ミスマッチを感じた!…すぐに転職活動した結果は

毎日、どこかの週刊誌では不倫や結婚、電撃離婚などの芸能ニュースが取り立たされていますよね。
あなたはつい細かくチェックしてしまいますか?
それとも、全く興味がなく、どうでもいいと思いますか?

あまり興味がなかったり、自分の世代の芸能人ではない場合、気にならない話題だと思いますが、ファンだった人ならビックリしてしまうかもしれません。

社会に出て、歳を重ねるごとに同級生の嬉しい知らせも珍しくなくなってもきますし、話題に上りやすい結婚関連ですが、、
一生のパートナーを決めるっていうのは難しい…と思ったことはありませんか?

出会って一緒の時間を過ごしてから多くの人は結婚を決めますが、実際に一緒に暮らしてみると「こんなはずじゃなかった」という体験談も散見されます。

ですが、結婚と違ってある程度「やり直しが効く」とされる転職・就職活動でも
入社してから「こんなはずじゃなかった」と感じてしまう人はどうしても一定数出てきてしまいます。

もしあなただったら、
就職・転職活動に悩んでいて、違和感を感じたとしたら
電撃離婚をするように、転職活動を行いますか?それとも、せっかく就職したんだからと、継続することを選びますか?

★今の仕事にミスマッチを感じた!…すぐにでも退職して転職活動するべき?

入社1日目で即日退社も珍しくありません。
あなたは早過ぎると思いますか?それとも、事情があるなら仕方ないと思いますか?
価値観は人それぞれかと思います。

ですが、企業にとってはどうしても画一的な見方によって評価されてしまうので、早期離職はかなり不利な条件の1つです。

1日目というのは極端な例かもしれませんが1ヵ月、4ヵ月、1年…というものも
実は同じ早期離職ととられかねません。
かといって、自分にマッチしない、留まることが辛い職場の人間関係や待遇で思い悩んだままもメンタル面からも見ても良くありません。

ですので、離職をする際は

「なぜこの仕事を辞めるに至ったのか」
「今じゃなければいけなかったのか」
「改善すべきを企業だけのせいにせず、自分の至らなかった部分も認められるか」
という3つのポイントを明確にする必要があります。

特に最後のポイントは、これからエントリーする企業側から見て、
「また離職を繰り返さないか?」という点の判断材料としてとても大切なポイントなので、忘れないでくださいね!

「このまま現職を続けるべきか…」
「キャリアチェンジした方が自分の未来が開ける気がするんだけど…」
など、

考えがまとまらないせいで決断が出来ず仕事でもずるずると成果や目標を達成出来ないままだと辛いですよね。
でも、「なんとなく向いてない」「自分にはもっとマッチした仕事があるはずだ」という理由で退職してしまうと

■業務で得られる実績やスキルが身につかなくて

■仕事で自分がやりがいを感じるものが分からなくなって

■「なんとなく」「次こそは」と転職する回数だけが増えていって気持ちも摩耗してしまい

■次第に転職活動をするも書類選考で落ちてばかりになってしまって結局「仕事を選べなくなってしまう

というような悪循環のサイクルが生まれかねません。
もちろん、もしあなたが心身ともにストレスを受けていて、仕事を続けることが困難な場合は、迷わず退職して休養とる必要があります。
唯一無二の自分を守るために、「後退的前進」の選択肢は決して忘れないでくださいね。

★なんとなく退職は失敗の恐れ大!なら、仕事は耐えて我慢するしかない?

「軽率な退職は危険があることは分かったけど、
じゃあ現状維持するしかないんだ…」
と諦めてませんか?

もちろん転職自体はネガティブな意味だけではなく、将来に向けて前向きで健全な、当たり前の活動です。

ですので、もしあなたがジョブチェンジを考えているのなら「まず退職!」と焦るのではなく、

「なぜそう感じているのか」ということを箇条書きでも良いのでまとめることからスタートしてみてください。

例えば、

■同期は上司に評価されて、仕事の飲み込みも早いのに比べて自分は要領が悪くて、この仕事に向いてないと感じるから…

■職場の業務スピードについていくのがやっとだから…

■施策はいくつかあるけど、成果に繋がらなくてもう投げ出したいから…

というような悩みがあげられるかもしれませんね。

書き出すことで自分の不満や悩みを意識化できるので、
視野が狭くなりにくいのておすすめです。

そして、キャリアアップを急いだり、優秀な同僚をそばで見ていると
つい忘れがちになってしまいますが、

よほどの経験やスキルがない限り、
初めから上手くいく人はいないということを思い出してくださいね。
月並みな表現ですが輝くダイヤモンドですら、
原石はそこらで落ちている石と見かけに大差がないのです。

実力や知識不足を感じるために退職を考えているのなら
せっかく身に着きはじめたスキルを磨く機会を損失させかねません。

少し見方を変えることで、あなたのスキル向上に繋がり、
カッティングされたダイヤモンドのように洗練され
武器や強みの他に可能性へと結びつくでしょう。

そしてなにより自信がつくことで実績やスキルが身につかないまま
将来に対して漠然とした不安を抱えてしまうことは回避できるはずですよ。

★そもそも自分のスキルを見定める方法はある?

もしあなたが今退職を考えていて、
大きな不安を抱え込んでいるとしたら、

まずは自分の退職・転職に繋がる考えを
整理することからトライする大切さが伝われば幸いです。

ですが、そうと言っても

「自分はネガティブだから、整理したらしたで余計不安な気持ちになりそう」

「いつも極端な結論に進んでしまう…理想論過ぎて実行できないのでは?」

「そもそも気持ちを整理して書き出す余裕も時間もない…」

なんて感じてしまったら問題をカウンセリングを通して
まずはキャリアアドバイザーに打ち明けてみることもポイントです。

⇒プロのキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

専任のキャリアアドバイザーがあなたのキャリアアップ転職・キャリアチェンジ転職に関する不安を徹底したヒアリングによって解消に導きます。

大切なあなたのメンタルに関わる仕事のことですので、悩んで心細くなることもあるかと思います。
そんな時はひとりで抱え込まずに、転職エージェントを兼ねたキャリアアドバイザーを活用することで一気に問題解決に近づきますよ。

3倍焦っても3倍速く仕事が終わらないように、まずは目の前の悩み1つ1つを解決に繋げるアクションをしてみてくださいね。

⇒プロのキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

最新の記事を見る