【リラックス】リモートワークのおこもり肩こり対処法公開

リモートワークや外出自粛で
身体が運動不足になってしまったり
暴食や過度のアルコール摂取による
体調不良や肥満など
長期間の戦いにそれぞれ悩みがつきません。

その中でも

◎肩こり
◎腰痛
◎不安によるストレス

この3つの対策が
必要不可欠になっています。

「整体やマッサージに行きたいけど、外出するのはちょっと…」という時のために

今回はすぐ出来る肩こり撃退マッサージ法をご紹介いたします。

ダンベルやボールなどの道具も必要ないのですぐでも実践出来ますよ。

↓↓

2時間に1回でOK!
おこもり肩こり解消ストレッチ方法

 

♪お疲れ様でした♪

いかがですか?
身体全体に血液が循環するので
座りっぱなしによるむくみ解消にも期待できます。

「でも、やっぱり
忙しくてつい2時間以上デスクに向かってしまう…」
という時は

手軽な「貧乏ゆすり」もおすすめです。

「貧乏ゆすり」は名前のマイナスイメージや
人前だとマナー違反になってしまう動作ですが 足元をリズミカルに動かすことで

体中に血液がスムーズに流れ
緊張をほぐしたり、エコノミー症候群の予防にもなりますので
ぜひ活用してみてください。

オフィスだと出来ないエクササイズや
身体を動かす貧乏ゆすり健康法も
リモートワークならある程度好きなタイミングで行えるのも
良い発見のひとつかもしれません。

★デスクワークの腰痛予防やダイエットにコルセットは有効?

硬い椅子や、ローテーブルを作業場にしてしまうと
どうしても腰に負担が集中して
腰痛になってしまいます。

そんな腰の負担をサポートしてくれるものが
「コルセット」です。
近年ダイエットや姿勢を矯正するために
再び人気を博してきました。

ですが、ぎっくり腰や医師からのすすめ以外に
コルセットを長時間つけていると
内臓に負担がかかったり
サポートする役割をコルセットが担うため
筋肉が衰えてしまうというデメリットがありますので使用の際はなるべき医師などの専門家の意見を聞きましょう。

★大切なのはストレッチと筋トレ。1日5分だけでも続けよう

筋肉は正しい姿勢をキープできるだけではなく代謝を良くして痩せやすくもしてくれます。

ですので、先ほどお伝えしたおこもり肩こり予防のストレッチに加え、
腹筋や背筋の筋トレを1日5分、10回ずつからでも取り入れましょう。

自分で鍛えた体は自信を持たせてくれますし、軽い運動は「セトロニン」や「エンドルフィン」など幸せを感じたりストレスを軽減させる脳内ホルモンが分泌されるのでまさに一石二鳥ですよね。

★理想のリモートワーカーを目指したい…そんな時は一歩踏み出して

リモートワークが注目されていますが、業務の伝達やオン・オフの切り替えのために、時差出勤での勤務形態も増えています。

オフィスまで、徒歩でも運動になりますし、オフィスで雑談が出来ることは心身ともにストレス軽減になるという注目もされています。

もしあなたが、対面での接客販売や顧客の顔が見れるサービスに魅力を感じているとしたら、思い切って環境を変えてみることもおススメです。

「キャリサポ」では、1万人以上の選考対策実績のあるキャリアアドバイザーがカウンセリングによって何よりもあなたにマッチした企業をご紹介いたします。

新しい環境に踏み出したいけど、不安を感じているという時でも、お気軽にご相談くださいね。

最新の記事を見る