休職中の転職活動で成功を勝ち取るための注意点

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

あなたが現在会社を休職している場合、
「休職を機に、復職するより新しい環境に変えて働きたいという思いが強くなった」
と転職活動を始めようと考えたことがあるかもしれません。

「休職中の転職活動」と聞くと、少しハードルが高く感じてしまうこともあると思います。

ところで、なぜ同じ状況で転職活動を始めたのに、転職に成功する人がいる一方で
転職を失敗してしまう人がいるのか、不思議に思ったことはありませんか?

なぜ、失敗する人は偶然にもダメな転職先ばかりを見つけてしまうのか?
なぜ成功する求職者は良い転職先ばかりピックアップできるのか?
もちろん、成功する人にはそれなりのスキルや実績があることが前提ですが、
失敗して転職を繰り返す人はなぜ失敗してしまうのか、不思議ではありませんか?

…答えは簡単です。

休職中の転職に失敗する求職者はダメな転職先に応募しているのではなく、
休職中に転職活動を行う注意点を知らずに自力で転職活動を続けてしまうからです。

この記事では、休職中に転職活動をする際に気を付けるべき点や、あなたが面接で好印象を勝ち取り休職中でも自信を持って転職を成功させるために知っておくべきことをお伝えいたします。例えば、、、、

休職中の転職活動はアリ?

結論から言うと、休職中の転職活動は可能です。

ただし、企業によっては休職中の転職活動を禁止する事項が就業規則に記載されている場合があります。
もし転職活動をしていることを現職の会社に知られてしまうと現職の会社とトラブルになる可能性も少なくありません。

休職期間とは、あくまで復職することを前提としていますので、休職中に転職活動していたことが知られてしまうと現職の会社に大きな不信感を与えてしまう場合があります。
また最悪の場合、減給や降格・異動といった懲戒処分を受ける可能性もありますので注意が必要ですよ。

もし転職活動が思うように進まずに復職した場合にも、職場の人間関係やあなたの今後の昇給・昇格などに影響を与えてしまう可能性があるので親しい先輩や同期にも転職活動について相談するのは控えた方が良いかもしれません。

また、自己都合休職(働ける状態だが自分の意思で長期的に会社を休むこと)
をしている場合は、現職に復職することを前提としたものなので、
休職中の転職活動は推奨されることではないことを念頭に置いて考えてください。

このように、休職中は転職活動を始める前に就業規則をきちんと確認した上で現職の会社に知られないように配慮して進めることが重要ですよ。

とはいえ、自分ひとりで現職の会社に知られずに転職を成功させられるか不安に感じることもあると思います。

もし休職中に自力で転職活動を始めようとしていたら、プロのキャリアアドバイザーに相談することも検討してみてくださいね。
転職を成功させるサポートについて今すぐ見てみる▼

休職中に転職活動を控えた方が良いケースも・・・

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

休職中に転職活動を始める際は現職の会社に配慮する必要があるとお話ししましたが、そもそも転職活動をできる状態かどうか冷静に判断することが大事です。
例えば、このようなケースは転職を考え直してみると良いかもしれません。

【体調が悪化する可能性がある場合】
心身の不調が回復しない状態で転職活動を行うと病状が悪化してしまう可能性があります。

転職活動では企業研究、求人探し、応募書類の作成、選考対策、面接のために企業に赴くなど、多くの時間と労力が求められますので、
現在のあなたの健康状態をかかりつけの医師とも相談した上で
転職活動をすべきかどうか判断するようにしてみてくださいね。

【現職に復帰したい気持ちが少しでもある場合】
前述したとおり、休職は健康上の問題が解決され次第、現職の会社に復帰することを前提とした制度です。

休職中に転職活動をしていることを上司や同僚に知られてしまった場合、復帰しても職場での居心地が悪くなってしまう可能性があります。

現職に復帰したい気持ちが少しでもあるならば、
転職活動を始めるかどうか一度考え直してみることをおすすめします。

休職中に転職活動を進めて良いのは●●なケース

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

これまで休職中に転職活動を控えた方が良いケースについてお伝えしました。
一方で、休職に至った原因が会社にある場合は
転職活動を始めることを検討しても良いかもしれません。

