今、会社を辞めたいと感じている人がすべきこと

「会社辞めたいけど、今の自分が働ける会社なんてあるのかな…」
「会社辞めたいけど、結局はまた辞めることになりそうで怖い…」

あなたはこんな悩みを抱えてはいませんか?現状を打破するためにも、会社辞めることは1つの手段ですよね。

ですが、とにかく「会社を辞める」選択をするというのはNGな場合も。
なぜなら、働く上で長く同じ会社に勤務するというのは、企業と従業員が結んだ基本的な契約だからです。

契約期間があらかじめ設定されていない限り、そもそも、入社の時点で定年まで働くという契約を結んだ上で就業しているので、基本的にはすぐに会社を辞めるというプロセスはNGなんですね。

特に高度な特殊なスキルを持つ専門的な職業以外はすぐに会社を辞めるするというのはキャリアアップに影響しやすいのです。

なので、もしどうしても会社を辞めたいという時は、

  • 実績やスキルを積み重ねつつ
  • 長く同じ職業に勤めながら、
  • 自分の市場価値を高めたいという過程でのみ

「会社を辞める」選択をするべき…というのが基本と言えます。

ですが、やはり大企業に勤めていたけど体調やメンタルに不安になって退職をしたり、
「働いてみてどうしても自分に合わないから」というように、早期離職する判断が必ずしも悪とは言い切れません。実際、新しい環境で自分を立て直すために会社を辞めることは正解です。

会社を辞めさえすれば「問題解決」…とはならない原因は?

会社を辞めたい理由としては、

  • 職場の人間関係が良くない
  • 長い目で見ると転勤するかもしれない
  • 企業理念にマッチしないので、モチベーションが上がらない
  • コロナ禍で年収や待遇が下がってしまった
  • 企業としての将来性に不安を感じる

など、さまざまな理由が挙げられるかと思います。

ですが、

「この会社を辞めたら人間関係は少しはましになるだろう」

「自分のスキルを活かせる仕事を見つけることはカンタンなはず。今は会社が悪いだけ」

というように、会社を辞めることを楽観視するのは危険です。

繰り返しますが、無理をして現職に留まる必要はありません。引き留められたり、退職に対して「無責任」と責められても、企業にあなたの選択を許可をする・しないの立場にはないのですから。

ですが、現在の転職市場を知らないまま、「とりあえず退職したら問題解決するだろう」ということは自分自身の客観視が出来ていなかったり、志望動機の面でも採用面接で不安要素となってしまうかもしれません。

なぜなら、「いきなり仕事を辞めてから転職活動」するということは収入を絶ってしまいますし、

「まだ就職先も決まってないのに、なんでこの人は退職したんだろう?」

「何か問題を起こしているんじゃないの?」と面接をする側にとっても不信感を抱かせてしまいかねません。

さらに、現状の転職市場は新卒であっても求人が少なくなってしまっているケースが見受けられます。

自信を持っているスキルや実績があるとしても、アピールの仕方やポートフォリオの見せ方の工夫など、めんみつに準備する必要がありますよ。

わたしは今会社を辞めて大丈夫?…疑問はちゃんと解決しよう

どうしても転職先の企業で、納得出来ない部分や知っておきたいことがあるなら
直接内定先の企業に問い合わせると間違いありません。

入社して「やっぱりマッチしなかった…」と
転職を繰り返してしまうのは精神的にも疲弊してしまいますし、前向きに生きるモチベーションも落ちてしまいますよね。

ただし、いくら不安でも詳しい給与体制や自分の希望だけを
押し通したいというように取られてしまう質問は控えた方が無難です。

転職エージェントに間に入って聞いてもらうなど、ストレスや誤解を生まないように活用してくださいね!

⇒1万人以上サポート実績のあるキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

キャリサポでは企業をご紹介する他に
あなたの疑問や不安を解消したり、企業とあなたとの信頼関係を繋ぐサポートも行っています。

20代・30代の転職・就職活動の際はいつでもご利用ください。

挫折しない、無理のない、あなたらしい転職を転職エージェント「キャリサポ」は全力で支援いたします。

 
最新の記事を見る