一歩踏み出せなかった本当の理由

あなたは自分のプライドが邪魔で
失敗してしまったことってありませんか?

例えば、本当は赤いランドセルを選びたかったのに
「赤は女の子の色!」と家族に言われて、恥ずかしくて
男の自分は「黒に決まってるじゃん!」とムキになってしまったり、

体育祭で優勝したいくらい熱意があったのに
「がんばってなんになるの」
「暑苦しいぞ」という
クラスメイトの声で全力で楽しむことが出来なかったり…。

新型コロナウィルス感染拡大が世界規模で
問題になる昨今、自粛以前に確定していた企業の内定も
「自分らしくないし、つまらなそう」と
断ってしまったことで

「あの時見送らなければよかった…」
「結局現職に留まって良かったってことかな…
でもやっぱり転職したい…」

と悩んだり後悔してしまった
という体験が散見されます。

働きたいと希望した職種のだったのに、内定後に躊躇したり
辞退をしたり決断が上手く下せないという時、
一体どんな原因が考えられると思いますか?

★新しい環境に向かいたい…でも邪魔をするのは自分の自尊心〈プライド〉

転職に踏み出せない理由として

・会社の立地が悪い
・転勤する可能性がある
・企業理念にマッチするか不安
・年収や待遇が下がる
・企業としての将来性
・福利厚生が他社と比べて見劣りする
・土日祝休みじゃない
・夏季休暇がない

等々、、さまざまな理由が挙げられるかと思います。

あなたにもいくつか当てはまる条件があったかもしれません。
もし、あなた自身、1つでも当てはまるものがあるとしたら、
考えてみてください。

その理由に、1つでも
▼「なんとなくそう思うから」というものがありませんか?
さらに言えば、
▼「皆が良くないと思うから」と感じてはいませんか?

なぜこんな質問をしたかというと、人は自分の価値を自分の置かれている環境ではかろうとする無意識レベルの執着を持っているからです。

これは、資本主義社会になること、お金という存在が重要視されることでが加速していった価値観とも言えます。

お金は、対等な価値のあるものと交換することが出来る、皆同じ価値として認識出来るとても便利な「道具」でした。
お金という存在がない時代は、物々交換でしか、欲しいものが手に入らなかったためです。

ですが、お金が生まれたデメリットとして、

〇お金を持っている人は価値がある
〇お金を持っていない人は価値がない

という認識と断絶を生んでしまいました。

本来、人は生まれてくる時にお金を持っていないので、命そのものは平等なのにも関わらずです。

同様に、お金を持っている⇒いい暮らしをしているという図式も出来上がったのです。

いい暮らしをするには、お金をたくさん持っていなければいけない、
そしてお金を持つには、お金を稼げる場所に働きにいかなければいけない。。。

「お金を稼げる良い環境は、土日休みで、福利厚生が手厚くて、賞与があって、ボーナスも出て、終身雇用で…。」というように

本心ではなくても、条件としてなんとなく挙げてしまい選択肢を極端に狭めてしまうのです。

あなたも、もしかしたらこのようなことを
学校の先生や、将来を心配してくれた親に言われたことがありますか?

★悩んだら転職の理由やキャリアの優先順位を書き出してみよう

話は戻りますが、あなたが1つでも「なんとなく」で条件を選んでいるとしたら、あらためて自分にとって本当の優先順位を書き出してみてください。

書き出すことで、シンプルですがなぜあなたが
なぜ転職に踏み出したのかはっきりと意識することが
躊躇する問題を解決に導きます。

転職活動を始めたきっかけの
理由やワークライフバランスの優先順位を
改めて書き出して整理することで、

福利厚生や土日休みなど、案外自分にとって重要じゃないことが見えてくるかもしれません。

例えば、土日休みじゃなくても、好きな日を希望休にすることが出来たり、多少駅から離れていても会社の寮があることで家賃を抑えられることも働きやすさのポイントになりますよね。

よくよく現状を検証した結果、もちろん、今の企業で
解決できることなら思い直して、内定を辞退することも決して間違いではありません。

★疑問はちゃんと解決しよう

さらに、どうしても納得出来ない部分や
知っておきたいことがあるなら、入社前に
直接内定先の企業に問い合わせすることも重要です。

入社してから
「やっぱりマッチしなかった…」と
転職を繰り返してしまうのは
精神的にも疲弊してしまいます。

ただし、いくら不安でも
詳しい給与体制や自分の希望だけを
押し通したいというように取られてしまう
質問は控えた方が無難です。

転職エージェントを利用している際は
キャリアアドバイザーに
間に入って聞いてもらうなど、
ストレスや誤解を生まないように
活用してくださいね。

⇒キャリアサポートをしてくれるキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

キャリアアドバイザーは企業をご紹介する他に
あなた疑問を解消したり、
信頼関係を繋ぐサポートも行っています。

20代の転職・就職活動で早期離職や未経験に
不安に感じる場合も活用した方がモチベーションを落とすことがないので安心です。

大切な仕事のことなので、心配に感じたり、ナーバスになってしまうことは当たり前です。
やる気に満ちている人もいれば、ほとんどの人は「上手く行かなかったらどうしよう」と不安を抱えてしまうものという体験談もあります。

ですが、大切な将来に関わることだからこそ、疑問を疑問のままにしなかったり、
モチベーションが落ちてしまった時も諦めては可能性がついえてしまいます。

ひとりでは解決できないと思ったら、
まずはキャリアアドバイザーに相談することで
あなたの疑問を「出来るかも」「やってみたいかも」に変えていってくださいね。

⇒1万人以上の選考対策実績のキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

最新の記事を見る