回避が無駄に…残業日数が続くある理由

「思ったように仕事が進まなくて残業ばかり…どうしてこうなるの?」
「あの人は自分より遅く出勤しているのに、何で定時で帰れるの?」

あなたはもしかしたら働いている上で
こんな悩みを抱えていませんか?

順調に仕事を進めているつもりでも、滞ってしまったり、
飛び込みの仕事が追加されて優先順位がぐちゃぐちゃに…なんてことは
ストレスを感じてしまいますよね。

そんな時、もしかしたら
業務を定時までに完了させるためにポイントになる
PDCAサイクル】に失敗しているせいかもしれません!
あなたは【PDCAサイクル】を知っていますか?

詳しくお話させていただきます!

★.PDCAサイクルってそもそも何?

PDCAサイクルとは、

PLAN(計画)
DO(実行)
CHECK(評価)
ACTION(改善)

という英単語の頭文字を取ったビジネス用語です。

オフィスや現場で「ちゃんとPDCAサイクルを回す意識をしてください」というように使われていますね。
PDCAサイクルをPDFサイクルと間違って使っている上司がいる…とネットニュースで話題に上がったこともありました。)

でも、そんなビジネスマンが好きそうなビジネス用語のPDCAサイクルを大事な1回目のデートでの活用方法はどんなものでしょうか?

早速お答えさせていただきます!

★効率の良い仕事の仕方・PDCAサイクルの使い方

PDCAを回すと言っても、なかなかピンとこないですよね。
ある単語の頭文字をそれぞれとって【PDCAサイクル】という言われていますが、具体的にどんな意味を持つのかチェックしてみてくださいね。

【PLAN】
 …仕事の下準備
【DO】
…どうアプローチするか
【CHECK】
…施策・キャンペーンの結果の検証
【ACTION】
…見直し、ダメなら別の手段を取ってみる

この一連の流れこそ【PDCAサイクル】と言います。
さらに分かりやすくデートで例えれば

◎相手に会う前に好きそうな場所やレストランを調べて

◎相手を退屈させたり恥ずかしくないような
   服装や清潔感を意識した格好で会って

◎また一緒に出掛けたい!また会いたい!と
  思ってもらえるようにLINE・メールの
   やり取りで確認して

◎2回目のデートに進めそうなら相手の満足度を
さらに上げる計画を立てて
お断りされた場合は原因を振り返って次の出会いを探す

というようなものですね。

PDCAサイクルと大袈裟に聞こえても、
結局のところ目の前のことだけに取り組むのだけではなく、順序だてて行っていく必要がある
という意味だということが分かってきたかもしれません。

PDCAサイクルで仕事の成功を引き寄せるためには

残業をしないようにしたり、スケジュール通り仕事を行うためには
「仕事の流れを把握する」
「失敗した手段に頼り切らない」
「失敗したとしたら何が悪かったのか掘り下げて考える」
というプロセスが重要です。

でも、いきなりそんなイメージが出来るってビジネスのシミュレーション上級者だよ!って思いますよね?

でも、安心してください。これは才能ではなく練習によって活用出来るのです。

一度に全てのPDCAサイクルを取り入れられたら良いですが、まずは【CHECK】の検証だけでも行うことがポイントです。

【CHECK】を怠ってしまうと、同じ間違いを繰り返すことも防げますし、原因を追究することも出来ますよ。
さらに、仮説を立てることで次の【ACTION】の幅を広げることにも繋がります。

ですので、まず失敗してしまったと思った項目の洗い直しと、次回の対策を繋げて考えらえるようになれば自然とPDCAサイクルを活用していると言えますよ!

難しいと思わずに、あなただけのPDCAサイクルを取り入れてみてくださいね。

最新の記事を見る