睡眠不足を「寝だめ」で解決してはいけない理由

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

多くの人が「平日寝れなかった分、土日は好きなだけ寝よう」と考えたり、
「休日はアラームをセットせずに好きな時間に起きるのが至福」だと言う人もいます。
さらに「休日の午前中は日の光を浴びずに過ごしてしまう」という意見も驚くほど頻繁に目にしますし、「休みの日は二度寝三度寝をして昼まで寝ている」という声を耳にすることも多いのです。

もしかすると、あなたも休日は自由な時間に起きて過ごしているかもしれません。

では、なぜ多くの人が寝だめをするのでしょうか?
私たちの多くが睡眠に関する正しい知識が不十分であり、その結果がキャリアに影響を及ぼしてしまう、その理由はなんでしょうか?
睡眠不足を休日に解消しようとする人がいるのはなぜでしょうか?

これらの問に対する答えは明らかなのです。

多くの人がこのように睡眠時間をまとめてカバーしようとするのは、
「寝だめのデメリットを知らない」からです。

すると、平日で積み重なった「睡眠負債」を解消するために休日に睡眠時間を多くとる習慣が形成されていくと言われています。

多くの人は習慣化していてもデメリットを知らないままなので、仕事のパフォーマンスが下がっていく可能性については考えないのです…。

そこで、寝だめをすることでどんなマイナスな影響があるのか詳しく説明いたしますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

「寝だめ」は睡眠不足の解決にならないのはなぜ?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

もしあなたも普段から睡眠不足を感じて休日は昼まで寝る生活が当たり前になっていたら注意が必要です。

なぜならば、寝だめを習慣化してしまうと、
体内のリズムがおかしくなり体の不調につながる可能性があると言われているからです。

例えば、平日は6時に起きるのに休日は11時に起きると、平日と休日の睡眠時間で「5時間」の差が生まれますよね。

こういった平日と休日の睡眠時間に差が生じて
睡眠時間のリズムが乱れてしまう状態を「社会的時差ぼけ」と言います。

つまり、平日の疲れをとるための「寝だめ」によって「月曜日に起きるのがだるい」という状態で、また平日をスタートさせる悪循環を生みだしてしまうのです。

また、この平日と休日の睡眠時間の差が大きい人ほどコレステロール値やインスリン値が高い傾向にあるというデータから、糖尿病や心疾患といった体への悪影響にもつながる可能性があります。

このような睡眠不足や体の不調は仕事の生産性にも影響する場合があるので
もしあなたも「寝だめ」が習慣化していたら、その危険性をきちんと認識して改善していくことが大事ですよ。

しかし、それでもあなたが普段から寝不足を我慢して働き、休日は「寝だめ」をしなくてはいけないほど多忙な生活を送っているならば、あなたの健康が損なわれる前に、現在の働く環境を見直してみることも考えてみてくださいね。

あなたが睡眠時間を確保できる環境に変えることで
もっと仕事の生産性を上げて働くことが出来るかもしれません。

働く上では体が資本ですので、もし現在の労働環境に
少しでも限界を感じていたらあなたの健康を第一に行動してみてくださいね。
⇒あなたに合った働き方を今すぐ見てみる

「寝だめ」ナシで睡眠不足は解消できる?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

寝だめの習慣による健康のリスクを認識したら
改善するために以下の2つのポイントを意識してみると良いですよ。

■睡眠時間を「分」単位で正す
休日に「寝だめ」している時間を平日に振り分けて
平日と休日の睡眠時間のバラつきを減らすことで睡眠のバランスを整えることに繋がります。

平日に睡眠時間を増やすことが難しい場合は
「まずは20分早く寝る」など無理なく平日と休日の睡眠時間の差を埋めていくことが大切ですよ。

■休日も平日と同じ時間に起きて太陽の光を浴びる
朝に太陽光を浴びることで、体内のリズムを整えることが出来ます。
日中に積極的に太陽光を浴びると「メラトニン」という睡眠を促すホルモンの分泌が増えるので、朝起きたらカーテンを開けて朝食を食べるなど、なるべく平日と同じように活動的に過ごすことが大事ですよ。

もしそれでも睡眠時間が足りない場合は昼寝で補うと良いでしょう。
ただし、夜に寝付けなくならないように注意してくださいね。

このように休日の生活リズムを崩さないことが快眠、そして睡眠不足の解消につながると考えられますよ。

もしあなたが慢性的に仕事中の睡魔に悩んでいるのに生活習慣を見直す暇もないくらい忙しかったり、仕事の疲れが睡眠では改善できない場合は
思い切って環境を変えてみることも一つの手段です。

今まで以上にストレスなく働ける環境を見つけるために、あなたにとってプラスになる選択をしてみてくださいね。
⇒あなたに合った環境の見つけ方を見てみる

そうは言っても、睡眠時間を削って働くしかない…そんなときは

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

もし今あなたが寝だめは体に悪いと分かっていても
「平日は仕事をこなすことに精一杯だし、これ以上睡眠時間を確保できない」
「まだ若いから少しくらい睡眠時間が足りなくても平気」
と体への負担を無視して働く状況が続いているとしたら、あなたが思っている以上にあなたの体は悲鳴を上げているかもしれません。

もしあなたが自分の体の不調にも気づけないくらい仕事が忙しい場合、
環境を変えて自分の健康と向き合うことも大事です。

もっとあなたに合った働き方を見つけることで
体も心も健康な状態で働くことが出来るかもしれませんし、環境を変えることで気持ちもリセット出来れば、もっと余裕を持って業務に専念することが叶うはずです。

仕事の疲れから精神的ストレスを強く感じていたら決して見過ごさずに、まずは周りの家族や友人に相談することを忘れないでくださいね。

もし身近に相談できる相手が見つからない場合は、
気軽にプロのキャリアアドバイザーに話してみることもおすすめですよ。
まずは今あなたが仕事で抱える問題や悩みを相談してみるだけでも大丈夫です。

あなたの心身の健康に影響が起きる前に
今できることから行動してみてくださいね!
⇒新しい環境を見つける方法を今すぐ見てみる

 
最新の記事を見る