もう知ってる?今注目のメンターのスゴさ

あなたは困った時に「必ず相談する人」や
選択を迷った時に「選択肢」や「方向性」をアドバイスしてくれる人はいますか?

とっさのことでパニックになってしまったり、責任や重圧を感じた時に
現状を理解し、問題解消に導いてくれる存在がいてくれれば頼もしいもの。

人生にいてほしい「相談出来る人」ですが、
今企業でも従業員から「相談出来る人」が注目されているということを知っていますか?

★超頼もしい!あなたをサポートしてくれるメンター知ってますか?

昨今、企業で働く従業員には相談が出来たり、会社で働く際の不安解消のための助言などを仕事とする人に注目が集まっています。

従業員からの相談を受け、問題解消に導くポストは「メンター」と呼ばれていますが、あなたは聞いたことはありますか?

メンター」という言葉は
「助言者」や「相談者」「師匠」という意味を持っていて
語源としては古代ギリシャの物語「オデュッセイア」の
賢者「メントール」からきています。

物語の中で賢者メントールは教育係であり、主人公にとって信頼出来る相談相手でした。

そんな物語に登場する賢者や助言者…というとなかなか身近に想像できなくて
「現実に働いている時にどう関係してくるの?」と
疑問に感じたかもしれません。

ですが、このメンターは企業や従業員にとってとても重要な役割を担っています。

★企業に賢者って?メンターってどんなポスト?

物語の存在だった「賢者」「助言者」のメンターはやがて、姿を変え現代でも活躍するようになりました。

どのような活躍かというと、メンターは企業の教育係やサポートの一環として取り入れられ、
現在のオフィスワークや会社運営に大きく関わりはじめたのです。

メンターの導入を「メンター制度」として、厚生労働省もメンター制度をスタートした企業に助成金を提示するほどに注目されています。

メンターは仕事上での不安に感じた時や、対人関係の悩み、
企業でキャリアアップするためのキャリアパスについての疑問など
細やかなサポート態勢によって解消するので、とても心強い存在です。

でも、そうは言っても年の離れたメンターはではかえって相談しづらいのでは?と心配する声もありますが、安心してください。

企業におけるメンターの人事は比較的歳の近い別の部署の先輩社員が担当し、企業側に偏らず、従業員の中立で悩みを話しやすい立場の人が推奨されています。

なぜなら、メンターに選ばれる人選は新入社員や中途採用の教育係でもあるため、職場の人間関係などのストレスによるメンタルケアもサポートしているからです。そのため、企業は単純に年長者ではなく、従業員にとって相談や共感しやすい社員を積極的にメンターとして採用しています。

企業と従業員との分断を緩和する役割を行うメンター
社員同士で支え合い、コミュニケーションが取れて働きやすい環境作りとと人材育成のために大切な役割を担っているというわけですね。

★あなたのキャリアに頼れるメンターがいますか?

企業と従業員の間に立って、悩みや不安を解消してくれたり、キャリアアップの背中を押してくれるメンターがいると良いですよね。

ですが、現在全ての企業にこの「メンター」というポストがあるわけではありません。

中小企業や個人経営のワンマン企業では、
先輩に相談したくても忙しそうで出来る雰囲気ではなかったり、分からないことを質問をしたら怒られたり、
スキルアップがしたくても誰も「分からない」と放置されるから諦めるしかない…なんてことも珍しくないのではないでしょうか?

もし、あなたがそんな職場環境に不安を感じているのなら、思い切って企業の中ではなく、「外部のメンター」に相談することもおススメです。

特に現状の勤務体制に悩みがあって転職や未経験へのジョブチェンジを考えている場合は、どうしても現職では相談出来ない問題となります。

ですので、もしキャリアアップや転職、ジョブチェンジで悩んでいる時は選考対策や今の転職市場に特化したキャリアアドバイザーを「メンター」として頼ってみてください。

⇒キャリアのメンターにもっと詳しく相談してみる
  

メンターはあなたの背中を押してくれて、あなたの「なりたい」「挑戦したい」をきっとサポートしてくれます。
一人で悩まず、相談から不安解消をして一歩前に踏み出してくださいね。

⇒あなたをサポートするキャリアカウンセリングを体験してみる

最新の記事を見る