実際転職が上手くいっている人の自己アピールのポイントはコレ

 
転職を繰り返すことでブレてしまう自己アピール
未経験の起業には何をどうアピールすればいい?
あなたは「企業へ自己アピールが上手く書けない」と不安を感じていませんか?
自己アピールは企業によって適切である必要があるので、そもそも使いまわしはNGですよね。さらに、あるポイントを気を付けなければ転職でとても重要な意味を持つありがちな失敗を招いてしまう可能性があるのです。

書類でNG!?自己アピール欄で失敗しないために

 
 
「これまで自分は多種多様な仕事をしてきました。コミュニケーションには特に自信があるのでさらに新しいスキルを御社で学びたいんです!」
 
あなたはこんな自己アピールを書いたことがありますか?自己アピールにおいて「コミュニケーション」スキルは代表的ですが注意が必要でもあります。なぜなら、数あるスキルのなかから「コミュニケーション力」を選ぶということは客観的に納得出来る実力が求められる上、書類上では他者との差別化がしづらく強みになりにくい傾向があるためです。
 
そんな時、自己アピールを質問された際にベストな受け答えが気になりますよね。
先の例のようにこれまでの業務経験から業種やスタイルにこだわらず業務を行えるということは、
着々と経験とスキルが積み上がっているポジティブなイメージを持ったかもしれません。
 
ですが、ここにも自己アピールで失敗してしまう大きな罠があるんです。
20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」
 
それは、そもそも企業を研究しリサーチしないまま「自分の出来ること」を記載するだけでは「企業の求める人材とマッチしない」可能性があるのです。
企業の求めるスキルや実績は多種多様ではありますが、基本的に中途採用の場合
部署やポストに欠員があるなど「目的をもって人材を確保したい」ということが一般的です。
その役割をこなし、現職の従業員と協調性を取れるということが重要視されているんですね。   
 
また、「なんとなく前職が自分に合わない感じがして退職して」というワードも同様にNGです。

この場合、「この人は自分のやりがいばかりで自分に仕事の仕上がりが左右されてしまうのかな」
「うちの会社も合わないと思ったらまた転職してしまうのかな」と感じられてしまうためです。

いずれも、企業にとって求められる人材のアピールではないということに注意をする必要がありますよ。

 

実際転職が上手くいっている人の自己アピールのポイントはコレ

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」
自己アピールで好印象を与えるポイントは「自分のキャリアプランが企業の求める人材とマッチしているかと、実績に沿った志望理由を示せているかどうか」です。
 
企業に貢献するスキルや実績のある人は企業にとって必要とされる人材と言えます。
なので、もしあなたがもし今の仕事が自分に合わないなと感じる部分があるとしたら
 
「あなたのスキルが企業に役立つ」というポイントに自覚して向き合ってみることが最重要になります。
 
でも、そうは言っても
「そもそも自己アピールどころか、自分のスキルに不安を感じてしまう…」
「アピールしたくても特筆すべき実績なんてない」
いたと思っていたとしたら
 
専任の転職エージェントに相談することがおすすめです。
 
 
転職エージェントがあなたの悩みや希望について、
寄り添ったヒアリングを行います。
 
未経験からでもスタート出来る職種の求人紹介から、あなたにぴったりの
キャリアチェンジ・キャリアアップ転職に導きます。いつでも相談してくださいね。
 
最新の記事を見る