【ビジネス用語】投資信託のメリット・デメリット徹底解説

投資信託をテレビやニュースで耳にしますが、実際はどんなものか説明を求められると難しいもの。
今回のこの記事ではそんな投資信託について、知って損のない活用する際のメリットやデメリット・リスクをあわせてご紹介いたします。

投資信託ってそもそも何?

為替・株や債券について以前お伝えしましたが
投資信託とはそもそも何なのでしょうか?

【ビジネス豆知識】債券の意味をカンタンチェック!はコチラ

【ビジネス豆知識】為替って何?株価と関係あるの?はコチラ

投資信託は文字通り、投資を信託するということ。
簡単に言うと、会社や自分の投資を信頼出来る人や機関に委託するということです。

投資信託は略して「投信」と呼ばれたり、ファンドと言われることもあります。

さらに信託する立場の仕組みとしては

投資家から資金を集める

資金を運用のプロ・ファンドマネージャーが運用する

運用成果を投資家に分配をする

という一連の流れを「投資信託」と指す場合がほとんどです。

ですので、もしオフィスや上司から「投資信託」というワードが出たとしたら、このような流れをイメージすると良いですね。

また、集めた資金の総額やファンドの大きさは
純資産総額、
一口あたりの投資信託につく価値を
基準価額と呼びますので、合わせて覚えておくと良いでしょう。

投資信託のメリットはある?

投資信託はファンドマネージャーなど、資金を運用のプロに任せるもの。
ですので、通常の業務に関わる手数料として、利益の一部はこのファンドマネージャーに報酬として支払います。
これを信託報酬と呼びます。

そして、利益に限らず買う際にかかる「販売手数料」、さらに売る場合には「信託財産保留額」という手数料が発生することが忘れてはいけないポイントです。
この「販売手数料」と「信託財産保留額」がかからない投資信託もありますが、基本的にはプロのファンドマネージャーに任せるので手数料の方がコストがかかる仕組みと言えますね。

「販売手数料」に「信託財産保留額」…投資信託はお金がかかって損?

ファンドマネージャーに頼らず自分で投資信託の運用をする経営者もいないとはいいきれませんが、必要な知識やキャリアを積んだファンドマネージャーを頼った方が時間が節約できるという利点が目立ちます。
さらに、投資信託はひとりひとりの投資額は小さくとも多くの投資家から集めて運用するということになるため、専門家に頼ることで、大規模な運用も可能になります。
特に投資信託のメリットとなる部分は「投資のリスク分散」と「取引費用の節約」が期待出来ます。

この取引費用の節約というものは「モニタリングコスト」を指します。
「モニタリングコスト」とは、自分の投資先が怪しい企業じゃないか、投資しても問題ないかリサーチするためにかかるお金です。
10人の投資家がいれば10人分かかる費用も投資信託でまとめることで1回分の費用で事足りるようになるのは嬉しいですよね。

信託投資の一番のリスクは価格変動リスク

株や為替、扱う商品によっては、時期によって価値が変動します。
これによって、集めた投資の本元より利益が下がる本元割れの可能性があります。
当然、ファンドマネージャーもこのリスクを避けるために運用しますが、絶対の保障はないので逆に打撃になる場合も否めない部分でしょう。

万が一、本元割れなどによって投資の解約申し入れが多くなった場合に「強制償還」という企業が強制的に投資の運用をやめ、その時点で投資家へ資金を償還するということもあります。

★投資信託のまとめ★

メリット・投資のプロが集めた資金の運用をするので知識と経験による時間の節約が出来る。
たくさんの資金を集めることでリスクの分散・取引費用の節約が出来る。

デメリット・投資のプロに依頼する信託報酬の他、販売手数料・信託財産保留額というようなコストがかかる。
運用する際の商品へのリスクがある。
本元割れした際に強制償還になる可能がある。

投資の運用に関わる転職・就活ならキャリサポ

あなたがもし、投資信託やファンドマネージャーに関わる企業に興味があるならまずはキャリサポにご相談ください。

カウンセリングを通して、あなたにマッチする企業と必ず出会えます。
まずはお気軽にご相談ください。

さらにおすすめ記事を見る