仕事でうつ状態?あなたに足りないたった一つの習慣はコレかも

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

あなたは普段、自宅やオフィスなど室内にこもって仕事をしていますか?

新型コロナウイルスの影響によりテレワークが広く普及しましたね。
出社せずに仕事をしていると、そもそも外出する機会や頻度も減ったかもしれません。

テレワークの場合は運動不足も懸念されていますが、
たとえ出社しても常に室内にこもって仕事をしていると、
「集中力が続かない・すぐに眠くなる・なぜか気分が落ち込む」
といった気分になることはありませんか?

もしそのように憂鬱な気分でいることが続くと
仕事の生産性が下がったり、体調に悪影響を及ぼす可能性があると言われています。

さらには、仕事に身が入らなくなり無気力状態になると
「うつ」に繋がってしまう可能性も少なくありません。

もし食事も睡眠もきちんと取れているはずなのに気分が重たいという場合、
その原因は、あるものが不足しているからかもしれませんよ。

あなたが今すぐに取り入れるべき「あるもの」ついて詳しく説明いたしますので、
最後までチェックしてみてくださいね。

憂鬱を改善するたった一つの習慣

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

以下の例であなたの働き方に当てはまるものはありますか?

・在宅勤務で以前に比べて外出頻度が下がった
・テレワークで窓のない部屋で仕事をしている
・仕事の休憩時間に外に出る暇もないほど忙しい
・オフィス内の日が当たりにくい席で仕事をしている

このように普段室内にこもってばかりで不調が続いている場合、
もしかすると「太陽光を浴びること」が不足しているかもしれません。

具体的に説明いたしますね。まず、人間は太陽光を浴びると
睡眠を促す「メラトニン」という脳内物質の分泌が抑えられるため
眠気を抑えて生活リズムを整えることが出来ると言われています。

そのため、十分な睡眠を取り朝に太陽光を浴びれば、
夕方から夜にかけても睡魔が襲ってくることがなく
仕事の生産性をもアップすることが期待できますよ。

また、余談ではありますが太陽光を浴びることでビタミンDの生成もされますので、
ビタミンDによってカルシウムの吸収が助けられ、
骨の健康も維持することが出来ます。

一方で、日中に太陽光を浴びる時間が短くなると
睡魔に襲われたり睡眠の質も下がる可能性があるのです。

とくに、1日に30分〜1時間ほど太陽光を浴びることが
望ましいとされているので、テレワークや室内で仕事をする場合でも
休憩時間に散歩に出かけたり出勤時は一駅分多く歩くなど
太陽の出ている時間帯に外出することを心がけてみてくださいね。

このように、太陽光にはあなたの生活リズムを整えて
うつ病などのリスクを減らす効果も期待できるのです。

あなたがどんなに忙しくても、

・朝起きたらカーテンを開けて太陽光をきちんと浴びること
・一日に30分太陽光を浴びる時間を確保すること

を明日から意識して生活してみてくださいね。

ですが、そうは言っても「朝ゆっくりと太陽光を浴びる時間なんてない」
「休憩時間も仕事に追われている」という場合、
働く環境を変えないとあなたの心身の疲労は
どんどん溜まってしまう可能性があります。

気づかないうちに身体を酷使して体調が悪化しては
仕事の生産性も下がり、あなたの評価にも影響があるかもしれません…。
そうなる前に、働く環境を変えることをおすすめします。
あなたの健康とキャリアのために早めに行動してみてくださいね。
⇒今すぐ働く環境を変える方法を見てみる

そうは言っても今の環境を変えるのが不安…そんなときは

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

「朝から太陽光を浴びる時間を確保できるくらい余裕を持って働きたい。
そうは言っても、今すぐ仕事を変える勇気はないし
そもそも余裕を持って働ける環境ってどんな働き方なのか分からない…」
あなたもこのように悩んでいませんか?

もしこのような悩みを抱えながら働いていると
今の仕事に対するモチベーションはどんどん下がってしまう可能性がありますし、
モヤモヤを抱えて働くよりも「余裕を持って働ける環境」を
見つけるほうがあなたの心の健康のためになるのではないでしょうか?

また、あなたが余裕を持って働ける環境とは、
「あなたの適性や強みを活かして働ける環境」かもしれません。

もしあなたがそのような環境を自力で見つけることが難しければ
転職に関する知識を持ったプロのキャリアアドバイザーに
相談することを検討してみてくださいね。
⇒キャリアアドバイザーについてもっと見てみる

プロのキャリアアドバイザーは
あなたの適性や強みを客観的に分析して
あなたにマッチする働き方を紹介いたしますよ。

まずは今あなたが仕事で抱える問題や悩みを
相談してみるだけでも大丈夫です。

あなたの心の健康のためにもっと余裕を持って働くには
ぜひ前向きに行動してみてくださいね!
⇒あなたの適性や強みを活かして働ける環境を見てみる

 
最新の記事を見る