テレワークに限界がある理由

 
 
大幅に増えている、新型コロナウィルスの感染症対策や昨今の働き方改革に向けて
これまでのオフィスで行っていた業務のテレワークやリモートワーク化が推奨されています。
3密に次いで小人数 ・小一時間 ・小声 ・小皿 ・小まめをあげた「5つの小」の取り組みに注目がされてますよね。
 
ですが、外食を控えたり、マスク会食は個人で気を付けることが出来たとしても、フリーランスの仕事を除いて
「リモート化はすぐに取り入れられない」
テレワークを取り入れてたくても、現実的に難しい」
という働き方の職種がほとんどではないですか?
 
実際、日本のテレワークは緊急事態宣言が出されていた状況においても
35.5%と6割の人が出社をしているということが明らかになりました。
 
なぜテレワークが取り入れられにくいのでしょうか?
 

テレワークをしたい…でも出来ない理由は

 
テレワークが難しい・却下されたという状況では以下の項目が注目を浴びました。
順番に紹介していきますね。
 
テレワークNG①職場の雰囲気が重視されている
 
「皆オフィスに来て勤務してるから…本当はテレワークしたいけど自分だけしづらい」
 
「同じ会社の中でもテレワークが出来ない部署があるから不公平だと言われた」
 
「上司がオフィスに来ているから部下がテレワークするわけにはいかないから」
 
このような場合だと、
本当ならテレワークが出来る環境にいるのに、出来ないというストレス感じて
不安や不満を抱えながら業務を行わなくてなりません。
 
テレワークNG②自宅に仕事が出来るだけの環境がない
 
 
「使用出来るネット環境Wに限界があるから、会社で扱うデータ量をテレワーク対応することが出来ない」
 
「アパートの壁が薄いからテレワークweb会議なんてしたら苦情が来る」
など、
そもそも十分なWi-Fiの環境がないとせっかくのテレワークもカフェなどでせねばならず意味を成さないですし、
 
PCを持ち出すことで個人情報や企業のデータが危うくなる恐れがあるので、同じくテレワークは難しいですね。
 
また、テレワークを導入する際に、ネットワークの開通やデスクなど備品を購入する際にどこまで会社負担なのか?不公平はないか?という細かい部分がネックになっています。
 
テレワークNG③仕事を家に持ちこみたくない
 
 
「家族と暮らしているので、仕事に集中することが出来ない」
 
「オンとオフをしっかり分けたいから、仕事の切れ目がないテレワーク得意ではない」
 
「自宅にいても仕事関係の連絡が次から次に来てしまうことが余計ストレスに感じてしまう」
 
ワークライフバランスを重視していると
仕事をプライベート空間に持ち込むことで
不快感を感じたり、仕事のモチベーションが
落ちてしまうという場合です。
 
さらに、自分ひとりでいると
セルフマネジメントが上手くいかず、
進捗がなかなか進まない、問題解決に時間かかるといった
問題もあるようです。
 
リモートNG④そもそもテレワーク出来る職業じゃない
 
 
「お客と対面して成り立つ小売店だからテレワークなんて不可能」
 
「機密データを扱う仕事柄、
出社して仕事をするしかない」
 
スーパーマーケットやコンビニエンスストアの
販売員をはじめ、医療関係者など
ライフラインに関わるエッセンシャルワーカーですと
そもそもテレワークの導入は現実的ではないです。テレワークを推奨したり、テレワークが出来ない企業はブラックだと叫ばれた時期もありましたが、実際にAmazonで商品を買っても届けてくれる宅配便やドライバーさんがいけなれば恩恵を受けられません。
 
同じように機密データを扱う職業も安全なネット環境やウィルス対策がないと情報が漏洩する大事件に発展しかねませんよね。
 
私たちはテレワークを推奨こそすれ、エッセンシャルワークを行ってくれている企業やエッセンシャルワーカーに理解をし、感謝を忘れてはいけません。
エッセンシャルワーカーについては下の記事で詳しくお話しているので
チェックしてみてくださいね!
 
 

日本企業はそもそもテレワークに向かない?

日本企業はこれまで、施策の成果だけではなく、その工程も評価の対象としてきました。
 
つまり、業務の取り組み方や挑戦したことも重要視されていたのでオフィスで働く価値が高いと思われたり、
 
上司が出勤してる以上、テレワークだとその様子をアピール出来ず、
純粋に成果だけを評価してもらわなくてはなりません。
 
旧体制の企業ですと、まだまだ根強く
この意識が残っていて本来テレワークが可能なのに取りれることが難しいと感じる温床になってしまっています。
 
ワークライフバランスを守る環境づくりは今回の新型コロナウィルスの影響で仕事部屋のある部屋に越すことを視野に入れるなど個人で改善できる部分も多くありますが
 
先にお話したように、スーパーやコンビニをはじめ
遠隔化が困難な宅配業などのエッセンシャルワークには取り入れることが難しい問題です。
 

完全にテレワークは出来ないけど…まずはこんな改善の一歩!

 
新型コロナウィルス感染予防のため、難しいとされる宅配業で工夫が見られました。
 
荷物を配達する際、対面で渡さず、インターホンを押して受け取り荷物を確認してもらったら、
そのまま置いて立ち去り荷物受け取ってもらうという取り組みです。
 
もともと自宅に宅配ボックスがある家庭もありますが、ない場合でもこうした観点に気づくことが出来れば、臨機応変な対応を可能にすることが分かります。
 
ですが、ライフラインに関わる仕事ほど業務上選択肢が少なかったり、なかなか現場からの意見が組み込まれないという問題も抱えざるを得ないことが現実です。
ですが、もしあなたが現在の状況で少しでも
 
「どうにか今の仕事の環境や職種を変えたい!」
「早く現職でキャリアアップすることで
職場環境の改善に努めたい!」
 
と考えているとしたら、
 
自分には無理と決めつけず
いつでもあなたのキャリアをサポートする
キャリアアドバイザーに相談してみることがオススメです。
 
 
あなたのキャリアにまつわる
悩みや疑問、不安をプロのキャリアアドバイザーは
ヒアリングを通して、解消に導きます。
 
あなたの理想の働き方のために、「こんなこと…」と思わずに活用して、あなた自身にも「こころづかい」をしてくださいね。
 
最新の記事を見る