たった1つの選択が未来を大きく別けた理由

あなたは同い年で、同じ時期に転職したのに、手取りや待遇が全然違ってショック!という話を聞いたことがありますか?

せっかく転職に成功しても、同じ職種で、同じ中小企業に入社したのに貯金に差が出るのは嫌ですよね。

実はこの手取りに差が生まれてしまうカラクリの一つに「インセンティブ有り」の企業を選ぶか・選ばないかがあるんです。

インセンティブと言えば求人を見ていると

▲固定給+「インセンティブあり」
▲別途インセンティブ支給あり

という
一文を見たことがあるかもしれませんね。

現職や、これまで
インセンティブの制度がない場合だと
なかなか実感できないものです。

インセンティブはいわゆる「歩合」?「出来高払い」?

インセンティブという英語の本来の意味は

「何かの刺激を与えて行動を喚起させること」です。

そのため、経済用語では「報奨金」を意味したり、集客するために「誘導」するという用語にもなっているので、求人欄に記載している場合、どちらのインセンティブなのかしっかり認識することが大切ですが、ほとんどの場合は待遇における「報奨金」ということが多いですね。

また、報奨金と意味が同じに取られやすい歩合(ぶあい)制度は
売り上げによって支払われる給与の仕組みをさします。

さらに歩合と似たイメージの「出来高」制はスポーツ選手のように成績が左右される職業に散見されます。

また、保険の営業やライターなど固定給がなく完全歩合とする業種もありますが
インセンティブも実際のところ同じなのでしょうか?

インセンティブは目標達成で得られる報酬金でご褒美

リーダーや上司が月間の
売り上げやアクセスの数値を割り出し、
達成可能な範囲で設定された
目標や施策をクリアすることで
得られる報酬を「インセンティブ」と
定める企業が多数です。

さらに、企業によっては目標達成を100%とし、
110%、145%と上回るだけ給与に加算される場合もあるようです。

販売しているものや個人の能力によって
このインセンティブ制度は異なっていきますので気になる企業がある場合はしっかり確認することが大切です!

また、インセンティブは給与だけではなく、商品券や特別有給の支給など様々な形態があることも合わせて確認してみてくださいね。

インセンティブのメリットはやる気UP!

20代・30代の転職・就活で職業に安定を求める方もいる反面、

毎日のルーティン業務だけではなく努力や取り組み方次第で
給与に反映されるとモチベーションを保つ他に
個別に能力を磨く良い機会になります。

何より、成果が正しく評価されていることで
会社と従業員の信頼関係も築けます。

固定給と別にインセンティブ制度を導入することで
企業と従業員両方に嬉しいメリットがありますね。

インセンティブは良いことづくめ…デメリットは?

インセンティブは給与が安定しないという点がデメリットと言えます。

固定給が手取りで20万あるなど、そもそもの手取りが生活がある程度出来る額なら問題ありませんが、

インセンティブ頼りになっていたり

インセンティブ基準だと収入面が

△不安定になり仕事に追い詰められてしまったり

△評価される同僚と比較されたりと

心身ともにストレスに追い詰められてしまう
という意見も散見されます。

もしあなたが転職を考えているとしたら
自分にとってマッチする企業や
条件をしっかり確認しましょう。

インセンティブ有りの転職を考えているなら

まずはすぐにでもキャリサポに
ご相談ください。

約9000件の求人案件からあなたにマッチする企業が必ず見つかります。

ひとりで転職・就活に悩んでいるとしたらアフターコロナの前に
キャリサポの20代転職エージェントを
活用することが絶対におすすめですので

少しでもこれからの待遇やキャリアに不安を感じているのならキャリアチェンジ・キャリアアップのプロにご相談くださいね。

 

 
最新の記事を見る