「環境が人を作る」のは当然!その理由は…

緊急事態宣言が解除されても、いまだにコロナウィルス感染者が増える状況に不安を感じてしまいます。

GoToトラベルキャンペーンも大阪・北海道が除外されるなど、新たな対策にも注目が集まっています。あなたも現在、時短で勤務していたり、リモートワークを行っていますか?

リモートワークを導入している企業の場合、いよいよ東京や大阪など密集した経済都市に住む必要がなくなり、地方に移り住むことで生活費の軽減も出来つつ、これまで通り働くことが出来たら最高ですよね。

実は、リモートワークによる100万円の補助はありませんでしたが、コロナ禍以前でも在宅業務の他にカフェやワーキングスペースで作業することもリモートワークは行われていました。

主にフリーランスや個人事業主など、企業に属さずその都度契約した業務を行う働き方をする人達ですね。

先にお話しましたが、新型コロナウィルス感染・拡大予防のために
突如リモートワークになったことで通勤時間がかからない、企業としてもそれに伴う交通費が発生しないなどスタートしたことでのメリットが多数挙げられました。

例えば、理想的と思われるリモートワークにも、人によって向き不向きがありますよね。

リモートワークの向き不向き?鍵は「自己管理」と「成果主義」

リモートワークはセルフマネジメントをしながら施策や業務を行う必要があります。

外に出てオフィスに出勤してると今まで出来ていたオンとオフの切り替えや
業務スタートをするために自分にエンジンをかけるのになかなか慣れない…という悩みも散見されています。

あなたは「自宅で集中出来ないようじゃダメ社員じゃん」と思ったり、人に対して感じてしまっていませんか?

確かに、「自宅じゃ集中出来ない」というこの悩みはあまり人に相談することも出来ませんし、認めることが難しいものです。

ですが、人間は環境によってパフォーマンスや生産性が変わる生き物です。特に脳はコミュニケーションによって発達するので、web会議やスカイプ、zoomだけの会話だけでは脳の働きが悪くなり、生産性が下がっているという研究結果も出ています。

さらに、そんな問題を解決するためにweb会議でも会話をする時間を設ければ?と思うかもしれませんが、あえて作った時間ですと、「何か話さないといけない」という余計な負荷をかけてしまい、気軽におしゃべりをするフェーズではなくなってしまいますよね。

オフィスで顔を突き合わせることで、偶然生まれる会話や、ちょっとした挨拶は脳にとって良い刺激になりますし、「会社に出勤していた方がやる気も上がるし作業も早く出来る」という成果の裏づけになっているんですね。

ですので、もしあなたは場所によってパフォーマンスが下がってしまうことに悩んでいたら、それはもしかしたら、あなたの落ち度ではないのかもしれません。

 

さらに、リモートワークは成果主義という必ず結果を出すということが大前提となった側面も注目されました。

この自己管理能力と成果主義が実行出来ないと、会社から評価は低くなってしまいます。

また、自分でスケジューリングをして優先順位を立てて仕事に取り組む姿勢はとても重要ですが、チームで作業をしているとリモートワークではなかなか連携が難しいところがあります。

作業を待っている時間が無駄だったり、突発的な案件があっても要点や全体像がつかめないと混乱もしてしまいます。

このように、リモートワークに対応するとともに出社し指示を得なければ業務に差し支える人材が浮き彫りになって不安を感じてしまうという感想も見受けられました。

リモートワークのオンオフの切り替えには何が有効?

そしてテレワークには自分にエンジンをかけるためにも
オンオフの切り替えが特に重要です。

オフィスに行くことで仕事モードになっていた部分を、自分で気持ちを上げていかなければいけないということは、家族と暮らしているなど生活環境によっては難しい場面があります。

ですが、「8時間集中して作業出来る」という集中力があったり、「今日の業務は終わり」と自分で仕事をコントロールすることが出来れば
心身ともに意識をさせることが出来ますので仕事に対するモチベーションも落とさず、
業務の成果に期待出来るでしょう。

リモートワークのオンオフの切り替えにやっておきたいこと

では、リモートワークのオンオフの切り替えで必要なポイントはどんなものがあるか、一例をご紹介しますね。今日からでも取り組めるものばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

・規則正しく目覚める

通勤時間がなくなり、朝に余裕が出来たことで寝坊や
二度寝が当たり前になってしまうと
業務開始時に仕事モードになれません。

意外かもしれませんが、リモートワークが導入されてから寝坊による遅刻の数が注目されてしまいました。

通勤の時間が無くなった分、たくさん睡眠時間を取れることはメリットでもありますが、
その時間を生かして本を読んでリフレッシュしたり、
部屋の掃除やコロナウィルス対策で
除菌活動をするなど有意義に使うことがおすすめです。

部屋がきれいだと頭もスッキリして
仕事もはかどりますよ。

・身だしなみを整える

女性だったら口紅を塗るなど軽くメイクをしたり、
男性だったら髭剃りを行うなど
通常のビジネスマナーを忘れないように
リモートワークでも取り入れると良いでしょう。

突然のオンライン会議でも慌てないですみますし、
しっかり朝に自分の顔色を確認することで
健康状態もチェック出来ます。下は部屋着だとしても、自分の健康状態を把握するためにも、出勤してた時間通りに鏡に向き合ってみてくださいね。

・テレワークでも休憩時間はパソコンを閉じる

「急ぎの会議があるかもしれないから、パソコンは開きっぱなしにしておかなきゃ…」とまさか思ってませんよね?

事前に連絡がない場合、しっかり休憩に集中することも仕事のうちです。フルタイムで働いている以上、休憩を取ることも社員の義務だからです。他のメンバーのやり取りの通知が気になるからといってパソコンから目を離さないでいるより、一度モニターを閉じて気持ちを切り替えると
午後の仕事にも集中出来ます。

それでも緊急の連絡が来たらどうしよう…と不安になってしまうこともあるかもしれませんが、重要だったり緊急の案件は電話連絡の可能性もあります。

ですので、休憩時間はあえてパソコンを見ないということを意識してみてくださいね。

また、休憩時間は
仕事部屋から出たり、近所を軽く歩くなど
リフレッシュする良いタイミングなので
ぜひ取り入れてくださいね。

広く導入されたリモートワークに対応するためには

リモートワークによって、これからもオフィスではなく自宅で勤務をする人は増えると言われています。
リモートワークをしていると、真面目に働いている人でも
「サボってると思われてないか心配してしまう」
「仕事の終わり時が分からなくなる」
「勤務外でも対応しないといけない場合モチベーションが下がる」
等々、

様々な悩みが生まれがちです。

もし、あなたがそんな中オフィス勤務も選択できる企業や
リモートワークの基盤が出来て安心できる企業にキャリアアップ転職やキャリアチェンジ転職をしたいと感じているなら

まずはキャリアアドバイザーに相談してみることがオススメです。

また、社会的にリモートワークが推奨されてはいるものの、実際に対面でサービスを行う販売業や宅配サービス、介護福祉であるソーシャルワーカーなどテレワークに当てはまらない職種ももちろんあります。

あなたの希望職種や待遇など、少しでも気になるポイントや疑問がある時も改めてキャリアアドバイザーに相談してみてくださいね。

キャリサポはマイナビとパートナーシップを結び、約9000案件の非公開求人からあなたにマッチした職種やキャリアを徹底的いサポートします。

これからのキャリアや働き方をもっと自分らしく、後悔しないように考えたいと思っているなら、まずはそのための一歩を踏み出してくださいね。

キャリサポ公式サイトはコチラ

最新の記事を見る