新規開拓だけが「営業」じゃないって知ってる?

 
 
あなたは自分の持つ接客販売やサービス業にやりがいを感じて
自分のさらなるキャリアアップのために転職を考えたことがあるかもしれません。
 
求人票の中でも頑張った分だけ報酬がもらえる「営業」はかなり魅力的な存在ですよね?
ですが営業というと、新規顧客を獲得するイメージが強いです。
 
年功序列ではなく、実力主義なところも「営業」のメリットなので、
「あの上司、全然働いてないのに誰よりも給料高くて苛つく…」なんて理不尽な気持ちになることも少ない傾向がありますよね。
 
ですが、あなたは営業では新規顧客以外にも必要なポジションがあるって知ってますか?
 

営業は新規開拓だけじゃない!まさかの既存客へのアプローチ?

 
実は営業は新規開拓だけではなく、既存の顧客とやり取りすることも重要です。
ビジネスでは新規開拓と合わせて顧客が他の企業の商品ではなく、自社の製品をリピートしてもらう必要があるからです。
買ってもらって終わり!ではなく、さらに改善点を見つけてもらって、使いやすさの実感を得てもらって、引き続き利用してほしいもの。
ですので、もしあなたが「営業に転職したいけど…ガンガン客先に電話をかけたり出向くのはキツイ」と考えているのなら朗報かもしれません。
 
むしろ、取り扱う商品だけではなく、何を目的として「営業」しているのかを意識しなければ、
例えば店舗で接客していた時とは違う課題に悩まされて転職失敗…なんてことにも繋がりかねません。
 

顧客とコミュニケーションをとることも営業の仕事。具体的には…

 
 
求めるものが明確な企業に対してマッチする提案をしたり、すでに顧客になっている取引先に商品の不具合を確認したり、さらにグレードアップしたコースに引き上げを目的とした営業となります。そのため、
 
「もっと違う機能がほしい」
「このままの機能で価格を安くしてくれたら助かる」という顧客の声を拾って、自社に持ち帰ることも重要なんですね。
 
営業と言っても新たに新規開拓する必要がない場合もあるので、
ルーティンとして未経験の求人でも
比較的多く求人がされる傾向があります。
 
扱っている商品知識が必要になることはこちらも求められますが、
既存客のニーズや改善点をくみ取り、商品をリピートしてもらう力が何よりもポイントになるでしょう。
 
 

新規開拓と声を聞く営業…自分に向いてる「営業」を解析するのは難しい!という時には?

1万人以上の転職・就職対策のプロの
専任キャリアカウンセラーのアドバイスをすぐに取り入れてください。
 
キャリアアドバイザーや転職エージェントはさらに高いパートナーシップを結んだ企業から
求人案件も紹介していることもあるので、
些細な転職・就職活動にまつわる不安もお気軽にご相談くださいませ。
 
特に営業職に求められる素早いアクションや行動力はは早ければ早いほど結果もすぐについてきます。
少しでも不安を感じていたり興味を持っているのならこのタイミングが運命の分かれ道ですよ!
 
まずは「キャリサポ」と検索して、詳しい情報をGETしてくださいね。
 
 
最新の記事を見る