語学を生かして働きたい!ピッタリの職種はいくつある?

出張で飛行機に乗って海外に行ったり、文化や宗教の違う人と関わる仕事に興味を持ったことはないですか?
映画やドラマの登場人物でも、そんなスペックを持った登場人物にはついキラキラオーラで圧倒されてしまいます。

あなたももしかしたら、留学経験もないし、英語も話せない…だけど、どうにかしてそんな仕事が出来たら、やりがいを持って取り組めるのにな…と考えたことはありませんか?

そんな海外と日本の企業を結びつける人材のことを「グローバル人材」と呼んで、各企業高い評価をしているんです。

★そもそもグローバル人材って何…?

もしかすると、転職をするために求人を見ていると「グローバル人材」という項目を見たことがあるかもしれませんね。

グローバル人材は、ザックリ言うと日本以外でも語学を使ってコミュニケーションをはかったり、ビジネスでやり取りをしたり…
国内外を問わず活躍できる人材を指します。

そんな話を聞くと、グローバル人材は超キャリア組で能力が高いイメージをしてしまいませんか?
幅広く求人が出ていると言っても
「自分がグローバル人材になんてなれる気がしない…」とエントリーも躊躇してしまいますよね。

「でも、グローバル人材って具体的に
どんな仕事を指すのかすら分からない」

そんな疑問をカンタンに
説明させていただきますね。

グローバル人材は自社の海外進出にまつわる業務

ざっくり言うと、グローバル人材は自社が海外に進出している工場や
支店の現地の社員を評価したり、施策が行えるように調整する役割を指します。

以前はグローバル化=欧米化
とされてきましたが、アジア諸国も経済的な発展により必ずしもアメリカなどの形式を指さなくなりました。

また、日本は輸出を各国に行う企業が多いため、国内の施策と
進出している国の工場や支店によって顧客の導線や販売方法が異なるので
国に合わせた戦略や人事が必要になるのです。

ですので、そんな海外事業においての
人事や施策を管理する役割が
グローバル人材としての仕事のひとつと言えます。

このグローバル人材は現地の従業員のやる気や能力を上手く引き出したり、円滑に
業務が行えるようにするなくてはならないポジションですよね。

また、グローバル人材ということもあり、外国人の従業員を採用したり
業務が順調に行えるようにサポートすることも求められる場面もあると言えます。

グローバル人材にはどんな働き方があるの?

先にお伝えした枠組みの中には
特にこの4つがあげられやすいです。

●グローバル経営人材
   海外事業を展開していく中で
   本社の経営を中心となって行う人材です。

●グローバルビジネスリーダー人材
日本の国内にはない新たなビジネスや文化、
ビジネスパートナーを見つけたり、
素早い対応が可能な人材を指します。

●ローカルマネージメント人材
現地人材を適切に理解し、
現地においても人材マネジメントを
スムーズに行える人を指します。

●グローバル・リテラシー人材
英語などの語学力を持っていたり、
海外での実務経験があったり、
生活経験を持ち共感が出来る人を指します。

いかがですか?その他にも
グローバル人事に関わる仕事は
SNSが発展し世界の距離が縮まってなお
需要が高まりますが
日本ではまだまだ希少な人材と言えるかもしれませんね。

ですが、英語は学習する気になれば覚えることが出来ます。
以前は教科書を暗記したり、留学することでネイティブな語学を学んだり、英会話教室に通う必要がありました。
今ではユーザーの多様化したり、グローバル人材を育てるための土壌が豊になったために、
スカイプで空いた時間に英会話を現地の講師に教わることも出来ますし、YouTubeの無料動画で勉強することもできます。

何より「チャレンジしたい」という気持ちが重要になるグローバル人材にあなたも一歩踏み出してみてくださいね。

 

最新の記事を見る