伝え方を知らないって超怖い

世界的大企業のGoogleがリモートワークを2021年まで延長を発表するなど、対面での働き方が大きく見直されています。

対して日本では、上司が部下がサボるからとリモートワークを取り入れなかったり、印鑑を押すだけの出社が話題になったことも問題視されていますね。

実際に対面の方がメールやスカイプでの文字のやり取りがない分、効率が良いという意見もあったり、学生には三者面談が進路を選ぶ上で大切なターニングポイントもあります。

さらに、社会に出ても重要な分岐点の役割のある対面と言えば、転職活動やキャリアアップのために企業の採用担当と顔を合わせて質疑応答を行う面接ではないですか?

 

世界的大企業のGoogleがリモートワークを2021年まで延長を発表するなど、対面での働き方が大きく見直されています。

 

対して日本では、上司が部下がサボるからとリモートワークを取り入れなかったり、印鑑を押すだけの出社が話題になったことも問題視されていますね。

 

実際に対面の方がメールやスカイプでの文字のやり取りがない分、効率が良いという意見もあったり、学生には三者面談が進路を選ぶ上で大切なターニングポイントもあります。

 

さらに、社会に出ても重要な分岐点の役割のある対面と言えば、転職活動やキャリアアップのために企業の採用担当と顔を合わせて質疑応答を行う面接ではないですか?

 

堅苦しい面接は嫌だな‥と敬遠しがち。けど業種によっては余裕?

リクルートスーツを着て、髪を束ねて…と新卒採用のように堅苦しさを感じてしまう面接ですが、企業によっては

・スーツでなくても良い

・普段通りの恰好で来て良い

・履歴書不要で良い

など、面接の敷居が以前よりかなり低くなり、
フランクな雰囲気で人柄を評価する
企業も目立っているんです。

ですが、そうは言っても
面接には緊張感がともなうため、

▲完璧な回答を用意していたのに
 頭が真っ白になって
 結局何も答えられなかった

▲面接官の質問と答えがかみ合わず、
 白い目で見られたようで
 自信を失ってしまった

▲声が小さいせいで
 何度も面接官に聞き返されて
 心象が悪く受け取られてしまった

▲当たり障りのない
 回答ばかりしてしまい、理想とする
 魅力的な人物としてアピール出来なかった
 
このような失敗をして、
後悔ばかり残った結果になって
面接が苦手になったという体験談も

後を絶ちません。

どうしても
後悔が残る面接をしてしまうと、

「面接でミスばかり…
これでは自分はどこにも
内定を貰えないのでは?」

「本当のところ、
面接官は良い印象を
持ってくれているか不安だ」

「ずっと苦手な面接を
失敗し続けたせいで
就職・転職活動が永遠に終わらず
無職になったらどうしよう」

面接に失敗して後悔するイメージ画像

後々引きずる結果となり、

前日は緊張のあまり
満足に休めず、心身ともに疲れて
自信も消失していって
ついには転職・就職活動自体が
トラウマになり、

キャリアアップをあきらめてしまう
という最悪の事態になりかねません。

しかし、もちろん
面接はただ委縮して
ストレスを受けるために
行くわけではありません。

しっかりとメリットが
得られる価値があります。

面接は書類ではわからないあなたの強みをダイレクトにアピール出来る

面接を担当する企業の方は
応募してきた人物が
自社に合っているか、
ともに働ける人物かを見定め、判断する

いうなれば
フィルターのような役割をしています。

ですので、
もしあなたが応募者なら、
しっかりと熱意とスキルを
アピールすることがクリア出来れば、

採用担当者に響き、
内定獲得に繋がるのです。

1対1や面接官が3人いたら
どうしてもプレッシャーや

威圧感を受けざるを
得ないかもしれませんが、

逆にあなたのアピールポイント
仕事に対する熱意や意欲を伝えるには
これ以上の場はありません。

さらに言うならば、
面接官の対応を自分の目で
冷静に見ることで

転職してから

面接に失敗して後悔するイメージ画像
「入社したけど社風が
 自分にマッチしなくて限界…」

「勤務して1カ月だけど、
 思ってた部署ではないので
 もう転職したくてしかたない」

「こんなはずじゃないかった」という失敗に
繋がることを未然に防ぐことが出来ます。

つまり、面接は
緊張しすぎずに、はっきりと
自分の希望を伝えるためにも
積極的に挑む方が絶対に得です。

面接に失敗して後悔するイメージ画像

ですが、そうは言っても
就職・転職活動を優位にするために
好印象を受けられやすい
面接に挑むポイントは職種や、人柄によって異なるので

「色んなサイトを参考にしたけど
結局正解が分からなかった」
と感じてませんか?

 そもそも「好印象」ってなに?
 仕事の場に本当に必要?

就職・転職活動において
「好印象な態度を与えましょう」
「好印象でないと内定獲得は無理です」
と繰り返し耳にします。

でも、そうは言っても
「生まれ持ったこの顔を
 面接用に変えることなんてできないし」

「不自然に笑う方が
 面接官に良くない印象を
 与えてしまう気がして
 笑顔になるのが逆に怖い」

面接に失敗して後悔するイメージ画像

こんな気持ちを
抱えてしまいます。

不自然にただ笑顔を意識したせいで
自分の表情ばかり気になって
面接中の質問内容に集中できなければ
本末転倒です。

でもその前に、もしあなたが
「そもそも、面接で
自分をアピールするために、
何を話せばいいのか分からない…」という場合は

企業と対話するノウハウを持ったプロを味方にすることも絶対におススメです。

⇒企業との対話のノウハウGET方法を詳しく見てみる

さらに、

自分では面接は得意と感じているから
「言いたいことくらい
 理解している!」

「伝えたいことは山ほどあるんだけど、
 なぜか伝わらないみたいで…」
 と疑問に思っているとしたら

あなたの魅力となるポイントが
伝えきれずに

一方的な主張として受け取られてしまい
成果が挙げられていない場合もあるのです。

面接自体が苦手な場合ですと

例えば日常生活で
レストランに行きたいのに
注文をするにも
店員さんを呼び止めることが
恥ずかしかったり、

そもそも店に入ることを避けたり
諦めてしまうようなものです。

また、面接ではリラックスしている場合は、
レストランに楽々入店出来たとしても
注文が上手く伝わらなかったために

 

「グラタン」を頼んだのに
「牛タン」が届いてしまうような
悔しいミスを招く可能性があります。

極端な例え話ですが、
スムーズな転職やキャリアアップにも
実はこうした

「伝えたいこと」「伝える方法」の
両方のコツを掴む必要があります。

⇒「伝えたいこと」の「伝える方法」をすぐに見てみる

面接に寄らず、あなた自身が伝えたいことを正確に伝えるためには練習が必要になります。
逆に言えば、緊張せずに気持ちを伝えるプロセスを学ぶことさえすれば
自然と身につくことが出来るんです。

面接はまだだけど、
少しでも不安に感じることある
のであれば

今日からから1秒でも早く
悩みを解消して一歩前進するために
対話の知識と実践を行ってくださいね。

⇒「伝えたいこと」を「伝える方法」をすぐに見てみる

 

最新の記事を見る