キャリア遭難する人の特徴

「人とのコミュニケーションが向いてない…周りに合わせて頑張っても上手くいかない」
「教えられたことが実践出来ない…理解が悪い自分は転職した方がいいかも」

あなたはこんな悩みや不安を職場で感じていませんか?

不安を感じることで仕事の生産性が下がったり、そのせいで職場の人間関係が悪化したり
成績で評価が下がってしまったら最悪です。

「不安解消」のために転職を考えるきっかけにもなりますよね。

ですが、職場や人間関係を変えたら「楽しく」仕事が出来るようになるのでしょうか?

★職場を変えても状況は変わらない?

結論から言えば、転職をしても人間関係を望むように出来る保障はありません。

転職ガチャ」や「部署ガチャ」という言葉が生まれるように 必ず予想外のことはつきものです。
そもそも 人間関係に不安を感じてしまうことは責任を自分ではなく他人に委ねてしまっている場合がほとんどです。
仕事の成果や結果を人のせいにすることをやめること。

これを意識することが解決の一歩です。

★あなたが不安を感じた理由を知ることが重要

不安を感じたら「なぜ自分は不安になったんだろう?」

「何で動揺したんだろう?」と他人事のようにチェックすることがポイントです。

そのために、

不安に感じたこと
不安の引き金になったこと
不安・動揺を感じた強さ

等々、その場でフィードバックしてみると
案外「こんな些細なことでイライラしてたんだな」と実感できるもの。

はじめは慣れないかもしれませんが、意識しようと思うだけでも冷静さを取り戻すキッカケになりますよ。

★意外とNG?不安解消法で避けるべきはこれ

意外と不安を感じている時にオススメ出来ないものが「瞑想」です。

気持ちを落ち着かせるために有効な手段ではありますが、不安を強く感じている時に瞑想をしてしまうと、深層心理に根付いたトラウマや、嫌な記憶がフィードバックしてしまう恐れがあるのです。

ですので、イライラしている気持ちを収めたり、集中力を高めたいという時以外は自己流の瞑想を避けた方が無難ですよ。

不安の元…嫌な上司に対応するには?

あなたが上司に対して不安や精神的に摩耗を感じてしまう時は、思い切って相談することも解決の手段の1つです。
上司に「どんな部下になってほしいのか」
「直すべき部分はどこか」
一度話し合うことで解決できることはあります。

そもそも、あなたを不安にさせる上司は「良かれと思って」行動していることも考えられるのです。
あなたが本当の気持ちを伝えることで逆に部署全体の空気も変わるかもしれませんよ。

ですが、そもそも上司が嫌いだから成果が出ない
上司が好きだから結果が出る ということは給与をもらって仕事をしている以上許されるものではないのでご注意ください。

もしあなたが自分の仕事に誇りを持っているのなら「結果」を出すことで上司からの待遇も変わることもあるのでステップアップを目指すことも忘れずに。

★まとめ 相手の気持ちは変えられないけど 自分の感情は変えられる

いかがでしたか?

不安」の感情をコントロールすることで転職をしなくても人間関係が解決出来るという助けになれば幸いです。
あなたのメンタルフルネスのためにも
自分の感情というエネルギーをムダに相手のために消費することはやめてみましょう。

ですが、どうしようもない場合は転職や異動によって逃げることも大切です。
そんな時はいつでもキャリサポにご相談ください。

https://kyarisapo.jp/

最新の記事を見る