中途採用でも筆記試験って重要?知っておくべき対策とは

転職活動をしていると、選考過程で筆記試験を行う企業もありますよね。

あなたは、「中途採用の選考なら面接の方が重要だから、
筆記試験の準備は前日に少しだけやればいいや」なんて思っていませんか?

一般的に、筆記試験の内容は非公開である場合が多く
企業独自の試験内容もありますので決して油断はできません。

また、試験を受けるタイミングによっても重要度が変わってきますので、
今回この記事では筆記試験にどのようなテストが行われるのかについて解説しますね。

転職のための選考で筆記試験のタイミングが重要?

転職のための選考で筆記試験が不合格だと
不採用になるのかと不安に感じるかもしれませんが、
不合格だからといって、必ずしも不採用になるとは限りません。
これは、筆記試験を受けるタイミングがポイントになります。

【一次試験の場合】
応募者が多いときに一定の点数以下をふるい落とす目的で行われるため
筆記試験は採用に大きく影響すると言えるでしょう。

【面接と同時進行の場合】
面接では測れない基礎能力を客観的・総合的に判断するため、
そして会社にマッチする人材かどうか適性を確認するために行われます。
面接で同等のスキルを持つ人がいる場合は
筆記試験の結果が採用に影響する可能性があるでしょう。

【最終選考の場合】
応募者の性格や行動の傾向などが会社にマッチしているか確認する場合や
採用者が絞り切れていない場合に行われますので
応募者の性格と職場の相性を重視する企業であれば
筆記試験の結果が採用に影響を与える可能性があると言えます。

このように、選考のタイミングによって筆記試験の重要度は異なりますが
どのタイミングであってもしっかりと対策をしておくことが大切です。

一般的な筆記試験のパターンは?

では、一体どのような筆記試験があるのでしょうか?
一般的には以下のようなものを受ける場合があります。

【能力適性検査】
能力適性検査では、一般常識や数学や言語など
高校レベルの基礎的な学力を測ります。

【性格適性検査】
性格適性検査では、ストレス耐性があるか、
協調性はあるかなど企業への適性を測ります。

【小論文】
小論文の内容は、応募する業界に関するニュースや
志望動機などテーマは様々です。

【専門知識に関する試験】
業務で必要なスキルに関する内容や、
企業独自の問題が出題される場合があります。

とくに、IT技術職やメーカー技術職など
専門性が高く論理的な思考力が必要とされ、
なおかつチームで仕事をする機会が多い職種の場合、
職場での適合性が重視されるため筆記試験を行うことが多いと言われています。

せっかく書類審査や面接選考が上手くいったのに
筆記試験の準備不足で不採用となってはもったいないですよね。
社会人になってから年数が経っている人ほど
しっかりと基礎を見直しておきましょう。

転職のための筆記試験にはどんな対策をすれば良い?

能力適性検査では「SPI」「玉手箱」「3E-IP」などの
テスト形式で検査が行われる可能性が高いと言われていますので
以下のような対策をすると良いでしょう。

・参考書や問題集を活用して勉強する
・高校までの基本的な問題を復習する(計算、語彙、漢字、英語)

また、企業独自の筆記試験を行う場合や時事問題が出題されることもありますので、
時事問題について自分の意見を考えておくと良いでしょう。

小論文では、一般的なものや応募する業界・企業に関するものなど様々ですので、
普段からニュースに関心を持ち、自分の考えを深めておくと
試験本番に意見を引き出しやすくなりますよ。

専門知識を問われる試験では、以下のような対策をすると良いでしょう。

・応募する業務に必要なスキル・資格に関する勉強をする
・希望する業務に関する専門用語を復習する
・あらかじめ配布された資料などを熟読する

また、転職先の企業や業界の市場動向をリサーチしたり
入社後の抱負などを考えておくと安心です。

他にも、志望企業の試験の傾向についても
あらかじめリサーチしておくと対策しやすいでしょう。
例えば、転職サイトの求人票に試験について記載があったらその情報を参考にしたり
可能であれば人事や採用担当者に聞いてみても良いかもしれません。

また、転職エージェントサービスを活用すると
過去の試験の傾向を教えてもらえる場合がありますので
不安な場合は質問してみることをおすすめします。
⇒転職エージェントサービスについて詳しく見てみる

性格適性検査では集中力が試される

性格適性検査では「YG適性検査」「クレペリン検査」などのテスト形式で
検査が行われる可能性が高いと言われています。
それぞれ簡単に説明しますと、
●「YG適性検査」:人の性格に関する質問に対して、「はい」「いいえ」「どちらでもない」の三択で解答するテスト
●「クレペリン検査」:1桁の足し算を解いていき、集中力や安定性を判断するテスト
という検査方法です。
試験本番で対応できるよう、練習サイトで事前に練習しておくと良いでしょう。

このような集中力や回答の安定性を判断するテストでは
解答の正確性を意識することが大事です。

もし面接では忍耐力をアピールしているのに、
集中力が続かずに後半に進むにつれミスが増えたり
時間内に回答できなかったりすると、
面接と筆記テストの結果にギャップを感じられ
マイナスな印象を与えてしまう可能性がありますので注意しましょう。

また、印象を良く見せようと企業の求める適性に合わせた回答をすると
面接時の受け答えと違ったイメージを与えてしまう可能性があるので
矛盾しないように正直に回答することが大事です。

筆記試験でつまづかないために

筆記試験では、問題の時間配分に気をつけながら
本番の制限時間を意識して解答する練習も行うと良いでしょう。
繰り返し復習して問題に慣れておくと試験でも焦らずに解答できますよ。

また、筆記試験は集中力が求められますので
試験の準備も大切ですが、万全の状態で臨めるように
前日はしっかり睡眠時間を確保しておくことも大切です。

このように筆記試験は必要な対策をしっかりと行えば
落ち着いて対応することが出来ます。
もしそれでも不安な気持ちがあったり、
あなたが希望する業界や企業の筆記試験の傾向を
転職のプロから直接聞きたい場合は、
転職エージェントサービスを活用することを検討してみてください。
筆記試験だけでなく、面接対策や書類作成のアドバイスなども行いますので
ひとりで転職活動をするよりも、不安が一気に軽くなりますよ。
⇒転職エージェントサービスについてもっと見てみる

 
最新の記事を見る