般的に以下のような例があると言えます。

①業務について【仕事内容、仕事の範囲、ポジションなど】
・今までの経験やスキルが活かせるか
・キャリアアップできるか
・未経験でもチャレンジできるか
・専門スキル・経験を積んでいくことは可能か
・海外赴任や海外出張が可能か

②待遇に関して【給与、福利厚生、勤務形態、労働時間など】
・給与アップは可能か
・フレックス制で働けるか
・過度な残業が発生しないか

③労働環境に関して【勤務先、オフィスの雰囲気、教育環境など】
・全社員が意見をできる環境か
・中途社員へのサポートはあるか

上記はあくまでも一般的な例なので、
あなたが重要視する条件を
あなたの実際の実務経験や実績を客観的に理解した上で
転職の軸として定めることが大事です。

Q.どのような手順で転職活動の軸を決めると良いですか?
A.一般的に以下のような手順で決めると良いでしょう。

①転職する理由を整理する
まずは転職する目的を明確にすると
企業選びの際に迷うことが少なくなるでしょう。

ですが、現職の不満を解消したいという理由だけで転職をすると
企業からまた同じ理由で転職してしまうのではないか
と感じられる可能性があります。
ですので、現職に不満があることをそのまま
転職活動の動機や志望動機にするのではなく
現職の何に不満を感じているのか分析して
転職理由や企業に求める条件を洗い出しましょう。

②仕事に求める条件を考える
一つ前のQ&Aで挙げた例のように
働き方や待遇などの希望を挙げて
その中でも譲れない条件を明確にしていきましょう。

③キャリアプランを立てる
1,3,5,10年後と段階的な目標を設定して
ポジションや収入、身につけたいスキルなどを
具体的にイメージして作成すると良いでしょう。

④条件に優先順位をつける
どうしても譲れない条件から順位をつけ
それを基に企業選びを行いましょう。

■まずは診断してみる! ▼
Q1
Q,正社員として仕事をしたことがありますか?