転職活動の限界は30歳って本当?

※この記事では年齢によって
転職活動に不安を感じる解消方法を
ご紹介しています。
 
就職や転職を考えた時に
転職サイトや求人表を眺めていると
「若手の活躍する職場です!」
「条件:35歳位まで」
「20代の社員が多いです」
 
などの記載があります。
「自分は36歳だから、
この求人は無理なんだな」
 
「20代のうちに
転職活動しないと
可能性の限界がすぐ来てしまうんだ…」
 
などのマイナスな印象を
受けてしまいますが、
 
どうしても
【自分の可能性を
年齢であきらめたくない】
 
という場合、本当に
提示される年齢の条件は
覆すことは出来ないのでしょうか?
 
□■━━━━━━━━━━━━■□
 年齢による就職・転職活動の
 限界は本当にある?
□■━━━━━━━━━━━━■□
 
結論から言えば、
国家公務員のような資格獲得試験の
年齢規定がない場合以外に
 
年齢によって
合否を判断することは
厚生労働省が定めるガイドラインで
原則として禁止しています。
 
ですので、
どうしても目指したい職種に
年齢の条件が提示されている場合でも、
条件を周知した上で
 
「即戦力として貢献したい」
ということを熱意を込めて
採用担当者にアピールすることで
内定獲得の成果に繋がる場合があります。
 
多少年齢が超えてしまっていても
法律によって応募を禁じてはいませんし、
絶対的な条件ではありません。
 
ですが、年齢に”よって”
選考を拒否されることは認められませんが、
希望する職種に必要なスキル不足によって
採用が難しいとされる部分が現実です。
 
しかし この問題は
スキルやキャリアをアップすることで解決し
希望する職種に内定を得られる可能性も
十分にあるのです。
 
そして先にお伝えしましたが、
公務員を希望しているなら
資格を獲得するための
試験の受講、
 
また、そのほかにも
同じく厚生労働省の定める
ガイドラインにも定められている
一部の例外として年齢制限を設けている
特殊な職種も少なからずあるため、
 
IT業界のエンジニアやアパレル関係で
技術職や接客業に勤務したものの、
 
・不定休で生活に安定がなく
ストレスが負担になっている
 
・業務のノルマに追われて毎日
残業で自由な時間がない
 
というような待遇や
人間関係に不満を抱えていて
転職活動したい希望があり
20代、もしくは第二新卒であるのならば
 
目指す職種や公務員試験のスケジュールを
管理をしながら出来る限り
早急に転職活動へ踏み出してみると
良いかもしれませんね。
 
□■━━━━━━━━━━━━■□
 ではなぜ
 企業は求人に年齢の条件を
 提示しているの?
□■━━━━━━━━━━━━■□
 
それは企業としても
そもそも存続して生産性を高めていくために
重要なポイントでもあるからです。
顧客の求める商品を
扱っている企業の場合など
アイディアや企画力が問われる場面がある場合、
求人票に年齢を明確に表記するのです。
 
ですので、必要なスキルや実績があれば
年齢を加味しても適正と考えて
採用する可能性が十分にあります。
 
このような求人に対しては
企業理念や市場をしっかりとリサーチし
理解を深めた上で
 
★十分な実績やスキルを
   アピールする
 
このポイントを
クリアする必要があります。
 
仕事への真摯な向き合い方とともに
企業にとって魅力的な
人材を目指しましょう。
 
 
【結論】
転職やキャリアアップには
実績やスキルを向上させることが最も近道
 
 
 
□■━━━━━━━━━━━━■□
 そうは言ってもスキルアップを
ひとりで対策するなんて難しい…
解決方法が今すぐ知りたい!
□■━━━━━━━━━━━━■□
 
 
「キャリサポ」では
専任の就職アドバイザーが
あなたの目指す職種や企業に向けて

強みや適性を1対1のヒアリングを通し
徹底的にスキルアップのために
問題解消に導きます。
 
さらに、ただ転職を目指す他に
◎スキルアップのセミナーを受講できる
◎希望に沿うスキルの職種を徹底検証するなど
 
様々な選択肢から就職・転職以外にも
あなたにとってベストな方法を提案します。
 
なかなか一歩を踏み出せないという時は
まずは「キャリサポ」
ご相談いただければと思います。
 
ひとりで悩まずに「キャリサポ」
あなたの理想の就職・転職活動や
キャリアップのためにご活用くださいね。
 
 
最新の記事を見る