業績悪化による雇用契約終了を「自己都合扱い」にさせない方法

 
「業績が悪く、経済的に派遣社員を
引き続き雇う余裕がないから…」
 
「同一賃金同一労働が会社の
方針と折り合わないから…」
 
昨今の経済状況や働き方を巡る
法案の改正で肩をたたかれる恐怖や自分のキャリアを深く考えざるを得ない
タイミングとなっていませんか?
 
そのような場合
疑問や不安に感じてしまうのは
「会社の業績のせいなのに自己都合にされたって聞いて不安」
「派遣社員でも失業保険は受けることが
出来るのだろうか?」という部分です。
 

派遣社員も失業手当は受けられる?

 
いわゆる「派遣切り」となってしまった場合、
「会社都合」という事情を認められれば
失業保険を受けることが出来ます。
 
失業保険・失業手当の正式名称は
「雇用保険」と呼ばれます。
この「雇用保険」は労働出来ない
状況になった場合に労働者の生活を守ることと
 
再就職をサポートし、支援するために
まず第一にハローワークで手続きを行いましょう。
 

要チェック!業績悪化が原因なのに「雇用保険」が受けられないNGパターンは?

 
 
しっかり「雇用保険」を受け取るためには
契約満了、もしくは途中解消の場合に
退職理由が「会社都合」という部分を
確認する必要があります。
 
つまり、もしあなたがまだ働く意思が
あるにも関わらず、
 
派遣元会社が次の派遣会社が紹介出来ない
という状況の際には
担当と話しを進めるまえに
 

▲延長の希望に関する申し出はなかった

という部分を記載されていないか、
もしくは派遣元企業に受け取られていないか

必ず確認する必要があります。
 
 
なぜなら、
このまま受理されてしまうと、
あくまで自己都合扱いとなり、
雇用保険が受け取れたとしても
手続きから3カ月ほど待たなくては
ならなくなってしまいます。
 
ですので、
もし離職する場合は
 
▲延長を希望する旨の申し込みをしたが
派遣会社が派遣先を見つけられなかった
 
とうように、存続を希望しても
会社都合で見つけることが出来なかった
というポイントを忘れないでください。
 
それでも自己都合として
処理を進めようという態度を取られても
 
後々自分の負担や、今後のキャリアのために
問題となってしまうので、
 
納得出来ない場合は
署名やサインをしない方が無難です。
また、パートやアルバイトでも
 
■1週間の所定労働時間が20時間を超え、
■31日以上の雇用見込みがあること
 
という2点の条件が合えば
 
雇用保険の手続きが可能です。
 
 
不安に思った場合は、ひとりで抱え込まず、
ハローワークなどで相談も出来ますので、
いずれにしろ慌てたり、焦って手続きをしないように
ご注意くださいね。
 
通常、派遣切りなどで
派遣先の契約が突如として終了しても
登録している派遣会社が次の派遣先を
紹介してくれるシステムとなっています。
 
それでも雇用がなく退職を促された場合は
「会社都合」となり、雇用保険の
手当を受け取れます。
 
また、失業によって家賃を払うことが
困難になった場合は、
「住居確保給付金」という
厚生労働省が発布した制度を確認してみることも
おすすめです。
 
 

いかがですか?もしもの時のために
選択肢や有事の際に必要な
情報は出来るだけ集めて焦らないことが大切です。
 
ですが、やっぱりそうは言っても
「やっぱり、こんな時
少しでも安定した正社員にキャリアアップしたい…」
 
「でも派遣のように働ける仕事は
あるのか不安…」
 
「正社員未経験でも、正社員で採用してくれる
企業はあるのかな?」
と考えた時は
 
「キャリサポ」にご相談ください。

約6000件の非公開求人70種の職種から
あなたにマッチングする仕事がすぐに見つかります。
ぜひご活用くださいね。
 
さらにおすすめ記事を見る