内向型な性格にコンプレックスを感じる必要はない理由

突然ですが、あなたは職場でこのように感じた経験はありますか?

「職場で親しい先輩と飲みに行っても早く帰りたくなってしまう」
「仲のいい同期とのランチでもあまり落ち着いて食事ができない」
「親しい後輩と食事の帰り道、自分の発言をいつまでも気にしてしまう」
「職場の人との食事では気疲れしたり食事中の会話を寝る前まで引きずってしまう」

現在は、ま新型コロナ感染症の影響で大人数での会食は控えたり食事に行く機会が減っているかもしれませんが、もしあなたが会社で親しい上司や同僚と食事に行ってもいつも以上に気を配って疲れてしまうという場合は「隠れ内向」かもしれません。

「隠れ内向」とは、、、
人付き合いも良く、一見外向型に見えても、
もともとの性格が内向型なため、できるだけ周囲に溶け込もうと積極的に行動して心が疲れてしまうというタイプの人を指します。

楽しいはずの場面でも些細な行動に心が疲れてしまったり一人になると自分の発言を思い出して「あのときの会話で相手はどう思っていただろうか…」「あの発言は印象が良くなかったかもしれない…」などと自己嫌悪に陥ってしまうと余計に心は疲れてしまいますよね。

一般的に、外向型と内向型には以下のような違いがあるとされています。

【外向型の場合】
・他人や外の世界への関心が強くコミュニケーションを取ることが好き
・大勢で集まって雑談することがストレス発散になる
・マルチタスクなど業務へ順応する能力が高い傾向にある

【内向型の場合】
・一人でいる時間の方がリフレッシュしやすい
・外部からの刺激をストレスに感じやすい
・マルチタスクより一つの物事を追求していく傾向がある

このような性格の違いは、遺伝や育った環境によって決まることが多いと言われています。

もしあなたが内向型の場合、
食事の場は交流を深める機会にもなりますが
同時にストレスを感じてしまうことがあるのです。

しかし、これらは働く上では小さな問題です。
もっと大きな問題に比べれば。その問題とは…

「内向型のメリットを知らない」ということです。

これは大きな問題です。というのも、内向型にも働く上で多くの強みがあります。
ですが、それを活かした働き方が出来ていないままだと知らず知らずにストレスを溜めてしまうことになるのです。

もしあなたが職場で些細なことに落ち込んでしまったり職場の人とのコミュニケーションでプレッシャーを感じていたら、「内向型の強み」について詳しくお話しいたしますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

あなたは「隠れ内向の」自覚がありますか?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

隠れ内向の人は、他人の感情に敏感な傾向があり、
人間関係に疲れを感じやすかったり集団行動に苦手意識を感じやすいと言われています。

あなたも初対面の人と話す場面や人と関わる機会が多いと無理に気を使って心が疲れてしまった経験があるかもしれません。

もしあなたが隠れ内向だと自覚しないままコミュニケーション力が重要な職場や人と会話する機会が多い職種で働き続けた場合、ストレスや疲れが積み重なっていく原因となってしまう可能性も…。

たとえプライベートなかかわりが無くても、職場では雑談などのコミュニケーションが必要な場面がありますので、常に周りの様子をうかがって気疲れしてしまう雰囲気の職場は仕事がやりにくいと感じてしまうかもしれません。

ですので、もしあなたが職場の人間関係が上手くいかずに落ち込んだり精神的に疲れてしまった場合は
「性格上仕方ない」と割り切って考えることも大事ですよ。

また内向型の場合、ストレスを我慢してしまう癖があるかもしれません。
そんな時は決して一人で悩みを抱えるのではなく、
できるだけ早く家族や親しい友人に相談することをおすすめします。

あなたが現在の職場で働き続ける自信を無くしていたとしたら、新しい環境を見つけるために何かアクションを起こすだけでも心の負担が軽くなったり、働くことに前向きになれるかもしれません。

まずは現状を変えるための一歩を踏み出すために、今あなたができることから行動してみてくださいね。
もっとリラックスして働ける方法を見てみる▼

「内向型」が活かせる働き方を知らないと・・・

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

一般的に性格は遺伝子や育った環境により形成されたもので簡単に変えることは難しいと言えるため、まずは自分が内向的な性格であるという自覚を持ち、内向型の特徴を受け入れることが大事ですよ。

