転職していい人・ダメな人の違い

 
「もう日曜日の午後だ…出勤したくないな…」
「毎日仕事に対して憂鬱…週2日の休みじゃ回復できない」
「仕事を辞めたいけど、代わりにどんな仕事に就くべきかも分からない」
「やりがいのある仕事なんて本当にあるの?」
 
あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?
 
日本は、世界的に珍しい「終身雇用制」でサラリーマンの多い国です。
一度就職すれば定年まで同じ会社に働き、退職金を受け取り、
さらに役員であれば役員報酬を貰えるということは当たり前ではありません。
 
そこで、今回は10回、20回転職するのは当たり前という転職大国アメリカと比較して
「やりがい」「長く働ける働き方」についてお話させていただきますね。

転職大国アメリカには終身雇用も新卒採用もない。その理由は…

 
例えば、大都市ニューヨークを筆頭に
転職大国アメリカには終身雇用制以前にそもそも
「新卒採用」という枠そのものがありません。
 
どういうことかというと、キャリアをしっかり積んだ
求職者でも新卒・既卒者でも同じ求人からポストを競い、相応しい能力のみを求められるためです。
 
そのため、新卒採用枠のない学生は在学中から就活にまつわる知識とスキルを身に付け、キャリアが上の経験者と競うのです。
 
また、日本の終身雇用制度や公務員制度のように終身雇用制と同じく年功序列という概念もありません。
成果や結果がついてくる社員には年齢、性別関係なく比較的チャンスが多いという部分は今後の日本にも取り入れられる流れでもあります。
 
「終身雇用制で長く、頑張らずに働きたい…」と考えている社会人にとっては不都合かもしれませんが、リーマンショックなどのやいざ企業が危うい、という場合、真っ先に「給料だけが高く能力のない社員」はリストラの対象になるので、終身雇用制でもスキルアップをしていく必要はもちろんありますよ!
 
 
また、転職理由としても日本では希望職と違っても
多少我慢することが美徳、といわれていますが
 
・業務内容が契約時と異なった
・もっと待遇のよい求人があった
・スキル・ステップアップ出来る企業を見つけた
 
等々、勤続年数にこだわらず
転職活動に対して迷いや後ろめたさはあまり感じないとか。
 
この部分は国民性や、専門スキルに頼る部分があるので推奨するものではありませんが
自分のスキルに自信がある人であるほど、
その転職回数は2桁にもおよぶことは珍しくありません。
 

長期的な勤務と短期の転職…この先選ぶべきはどれ?

転職サイトやハローワークには求人票があふれているし、
未経験からも挑戦できる職種もあるからといって
 
「職場の雰囲気が合わないから」
「もっと待遇の良い企業に行きたい」
という決断をするのはNGです。
 
 
なぜなら、先に紹介した
転職大国アメリカですら転職はするけれど、転職するという選択はあくまでキャリアアップのためで、「現状から逃げるため」「楽しいことだけ仕事にしたい」という理由ではないためです。
 
いくら「熱意があります!」というポテンシャルが高くても求職者が多ければ多いほど、
限られたポストの倍率は上がりますし、
 
未経験者より実績や経験のある人が
企業に好まれる傾向は変わりません。
 
さらに、日本も終身雇用制度からより専門性を求められる
通年採用が増えることによって今後「未経験OK」の求人そのものが減っていくと言われています。
 
また、職業や企業によってスキルや成果を上げることで
キャリアアップしたことで「仕事にやりがいを見出して断然楽しくなった」という体験も散見されます。
 
転職活動をするには、十分なリサーチとスキルを磨くことは必須ですよ!
 
もしあなたが今「とりあえず転職」を考えているのなら
漠然とやりがいと待遇向上の他に
現職でのスキルアップのチャンスを見直したり
これまで積み重ねてきた仕事のスキルを生かした
求人に絞って検討することが絶対におすすめです。
 
でも、そうは言っても
「ただ求人を眺めたり、転職サイトからのスカウトメールを見ていても自分にマッチする企業や
ピンとくる職種がない…」
 
と思っているのなら、そのまま何もせず諦めてしまうより、
転職のプロのキャリアアドバイザーに
詳しく話を聞いてもらうことも大切なのことなので、検討ください。
 
 
ライフワークバランスというように、月曜のの仕事も、休日の遊びも楽しくやりがいのあるキャリアのために少しでも早くアクションを起こしてくださいね!
 
最新の記事を見る