「とりあえず3年」は結構長いしマジで損

「今の上司や職場は気に入らないけど、
今はとりあえず3年続けてみようと思う。
3年続けてたら何かしらスキルはつくだろうし」

このように、「今はこの先のことはまだ分からないから3年は続けてみる」という人は
あなたの身近にいますか?

それとも、あなたが今まさにそんな状態になっていませんか?

すぐに解決出来ないこと、とりわけ仕事について「とりあえず3年」と言って
続けることは少なくありません。

「石の上にも三年いれば暖まる」ということわざもあるくらいですし
実際、継続することはとても大切なことです。

ですが、ただ漠然と目標もなく続けているのはNGって知っていますか?
詳しくお話させていただきますね。

とりあえず3年が失敗する最大の理由

1年は356日です。
3年はその3倍で1,096日ということになりますね。

あなたは1,096日を長く感じますか?短く感じますか?

もし短く感じたとしたら、あなたは今の仕事に満足していたり
やりがいを感じて思いっきり時間を使えているのかもしれません。

ですが、1,096日は長いと感じてしまっている場合、
とりあえず3年」はやめておいた方が良いかもしれません。

退屈な授業や映画が長く感じてしまうのと同じで、あなたにとって有意義ではない時間だからです。

そんな時はすぐにでも、1日がすぐ終わってしまうような「やりがい」のある時間を手に入れることで「とりあえず3年」では得られない経験や実績を積むことが出来ますよ!

とりあえず3年」脱却チェック!あなたはこの1ヵ月間何をしました?

とりあえず3年」を辞めるために、まずあなたがこの1ヵ月、1日に何をしたのか洗い出してみてください。
仕事や家事、掃除にジムの他に、睡眠時間や通勤時間を含めて思い出すとどうですか?

24時間の時間は平等ですが
フルタイムで働いたらまず8時間使います。
さらに会社に行くための準備も1時間かかるかもしれません。
通勤時間も短ければ30分以内ですが
長いと1時間を超える場合もありますよね。

睡眠時間を6時間と考えても
毎日自由に使える時間って本当に少ないです!

そんな貴重な空いた時間をネットサーフィンをしたり、動画を見たり、友達とオンライン飲み会に使ってしまっていませんか?

つい夜更かしや深酒をしてしまうと、翌日睡眠不足になったり、気分が悪くなってパフォーマンスも上がらなくなってしまうという副産物もついてきてしまいかねません。

決して娯楽がNGというワケではないのです。
ただ、もし「とりあえず3年」というモヤモヤを感じている場合、解決出来る時間があるのに、それを放置していることが問題なんです。

3年というものは案外長いのです。
とりあえず3年」と先延ばしているうちに、環境の方が先に変化してしまいます。

今では数ヵ月前は考えられないほどのスピードで企業の制度も社会の制度も空気も変わってきています。
ですので、もし「なんとかしたいと思っているけど、とりあえず3年待つ」というスタンスはすぐ変えた方が絶対におススメなんです。

ですので、今からでもあなたに役立つ時間の使い方から
意識してみてください。

とりあえず、まとまった時間は自分で作らない限りわいて来ません。

でも、3日、3週間、3ヶ月と過ごしていくうち、自分から変化を起こすことが出来ます。

3日あれば1冊の本の半分くらい読めたり、
3週間あれば習慣にすることが出来る
インキュベートの法則で
勉強したり技術や知識を身に着けることが出来ますよ!

⇒「習慣化」する力のインキュベートの法則について詳しい記事を見てみる

とりあえず3年」を捨てて時間の大切さに気付いたあとにする行動が大切

学生の頃は時間割に沿った行動や夏休みなどの長期休みがあって
金銭的な自由は少なくても、時間は好きなように使えました。

ですが、社会人になってからその認識は変わったのではないですか?
10日間のゴールデンウイークも気が付いたらあっという間に終わり、週末も一瞬で溶けてしまいます。

「時間が勝手に無くなる!」と思ってしまいますが、
むしろ、意識した方が時間を有効に使えるようになります。

今日から5分、10分でも自分の将来描くキャリアに向けての時間を作ることからスタートしてくださいね。

それでも、もしあなたがここまで読んで
「5分や10分かけていくんじゃなくて、今すぐ生き方を見直したい!」
「憧れだった仕事に後悔しないようにチャレンジしたい!」と
思ったのなら

あなたの悩みやキャリアの不安を対面で解決してくれるキャリアアドバイザーに相談することが絶対におススメです。

自己流では時間がかかる企業のリサーチや自分へのマッチングをサポートしてくれるので、
まずは相談が近道になるということです!

⇒キャリアアドバイザーにキャリアについて詳しく教わる

とりあえず3年」「明日やろう」は卒業して、新しい一歩を踏み出すタイミングを逃がさないでくださいね!

最新の記事を見る