現状維持のつもりで会社に在籍する危険性

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

「今の会社に正社員で3年勤続しているけど、
社内の人間関係が良くなくて転職活動するか悩んでいる」

「上司からの評価が良くなくて、今の会社に勤め続けるべきか迷う…
でも、転職に成功したとしても結果は同じかもしれない。」

「派遣社員として勤務してきて、正社員の待遇に憧れてる。
でも実際に自分に合っているかわからなくて迷ったまま…」

転職活動をスタートする前にも関わらず悩みの種がつきません。

かといって、身近に相談する相手もいないとなると自分の判断が間違っていないか不安になってしまいますよね?

現状維持は後退とも言われているけど、現状の人間関係や待遇に特に大きな不満がなければ、現状維持でも問題ないように考えてしまいます。

1秒でも長く今の職場にいる…本当に正解?

今の職業に不満を感じたとしたら、あなたはキャリアチェンジ転職・キャリアアップ転職をすることを考えますか?
それとも、とりあえず現状維持を考えて、目の前の問題の対処法を考えますか?

もちろん、新しい環境に移動すること、現状維持をすることどちらも間違いではありません。
言ってしまえば、答えはないものですよね。

ですが、つい過去の選択で「あの時、●●しておけばよかった」という風に後悔をしても取り戻すことが出来ません。

現状維持に対して正解や不正解がないにしても、転職活動をすることと、現状維持をすることの
メリットとデメリットをチェックすることは価値のあることです。

転職するか現状維持か…それぞれのメリットとデメリットは?

転職活動を活発にしているのに

なぜか理想の職種や環境を
見つけられなかったり、現状維持しても想像していたイメージと違った!
なんてことになったら最悪ですよね?

ですので、まずはしっかりとこの
転職するか、現状維持をするかのそれぞれの【メリット】と【デメリット】を
理解することが重要になります。

簡単に紹介させていただきますね!

そもそも転職することのあなたのメリットを見つけて

まず、転職活動をすることのメリットからお話いたします。
転職をすることで以下のメリットが得られると言われていますよ。

◎心機一転で新しい環境で仕事に取り組むことが出来る。

特にキャリアチェンジ転職の場合、新しい職種を選ぶことになるので
いちから経験を積んでいくわけなので初めは大変な部分があります。

ですが、新しい上司や同僚が全てが新鮮ななかで
いちから自分に新しいスキルを培えることが魅力です。

◎今までのスキルを活かしたキャリアアップが期待出来る。

キャリアアップ転職から前職と同じ業種に就くことで
磨いてきたスキルを放棄することなくさらにブラッシュアップして
実践的な技術として活用できるようになります。

同じ職種の経験者ですと、給与の面でも未経験に比べて初任給が高く設定されていたり初歩的な研修が免除されるなど手厚い待遇が期待できます。

また、やりたいことや職種が明確であるなら、スキルアップしたい技術をはっきりと自覚して
ポジティブな気持ちでいる分、転職活動自体がメリットとして捉えられることが出来ますよね。

転職するデメリットは?

それは逆に、転職することのデメリットを紹介します。

▲年収が下がる可能性が高い

キャリアチェンジ転職の場合、いちからキャリアを積めることが魅力ではありますが、新米であるため初任給も少ないことがほとんどです。
現状の生活水準を維持したいと考えているとしたら、キャリアチェンジ転職をしたことで手取りが減るリスクを避けた方が無難です。

▲慣れない仕事・環境や人間関係でストレスを受ける可能性がある

転職をすると、新しい企業とそこで働く社員とのコミュニケーションを取ることが必須になります。
新しい人間関係は緊張を招きますし、新しい環境に慣れるまでストレスを感じてしまうでしょう。
特に転職前の前職ではあまり人とコミュニケーションを取る必要がなかったり、
逆にコミュニケーションが突然、チャットやメールだけになった場合には慣れるまで不安が残るかもしれません。

仕事を辞めずに現状維持するメリットは?具体的にピックアップ

次に仕事を続けることのメリットはこちら。

◎生活リズムが乱れずキャリアアップが可能

同じルーティーン作業を行えるので、集中して作業に取り組め、成果結果を出すことが出来ます。
作業に慣れやコツも獲得することが出来るので、精神的負担も減っていく傾向があります。

◎待遇の向上が期待出来る

勤続年数が長いと、企業にとって信頼度が高くなったり、成果を出していれば働きやすいポストに進むことも期待出来ます。

では、最後に現状維持のデメリットはなんでしょうか?

会社を辞めない現状維持のデメリットはこれ

▲新しい知識が得られない

自分は現状維持で問題なくても、競合では新しい技術や知識を取り入れています。
そんな時、現状維持をして新しいことを取り入れられないままだと淘汰され、企業そのものが存続出来ない可能性があります。

▲キャリアアップ・スキル獲得を目指す人に追い抜かれる

全ての人がキャリアアップを望んでいるわけではありませんが、与えられた仕事だけをするという考えでは
常に上のキャリアを目指す人に成績的に追い抜かれやすい傾向があります。
そうなると本当にしたい仕事もとって変わられてしまったり、居心地が悪く感じてしまう一因になってしまいかねません。

▲いつまでも入社した時のままではい…身体的な変化がやってくる

気持ちや技術に変化はなく感じるかもしれません。ですが、人の体はどうしても老いが現れ、気持ちやモチベーションが伴わない時がやって来るのです。
ですので、現状維持ということは根源的に不可能ということが考えられます。

転職・現状維持のメリット・デメリットをチェックした後にすべきこと

転職するか、現状維持をするかでそれぞれ必ずしもメリットだけだったり、
デメリットしかないわけではないことが伝わりましたか?

キャリアアップ転職やキャリアチェンジ転職、そして現状維持を選択するにしても
選択するためには、まずはあなた自身、自分の現在の悩みや生活環境を明確に
認識して、優先順位を見つけてくださいね。

⇒1万人以上サポート実績のあるキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

 
最新の記事を見る