あなたが長時間労働やパワハラなど疲労や精神的苦痛によりストレスが溜まり心身の不調をきたした場合は、休職の原因が現職の会社にあるといえます。

この場合、もし現職に復帰することができても、再び健康を損ない休職せざるを得ない状態になってしまうかもしれません。

現職の会社で労働環境の改善が見込めない場合は
休職中に転職活動を行う選択も検討してみてくださいね。

しかし、せっかく転職をしてもまた職場環境に悩んで同じことの繰り返しになっては、転職回数も増えてあなたのキャリアにマイナスな影響を与えてしまいます。

そこで健康な状態で長く働き続けたいと思ったら、
「あなたに合った環境を見つけること」がカギです。

もし自力であなたにぴったりな企業を見つけられる自信がない場合や「そもそも自分に合った環境がどんな場所か分からない」という場合は、
プロの手を借りながらスタートすることも一つの手ですよ。

これ以上あなたのキャリア、そして人生の時間をムダにしないように、できるだけ早めにアクションを起こすことを検討してみてくださいね!
今すぐあなたにピッタリな環境の見つけ方を見てみる▼

転職活動中に応募企業には休職中と伝えるべき?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

結論から言うと、応募企業に休職中である旨を自分から伝える義務はありません。

しかし、実際に休職中に転職活動をしていたことが内定後や入社後に発覚して、内定取り消しや解雇となったケースも存在すると言われています。

企業は労働契約法において「労働者の安全への配慮」が義務付けられているため
もし求職者が心身の病気や怪我により休職した事実を隠して契約を結んだ場合、
就労後に安全配慮義務を果たせない可能性があるからです。

また、面接で「現在何か健康上の問題はありますか」など体調面に関する質問をされた際に虚偽の回答をした場合も経歴詐称と見なされ内定取り消しとなる可能性は否めません。

他にも、休職中であることを隠そうすると曖昧に答えてしまったり、回答に矛盾が生じて面接官に不信感を抱かせてしまう可能性もあります。

面接官から信頼を得られないと採用の判断にも影響が出てくるかもしれませんので、
面接では自ら休職中であることを正直に伝えることをおすすめします。

また、もし休職の説明に限らず面接全般の受け答えに不安がある場合は、プロのキャリアアドバイザーに相談して選考対策を行うことで自信を持って進めることが出来ますよ。

プロのキャリアアドバイザーに相談すれば、面接対策として模擬面接を実施してくれる場合もあります。
応募企業に対する正しいアプローチを把握したプロの目線から、面接の基本マナーや受け答えに関してあなたに合わせたアドバイスを受けることが可能ですよ。

転職エージェントによっては、模擬面接や本番の面接結果について、フィードバックをもらえるので転職の成功率は圧倒的にアップします。

休職中の転職活動は知識を持たずにやると、とても危険です。
しかし、正しい知識さえもってやれば、あなたの可能性を無限に広げてくれる選択になります。

そして、たとえあなたがキャリアアドバイザーに相談したからといって必ずしも転職する必要はありません。
あなたが最終的に現職に復帰する選択を選んだら、その道を応援いたします!

ただし、多くの人にとってその判断を自力で行うのは困難に感じるかもしれません。
あなたも、休職の原因が職場環境にあった場合、たとえ暇があっても転職のリサーチに時間をささげる余裕がなかったり、目的があって休職した場合は1日のうち1時間であっても転職に関して調べることすら難しいのではないでしょうか。

そんなときは、キャリアアドバイザーがあなたに必要な情報をピックアップしたものを参考に転職活動を進めるという選択をすればよいのです。

あなたは転職に成功する人はあなたより何倍も賢くキャリア実績も豊富だと考えていますか?

実際は、そんなことはありません。
もちろん、これまでのキャリアや現状があなたのものとは違うことは確かです。
ですが、それだけです。転職に成功した人があなたの何倍も賢いわけではありません。
20倍30倍も転職のために時間やお金を費やしているわけでもありません。

違いはたった一つです。

それは「あなたに合った情報」です。転職に成功している人は、誰に聞けば”答え”が分かるのか?
それを見つけただけなのです。

先ほどお伝えした通り、もしあなたがキャリアアドバイザーに相談した後に現職に復帰することを選んでも大丈夫です。
あなたが最終的に納得した選択をできるよう丁寧にサポートいたします。

もっと肩の力をぬいて、まずは気軽にあなたのキャリアの現状や転職活動の進捗について相談してみることから始めてみてくださいね!
今すぐあなたの抱える転職の悩みを相談する▼

 
最新の記事を見る