下手したら内定取り消し?転職時に内定承諾の連絡で気を付けるべきこと

応募企業から内定通知をもらって、やっと転職活動終了!
でも、ちょっと待ってください。

あなたは内定の通知をもらったら「もう転職活動は終わり」と思っていませんか?

実は内定通知書を受け取っただけでは「転職活動は終了」しないのです。

たとえ内定が決まっても、入社の意思を伝える
「内定承諾の連絡が完了」するまでは内定は成立していない状態なんです。

内定通知を受け取ったら、すぐに内定承諾の連絡をしないといけません。
でも、そうは言っても、
「内定承諾は電話で連絡した方がいいの?メールがいいの?」と困ってはいませんか?

あなたがもし内定承諾に関するマナーを知らないと、
内定を承諾するか悩んでいるうちに返事の期限が過ぎて
気づいたら内定取り消しになる可能性も…。

そんなことにならないように、今回は内定承諾の連絡をする場合の
基本的なマナーについてお伝えいたします。

内定通知後に「早く返事をしないといけない」と焦って
間違えた対応をしないためにもぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

転職活動で内定を承諾する際のマナー

内定の通知は電話やメール、書類が郵送されるケースなど様々なので、
企業から指示がある場合はそちらに従って返事をします。

また一般的に、内定の通知を受け取ったらすぐに返事をしないと
連絡が届いていないのではないかと企業側に心配をかけてしまう可能性があるので
いずれも内定の通知を受けたら、なるべく当日に返事をすることが望ましいですよ。

また、企業の定める期限内に内定承諾の返事をしないと
内定が取り消しとなってしまう可能性もあります。

遅くても1週間以内に返事をすることがポイントですが、
選考の際にどのような方法で期限はいつまでに
内定承諾の返事をしたらいいのかを確認しておくと安心です。

では、電話とメールで返事をする際に気を付けるべき
ポイントについてお話していきますね。

電話で連絡する場合のマナー

電話で内定承諾の返事をすると気持ちが伝わりやすいと言われていますが、
もし以下のマナーを守れていない場合はマイナスな印象を与えてしまうかもしれません。
そのため、以下のポイントをチェックしてみてくださいね。

・早朝・休憩時間・業務終了前など忙しい時間帯は避ける
企業の業務時間内で、10時~11時、14時~16時など
忙しくない時間帯に連絡することをおすすめします。

・周りの騒音に注意する
会話中に騒音が入ると大事な連絡を聞き逃したり
相手が不快に感じてしまう可能性があるので
なるべく自宅や静かな場所から電話をかけるのが好ましいですよ。

・電波状況に気を付ける
相手には勤務時間を割いて対応をしてもらっているので
電波状況が悪くて繋がらなかったり会話に支障が出ないように
必ず電波の安定した場所から電話することが大切です。

・「感謝の言葉・入社後の抱負」を簡潔に伝える
落ち着いて伝えられるように事前に話す内容を準備しておくと良いですよ。
緊張してしまう場合は、ゆっくりと話すよう意識することがポイントです。

・メモをとる
内定承諾後の手続きや必要書類に関する連絡を受け取る可能性もあるので
必ずメモを用意しておくようにしましょう。

・採用担当者が不在の場合は折り返す
相手の予定を確認してかけ直すか、もしくは
その日のうちにメールで連絡することをおすすめします。
メールには、

・電話で連絡をしたが不在だった旨
・内定承諾の意
・感謝の言葉
・入社後の抱負

上記の内容を含めて簡潔に連絡を入れておくと安心ですよ。

 

メールで連絡する場合のマナー

もしメールで内定の通知を受けた場合は、メールで返信をしても問題ありません。
その際は、以下のポイントに注意してみてくださいね。

・件名は簡潔に書く
採用担当者が一日に何件ものメールを受け取っている場合、
件名が簡潔でないとあなたのメールも見落としてしまうかもしれません。
そのため、件名の一文だけで用件が分かるように心がけてみてくださいね。
(例:「内定承諾のご連絡」など)
もし返信するときは、件名「Re:」を残したままで返信するのが一般的です。

・本文は簡潔に書く
採用担当者は多くのメールを受け取っている可能性があるので、
メールの本文はなるべく簡潔に伝えることが大事です。
一般的に、「挨拶、名前、内定承諾の意、感謝の言葉、入社後の抱負、署名」
を含めて本文を構成すると良いですよ。
また挨拶では、面接日や中途採用に応募している旨を伝えてから
名前を名乗ると採用担当者から見ても分かりやすく親切です。

上記のポイント以外にも、誤字や脱字、連絡先は間違えていないかなど
メールを送信する前に必ず確認してくださいね。

このように、転職活動をきちんと終えるには内定承諾まで気が抜けないので
上記のマナーに気を付けて連絡してみてください。

ただし、もしあなたが在職中で日中は業務が忙しく
応募企業に連絡する時間がないという場合は
転職エージェントサービスを活用すると、
応募企業とのやりとりを代行してもらうことが可能です。

内定承諾だけでなく、面接の日程調整などもすべて代行いたしますので
忙しくても無理なく転職活動を進められますよ。
ぜひ前向きに行動してみてくださいね。
⇒転職エージェントサービスについてもっと詳しく見てみる

転職活動で内定を承諾する前に●●をチェック!

あなたもせっかく内定の通知を受け取ったのに、
はやく返事をしないと!と焦って内定承諾をしてしまうと、

「休日や休暇の条件が思っていたのと違った」
「労働時間が長くて続けられそうにない」
「給与面の条件が望んでいたものと違った」
「業務のノルマが重くてもう仕事を辞めたい」

このように入社後にギャップを感じてモチベーションの低下に繋がったり
入社後すぐに退職してまた転職活動を繰り返してしまうかもしれません…。

そうならないために、内定通知を受け取ってからでも
労働条件や業務内容などをきちんと確認できていない場合は
きちんとチェックして疑問を解消しておくことが大事ですよ。

まずは以下の例を参考に電話で採用担当者に連絡を入れることをおすすめします。

例:「大変恐縮なのですが、内定を承諾する前に労働条件などを確認したいため、
メールなどの書面でお送りいただくことは可能でしょうか?
お手数をおかけいたしますが、ご対応の程よろしくお願い申し上げます」

また、質問の前にまずは内定をいただいた感謝を伝えることも
忘れずに行いましょう。

このように、もしあなたがひとりで転職活動を行う場合、
内定通知を受けたらあなた自身で企業に内定承諾の連絡をしたり
場合によっては労働条件の確認なども必要ですよね。

ですが、もしあなたが応募企業とのやり取りに
時間を割くことが難しいのであれば、
プロに頼ってみることも1つの手段ですよ

転職エージェントによっては、内定承諾だけでなく
転職活動中の企業とのやりとりに関わる部分を
すべてプロに代行してもらえる場合があります。

転職活動中のあなたの限られた時間を
書類作成や面接対策など有効に使うことが可能です。
忙しくても選考対策への時間を確保しやすくなり、
自信を持って面接に挑むことが出来ますよ。
⇒プロのキャリアアドバイザーについて詳しく見てみる

また、転職エージェントサービスを活用し、
転職活動を進めることで、あなたの強みや適性を分析して
あなたにマッチする企業を見つけることができるので
入社後のミスマッチも防ぐことが期待できますよ。
あなたの将来のために前向きな行動をおすすめします。
もしあなたひとりで転職活動をすることに不安を感じているならば
今回ご紹介した転職エージェントサービスなども活用してくださいね。
⇒あなたにマッチする企業を見つける方法を見てみる

 
最新の記事を見る