転職活動は志望動機とプロセスが決め手の理由

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

「私の志望動機は、自分の持っている好奇心を発揮出来ると思ったからです!」
「自分のスキルや知識では前職では残念ながら活かせなかったので、御社では全力で発揮したく思いました!」

キャリアアップ転職やキャリアチェンジ転職に関わらず、転職活動には志望動機が欠かせませんよね。
志望動機は「なぜこの企業に応募したのか」「他の求職者とどう違うのか」をアピールするためにとても重視されます。あなたのこれまでのキャリアと、実現したい職務のためには説得のある志望動機が欲しいもの。

ですが、重視されるぶん気を付けなければいけないポイントもあります。

あなたの転職面接でまさに足元をすくう地雷原にになりかねませんので、最後までチェックしてくださいね。

志望動機で「アピールすべき」正解は『結果』ではなくプロセスな理由

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

結論から言えば、冒頭でお話した「~したい!」という志望動機は良いアピールと言えません。

なぜなら、もしあなたが自分を企業にアピールすべき場において冒頭の「スキル」や「興味」の部分ばかり押し出してしまうと、

「あなたに興味のある仕事とは限らないけど大丈夫?」

「もし、不満に感じたら同じ理由で退職するの?」

「企業だからもちろん利益を考えているけど理解出来てる?」

「前職の不満を言うってことは、この企業にも不満を感じる可能性があるよね?」

という印象を与えかねません。

いくら転職面接があなたの志望動機をアピールをする場所だからと言って「あなたが好きなこと」「あなたが期待していること」をただ全面的にアピールするべきではないということですね。

つまり、志望動機を伝える際はスキル面やエピソードトークでも、「なぜその結果に至ったか」「どんなことに活かされるか」という「プロセス(工程)のある視点」を持たなければ「単なる自己主張」や「行き当たりばったり」という印象づけをしてしまう危険があるのです。

せっかくアピール出来るスキルや実績、熱意があるのに「プロセス」を伝えられなかっただけで心に響かない…なんて結果になったら勿体ないですよね。

志望動機でプロセスを上手く伝えるためにはどうすればいい?それは…

志望動機で伝えたい「プロセス」は言い換えれば「ブレない軸」のようなもの。

あなたがこれまで努力してきたこと、実績やスキルを積んだ理由や方法を中心に伝えることが効果的と言われていますよ。

例えば、「私は英語が得意です。でも、独学で留学経験はありません」と伝えるより

「私は中学生の頃から英語に興味を持ちました。学校の英語の先生に積極的に放課後に時間を作っていただきながら、独学でコツコツと勉強を続けた結果、留学経験はないもののTOEICで高得点を得ることが出来ました。この成功体験から努力して、英語のスキルだけではなく継続することの大切さも学びました。」

という「プロセス」を伝えるとどうですか?

「独学で英語が使える」という結果が同じなのに、印象がだいぶ変わりますよね。

プロセスを伝えることで、「この人は努力や自己研鑽が出来る人だ」「たとえ英語に関係する仕事じゃなくても、継続する努力で結果を出してくれそうだ」という印象を持ってもらうことに繋がりますよね。

志望動機のプロセスは面接対策でも超有効。その理由は

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

さらにこの問題は志望動機の質問だけではなく、あなたが今まさに「面接は苦手じゃないのに、いつまでもその先のフローに進むことが出来ない」ことに関わっているかもしれません。

なぜなら面接官の「真意」や「なぜこの質問をしているのか捉えることが苦手」で「コミュニケーションを取りづらい人材」と受け取られてしまうことが考えられるためです。

これは、簡単に言えば「うちの会社でやっていける人か?」「自分のやるべきことを理解しているか?」ということですね。

面接という短い時間の中でアピールすべきはこの「役割」と「企業理念」を理解出来ているかどうかなので、注意してみてくださいね。

⇒今すぐあなたらしく働くためのハウトゥーを見てみてる

志望動機や自己アピールはプロセス重視。「活かし方」「人材としての価値」を忘れてはいけないのは

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

ほとんどの企業が面接で重要視しているのは「大勢いる社員のひとり」…と型に収まる人材ではなく、自分の持っているスキルを「活用出来る人材か」を理解して伝えることをチェックしていると言われています。
それはなぜでしょうか?

例えば、PCが得意でプログラミングが出来る、というアピールだけでは「まだ武器を持ってるだけ」「実際にスキルとして活かせるか分かっていない」という判断に繋がってしまうと可能性があります。

プログラミングという武器を「どう使えるか、それがどう会社に貢献出来るか」ということまでアピールしないと「ぜひ雇いたい!」「弊社の開発チームで働いてもらいたい!」というプロセスに繋がらないのですね。

チャンスを掴み、魅力が伝わらないために損をしないためにはあなたの持っている武器を正しく「使える」アピール力はどの業界、分野でも重要と言えますよ。

もしあなたが「自分のスキルをアピールすることを練習しても面接対策に不安」という気持ちを抱えているとしたら、転職エージェントから客観的なアドバイスを受けてみることがおすすめです。

特に企業と求職者の橋渡しをしている転職エージェントはあなたのマッチしているスキルのアピールポイントをしっかり寄り添ってサポートします。すぐにでも活用してくださいね。

1万人以上の選考対策実績のキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

1万人の選考対策を行ってきた転職エージェントの面接対策で、あなたの自己アピールの他にもコミュニケーションに自信がない場合もしっかりサポートいたします。

さらにキャリサポの転職エージェントなら1対1のカウンセリングに通してあなたの個性や転職・キャリアアップ動機や希望を大切にしますので、
もし転職サイトを見てピンとくる求人が無かったり、自己アピールが不安で面接にネガティブなイメージを持っているとしたらお気軽にご相談くださいね。

⇒さらに詳しくあなたらしく働く方法を見てみてる

 
最新の記事を見る