【どうする?】もし入社時に必要なマイナンバーを紛失したら

特別給付金の配当などで注目を集めた
12桁のマイナンバーカードは
20代の転職・就活でも重要な存在です。

万が一、財布を落としてしまったり
引っ越しなどでドタバタして
紛失してしまった場合

マイナンバーカードはそのままにせず
必ず再発行が必要になりますので
最後までチェックしてくださいね。

■そもそもマイナンバーカードは再発行可能?

マイナンバーカードは
再発行が可能です。

国が発行したものなので
再発行は出来ないのでは…と感じてしまいますが
キャッシュカードやクレジットカードのように
紛失してしまった場合、再発行をすることが出来るので
ご安心ください。

ただし、マイナンバーカードは
再発行におおよそ1ヵ月かかるので
急遽必要になってしまった場合や
番号だけでも知りたい時などには
市役所でマイナンバーつきの住民票を
発行してもらいましょう。

■マイナンバーカードの再発行に必要なもの

マイナンバーカードのコールセンターに
連絡をし、状況を伝えた後利用停止をしてもらいましょう。

そして、警察に遺失届を提出し、
「受理番号」を控えてください。
この「受理番号」は再発行に必要なので、
必ず用意してくださいね。

【再発行に必要なもの】

★受理番号(警察から提示される)
★通知カード紛失届(窓口に用意されている)
★通知カード再交付申請書(窓口に用意されている)
★初回なら無料だが、再発行の場合数料500円
★身分証明書

以上を揃えて、市役所で
手続きを行えばOKです。

■再発行したマイナンバーカードは同じ番号?

マイナンバーカードの番号は
再発行の場合同じ個人番号です。

人に見られたり、犯罪に使用される恐れがある場合、
別途個人番号変更の手続きを受ける必要がありますので
ご注意くださいね。

■発行は面倒なマイナンバーカード…内定後の書類以外に活用方法は?

普及されても なかなか実用的に
使用したことがないと感じる
マイナンバーカードですが、実は
必要書類に記載する以外にも

・コンビニで住民票、印鑑証明が入手出来る
・本人確認に使用出来る
・税金の確定申告をオンライン上で行える

など、様々なサービスを利用出来ます。
特に住民票は市役所に平日行く時間がない時に
手軽にコンビニで発行出来る上に
市役所より安く手に入ることがポイントですね。

■まとめ

マイナンバーカードを紛失した場合
再発行は可能ですが、1ヵ月ほど
受け取るまで時間がかかります。

また、必要な手続きや書類提出にも
時間がかかるので
マイナンバーカードは大切に扱いましょう。

大切な個人情報を悪用されないようにしたり、
住民票を発行することにも
お金がかかるので あらかじめ
自分の番号を控えることもお勧めします。

★20代の転職・就活で悩んでいるならキャリサポ

あなたが今、転職やキャリアアップのための
就職活動を行っているとしたら
いきなりオンライン就活に飛び込む前に

まずはキャリサポをご活用ください。

キャリサポの専任キャリアアドバイザーは
リアルタイムの転職・就職市場知識から
あなたにマッチする企業を

保有している求人6000案件と70種の職種から
ご紹介します。

オフィスでのカウンセリングやメール、お電話の他に
オンラインでWEB面談も無料で申し込み可能なので
ぜひご利用くださいね。

あなたのご連絡をお待ちしております。

最新の記事を見る