無理しすぎて心が疲弊してしまわないように
人と付き合ったりストレスを溜めないよう
意識していくことが必要だと言えますね。

また一般的に内向型の特徴としては、

・集中力がある
・分析力が高い
・クリエイティブ
・几帳面
・傾聴力がある

このような点が強みである可能性が高いです。

内向型は、相手の気持ちを汲み取ってコミュニケーションが取れたり集中力が高い傾向にあるため、一人でもコツコツと努力することができるタイプだと考えられます。

しかし、「内向型」が活かせる働き方を知らないと
あなたに合っていない仕事ばかり続けていて
本来のあなたの適性や能力を活かせないまま…なんてことになってしまいます。

あなたももしかすると、
「単純作業なのにマルチタスクできないの?」と上司に何度も指摘されたり
「なんでこんなに自分は周りとのコミュニケーションに気疲れしてしまうんだ」
「もっと、臨機応変に対応できるようにならなきゃ…」などと感じたことがあるかもしれません。

どうすれば外向型のように業務をこなせるようになるのか?
どうすれば今よりも成果をあげることができるのか?

そこで大切なのは、外向型になる努力をすることではなく内向型の場合でもその強みを活かして働くことです。

また、先ほどの内向型の特徴以外にも
人それぞれ持っている特性や強みは異なりますので
自己分析をしてみるとあなた自身の強みは何か明らかにすることができますよ。

もし自己分析の詳しいやり方が分からなかったり
あなた自身で考えても長所が思いつかない場合は
プロに手伝ってもらうこともひとつの手段です。

プロに相談するとあなたの適性や強みを客観的に分析してくれますので、あなたひとりで悩むよりも解決への近道になると言えますよね。

あなたの強みや特性を活かした働き方を見つけることで、もっと成果を上げて自信を持って働くために行動してみてくださいね。
今すぐあなたに合った働き方について詳しく見てみる▼

内向型でも成功する働き方とは?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

内向型で成果を上げ続ける人も、毎年毎年まったく進歩のない人も与えられた時間は同じで1日24時間です。

大成功してキャリアを伸ばせる人は、
上手くいかない人よりも100倍の時間働いているわけではありません。
それは、物理的に不可能です。

何がこの二人の差を生み出すのかというと、
「自分に合った働き方をしているかどうか」です。

もしあなたが内向的な自分を否定しているならばもったいないです。

そこで、一般的に内向型に向いている仕事を見つけるために以下のような点を意識してみてくださいね。

仕事の選び方を変える
これまでお伝えした内向型の特徴や強みと
あなたの適性を活かせる環境であれば
今まで以上に業務のパフォーマンスを向上させることが期待できます。

不規則ではない仕事を見つける
内向型の特徴に沿って仕事を選ぶ際は、
1つの作業に集中しやすい働き方であればストレスも感じにくいはずです。

特に、イレギュラーな事態が発生しにくい職種や
マルチタスクなど臨機応変な対応を求められることが少ない、デスクワークやテレワークが可能な企業を見つけることをおすすめしますよ。

もし、あなたが

「現在の働き方は性格に合っていないから成果を伸ばしにくい」
「成果をどんどん伸ばしてもっと会社に貢献したい意欲がある」
「職場でコミュニケーションに気疲れして毎日憂鬱…」

このように悩んでいたら、これ以上あなたに合わない仕事のために時間をムダにしたりしないでください。
そして、あなたの時間は今後のキャリアに直結するものだけに使ってください。

あなたの時間の価値を考えれば、
現状を変えるためには今すぐ行動するべきだと思いませんか?

もしあなたが環境を変えることに踏み出せずにいたら、まずはあなたの現状と職場で抱えるストレスや悩みについてプロに相談してみるだけでも心のモヤモヤがスッキリするかもしれません。

プロのキャリアアドバイザーは数えきれないほどの
「ゼロからの知識で転職を成功させた人」「就職に失敗してきた人」をサポートしてきた実績があるのです。

あなたが自分自身と向き合い、その特性を活かして
新しい環境を見つけるために徹底的にサポートをいたしますよ。

あなたのキャリアのためにこれからの時間をどう使うべきか考えて、もっと納得して働ける環境を見つけるためにも行動してみてくださいね。
今すぐ現状を変える方法を詳しく見てみる▼

 
最新の記事を見る