正月太りのダイエットでウォーキングがNGな理由

「正月太りでお腹周りや太ももがヤバイ!本気でダイエットする!」

「そのために、まずは1日1万歩歩く!うおおお!!」

あなたも年始で苦しくなったお腹周りに絶望して、脂肪を燃やそうと闘志からメラメラさせてませんか??

筋トレと合わせて、ウォーキングは比較的手軽に出来きてよいですよね。運動としても継続しやすいものなので1月から習慣化したいという目標を掲げる人も散見されました。

でも、、いくらウォーキングが気軽にスタート出来るからといって、正しい知識が大切ってことは知っていますか?

「え?ただ歩けばいいでしょ?ウォーキングに知識なんて必要ないない!」

あなたはもしかしてこう思ったかもしれませんね。

ですが、「歩けば歩くほど痩せる」「ウォーキングするほど身体が引き締まる」という気持ちだけで知識ナシで行うと、身体に負担をかけて故障させてしまいます。

例えば、朝のウォーキングは気持ちもスッキリするし良いと思っても、起き抜けの人間の身体は冷えて固めですし、朝しっかり水分をとらないまま歩きだせばドロドロになった血液はスムーズに身体を巡ってくれず、体調を崩すキッカケになりかねないって知っていますか?

特にアスリートのハードなトレーニングを見様見真似でしてしまうと、膝や腰を壊してしまったり…手術が必要になってしまった…という声も。

それに、1万歩を闇雲に歩くのではなく、成人男性なら平均8000歩、女性なら7000歩を目安に、体調に合わせた歩幅やスピードのメニューを調べたり、ジムのトレーナーなどの専門家のコーチを受けてからスタートさせてくださいね。

でも、、、今、あなたはこのウォーキングの話を知ったことで「そんなことも知らなかった自分、めっちゃハズかしいな…」

「無知だったな…」と思って自分を恥じてしまったかもしれません。

ですが、誰でも最初から何かを完璧に出来るってことは少ないですよね?元プロ野球選手のイチローこと鈴木一郎氏も3歳の頃からホームランを打ちまくってたわけではありませんし、

マイクロソフトのビル・ゲイツ氏も小さな頃に父にコンピューターを買い与えられたばかりのころに開発まで発想することはなかったはず。

誰にでも「初心者」「無知」「未経験」の時期に失敗と学びを繰り返すことで成功していったわけですね。

ところで、働く上で仕事を探しているとしていると「初心者でもOK」「職種未経験でも応募可」
「業界未経験でも歓迎」など様々な「経験」が散見されます。

経験不足で諦める求人や応募出来ない企業と比べると
「経験でもエントリー出来る」という点は応募のハードルが下がり
思い切って、挑戦してみるか‥と考えることが出来ますよね。

ですが・・・同じ「経験」と言っても

・職種未経験
・業界未経験
・上記全て未経験

というように、大きく3つの未経験に分けられるって知ってますか?

同じ意味でも微妙に違う「3つの経験」はこんな意味

求人票に書いてある「経験可」という言葉は、それぞれ

1.【職種未経験
対象求人の職業の職務経験がない

 

2.【業界未経験
求人企業の業種や業界で勤務経験がない

 

3.【上記全て未経験
業界や職種、社会経験も未経験

という意味を持っています。大抵、経験と言えば1の【職種未経験】をイメージするかもしれませんね。

どれも経験がない…完全未経験でもOKの職業はどんなもの?

3つの未経験でも比較的挑戦しやすいとされる職種はこのようなものです。

・アパレル販売などの小売業
・飲食のサービス業
・福祉介護のソーシャルワーク
・ホテルのスタッフ、マネージャー
・タクシードライバー

先に勤めているスタッフも
同じ別の業種から未経験からスタートしていたり、
タクシードライバーなら二種免許を働きながら獲得する
チャンスもあります。

さらに、
入社時の研修なども充実しているという
メリットもあるので、自分にマッチした業種ではあれば
長期勤務でき、キャリアアップも目指せるでしょう。

そのかわり

・すぐに給与や待遇アップには
期待出来なかったり

・人の入れ替わりも激しかったり

・業界経験者が優遇される

というデメリットも考えられます。

ですので、あなたが今転職活動を考えているとしたら、
未経験の職種へのジョブチェンジより

現在勤務している会社でのステップアップや
同じ職種でキャリアアップするという
選択肢も忘れないでくださいね。

もし、あなたが今からでもジョブチェンジをして新しい環境でチャレンジしたい!という場合はプロのキャリアアドバイザーにアドバイスを受けることもおススメです。

⇒1万人以上の選考対策実績のキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

未経験からでも、スキルアップやキャリアアップはモチベーション次第で十分に期待出来ます。まずは行動に移してみてくださいね。

最新の記事を見る