ミニマリストは必ずやってる悩み知らずのコツ

特に女性が当てはまるといわれていますが
捨てられないものの第一位が洋服です。

あなたも毎日オフィスや仕事場に着ていく服で
気が付いたらクローゼットやタンスが
パンパンになっていませんか?

昨今ミニマリストが増えていますが
タンスがいっぱいで溢れている人ほど
悩みが多く、部屋が乱雑する悪循環を生んでいる
という調べがあります。

仕事の悩みとクローゼットの乱雑さは比例する?

人は不安を感じると
ものに頼ったり収集するといわれています。
自信が持てないと洋服をたくさん買ってしまったり
「まだ使うかも…」と 数年着ていないのに捨てられない、
ブランド品だから手放せないという
傾向があるのです。

これは、自分の気持ちや
これから先のキャリアに迷いがあることで
いるもの、いらないものの判断が
鈍るためです。

乱雑した部屋が与える将来に与える罠

必要なものの判断が出来ないだけではなく
乱雑した部屋ですと
着ていくものや必要なものを探す
選択肢が増え、脳に余計なストレスが
与えられます。

余計なストレスの負荷があると
仕事中も気になったり、引きずってしまい
集中出来ず生産性が落ちてしまいます。

頑張って仕事しているのに
評価されない結果に陥ってしまうので
空回りしたり、むしゃくしゃする
ストレス解消のために
さらに衝動買いをして
部屋をものであふれさせかねません。

こうなってしまうと
負のスパイラスから
なかなか抜け出せにくくなくなります。

あなたは今日着る服をすぐに手に取れますか?

タンスやクローゼットから
迷わず洋服を選べない場合、
自分では自分の好みが分かっているつもりでも
忙しさや不安によって迷いが邪魔をしていることが考えられます。

また、無難な服ばかりで
自分が本当に着たい服を抑えるあまり
本来のあなたのポテンシャルや
やる気が曖昧になっている場合もありますよ。

余分な服を捨てるメリットは不要な選択肢を消せることだった

捨てることはとても難しいと感じてしまいますが
1枚で汚れた靴下をゴミ箱に入れるだけでも心が軽くなる効果が高いです。

古い服や寄れてしまった服を捨てることで
「自分に合う本当の服」を
イメージすることもできますし、整理整頓が終わると

プライベートや仕事について
理想的なライフワークバランスが
しっかり見えるようになり、
仕事の悩みも解決しやすくなります。

どんなものから捨てるといい?ヒントは小さいものから

「まずは古い下着から処分しよう」
「次はストッキングを捨てよう」
「このシャツはもう着ないな」

というように
小さなものから捨ててみましょう。

また、1日にまとめてやろうとすると
結局手付かずになったり
中途半端になり余計散らかってしまう
ということがあるので

★今日は引き出し1個分だけ整理する

というようにハードルを下げることが
おススメです。

クローゼットのメンテナンスは自分自身のメンテナンス

スッキリしたタンスやクローゼットは
使うたびに気持ちが良いものです。

ムダな買い物を抑えることも出来ますし、
本当に自分が気に入ったものだけ
手元にある生活は最高と感じることが出来ます。

無駄な選択肢がないので、
朝焦って無駄な時間も減らせるので
仕事の生産性も高めることが出来るので
ぜひ取り入れてみてくださいね。

選択肢も全部自分で決めるのは大変…そんな時は誰かの力を借りよう

あなたがもし、今日から断捨離や余分なものを捨てたい…新しい自分と出会いたいけど難しいという時は、思い切って周囲の力を借りてみるのもおススメです。

友達を呼んで、自分は不要だけど必要なら捨てずに譲ったりすると、大切にしていたものを捨てる罪悪感は軽くなりますし、捨てるか悩んでいる時に背中を押してもらえます。

そして、不要なものを捨てる時に背中を押してもらうように、あなたにもっとピッタリの環境に出会いたいと思ったら、キャリアカウンセラーや転職エージェントに現状を相談することも大切なプロセスです。

⇒1万人以上の選考対策実績のキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

捨てることと、出会うことを必要以上に怖がらず、あなたの本当に目指すミニマリズムのある生活を手に入れてくださいね。

 

最新の記事を見る