人間関係が原因で転職したらダメ?その答えは…

「職場の体育会系の雰囲気についていけない」
「チームでの作業なのに自分にだけ仕事を振ってもらえない」
「同僚から陰口を叩かれていて毎朝会社に行く足が重い」
「上下関係が厳しく先輩に質問するのに毎回緊張してしまう」
「上司と意見が合わず今すぐ転職したい…」

あなたも働いていてこのような悩みを抱えてはいませんか?

上記のように職場の人間関係が原因で仕事を辞めたいと思うことは
決して珍しいことではありません。

ですが、少しのトラブルですぐに仕事を辞めてしまうと
どんな会社に勤めても長続きしにくい状態になりかねません。

もしあなたが、
・問題の解決に向けて努力をしても改善されない
・仕事を振ってもらえずいつまでも成長できない
・精神的ストレスが溜まり職場に行くのが憂鬱になる
このような状況に陥り、健康に影響がある場合は
無理に仕事を続ける必要はありませんので
転職を検討してみても良いかもしれませんよ。

もし、転職理由は人間関係が原因であることを伝えてもいいの?と疑問に感じていたら、
その答えと面接時のアドバイスについてお話いたしますので、
ぜひ最後までチェックしてみてください!

ですが、仕事のストレスや悩みでネガティブになっていたら、
あなたの健康を第一に考えて行動してみてくださいね。
⇒今すぐあなたに合った働き方を見てみる

転職理由で人間関係が原因と伝えても良い?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

転職活動でまず質問される「転職理由」ですが、
正直に答えてもいいの?と思うかもしれません。

結論から言うと、出来れば避けた方が良いと思います。

なぜならば、もし人間関係が原因だと伝えると、、、
社会性やコミュニケション力がないのでは?
入社してもまたすぐに辞めてしまうのではないか
このように、あなたに原因があったのではないかと捉えられて
企業にマイナスなイメージを与えてしまう可能性があるからです。

また、一般的に企業が中途採用で求める人材の特徴は
「即戦力」のほかに「長く働いてくれるかどうか」という点も重要視されています。

採用選考や入社までには一定のコストがかかるため
企業としてもすぐに辞められてしまうことは避けたいものです。

ですので、転職理由を伝える際は
「長く働く意欲があること」「問題解決に向けて行動する姿勢」
をアピールすることも大事ですよ。

もしあなたが「面接で転職理由の伝え方に自信がない」
「転職理由が複雑で上手く説明できるか分からない」という場合は、
自力で対策をして不安な気持ちを抱えながら面接に挑むよりも
多くの求職者へのアドバイスを経験してきたプロのキャリアアドバイザーに
相談する方が安心して進められるはずです。

あなた一人で悩んだまま選考対策を進める前に
転職市場に詳しいプロに聞いてみることも検討してみてくださいね。

キャリアアドバイザーについてさらに詳しく見てみる▼

転職理由を伝える際のポイントは?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

転職理由を正直に答えない方が良いっていうけど、
ではどのように転職理由を伝えたら良いの?

その答えは、前向きな理由に言い換えて伝えることです。

【例】
「チームワークが重視される職場で働きたい」
「自分の裁量で仕事がしたい」
「前職で培った経験やスキルを活かして●●の分野で貢献したい」

このようにポジティブな表現に言い換えて伝えると
目的を持って転職を決断したことが企業に伝わりやすくなるかもしれません。

たとえ人間関係が原因で転職する場合でも
まずキャリアビジョンを明確にしたうえで転職理由や志望動機を考えて
書類選考や面接では仕事に対する意欲を示すことが大事ですよ。

もし現在キャリアビジョンが明確でない場合は、
まずあなた自身の現状を把握することが最初のステップです。

あなた一人では現状の把握が難しい場合は、プロのキャリアアドバイザーに相談すると
徹底的なヒアリングを通してあなたの目指すキャリアや価値観に合った企業をご紹介いたしますよ。

現状を打破して悩みやストレスなく働けるように
ぜひ早めに行動してみてくださいね!

あなたらしく働ける方法について詳しく見てみる

 
最新の記事を見る