コロナ解雇に焦りは禁物!スタートダッシュで負ける理由

 
 
「20代だから出来たけど、30代になって転職は無理があるかな…でも転職したい…」
「未経験からスタートできる仕事に転職しようかな…でも、年齢的に30代は無理?」
 
日本でコロナ解雇が10万人超という衝撃的なニュースが報道されましたが、
あなたももしかしたら、そんな状況で、現職で自分自身のキャリアアップに限界を感じていませんか?
 
もしそう思っていたら、
「この先も可能性のある転職して、将来性を広げよう」と結論を出すかもしれません。
 
でも、ちょっと待ってください!
将来的には間違っていない「キャリアアップ転職」ですが、、
あるポイントを気を付けなければ
転職でありがちな大失敗を招いてしまう可能性があるのです。
 

まさかNG…⁉転職を繰り返し失敗させた「理由」

 
 
「これまで多種多様な仕事をこなしてきたので、柔軟な対応が得意です!」
「前職ではオールラウンダーな働き方が評価されて、未経験からでも働くことが出来ます」
 
面接官にこんな返答をしたことがありますか?
 
職務経歴を質問された時や、
自分の㏚をする際に出来るだけ良い印象を持ってほしいと思うもの。
そうなるとベストな受け答えが気になりますよね。
 
確かに、飲食店での接客の経験や小売販売など、業種やスタイルにこだわらず業務を行えるということは、
 
たくさんの職種を経験したことで着々とキャリアが積み上がっているイメージを持ったかもしれません。
 
ですが、ここに転職難民になりがちな大きな罠があるんです。
 
それは、
「様々な職種に転職した」「柔軟に業務を行える」というアピールポイントです。
 
いくら柔軟な対応が出来ると言っても何が得意か分からない…
前職の実績を活かした働きをしてほしいのに、この人は出来るのかな…?と押しポイントには弱いのですね。
 
さらに追い打ちとして、
「なんとなく前職が
仕事をしてるうち自分に合わない感じがして」という理由もNGです。
 
なぜなら、こういった理由で転職を繰り返していると、
「この人はうちの会社でも【合わない】と感じたら、頑張らないで辞めてしまいそう」という印象を与えてしまうのです。
 
ですので、特に家庭の事情や親類のトラブルなどでやむを得ない場合を除いて、
短期的な転職を繰り返してしまうのはあまり得策とは言えません。
 

実際転職が上手く行っている人は失敗する人と何が違うの?

そのポイントは自分のキャリアプランに沿ったステップアップをしているかいないかなのです。
 
先にお伝えした通り、スキルや実績のある人は企業にとって必要とされる人材と言えます。
 
なので、もしあなたがもし今の仕事が自分に合わないなと感じる部分があるとしたら
 
「なぜそう感じてしまうのか」しっかり向き合ってみることが
最重要ポイントとなります。
 
なぜなら、その理由がハッキリ分からない状態ですと
何度も転職を繰り返しても自分に合っていないと感じてしまい、
 
転職する度にどんどん企業から「採用してもすぐに
転職してしまうのでは?」とレッテルを貼られてしまいかねません。
 
あなたが自分に合った仕事の向き合い方を
すぐに知りたいときはここからすぐに診断できるので参考にしてくださいね。
 
 
 
でも、そうは言っても
「現職を続けるにも不安を感じてしまう…」
「キャリアをつまなくちゃいけなくても特筆すべき実績なんてない」
いたと思っていたとしたら
 
専任の転職エージェントやキャリアアドバイザーに
相談することがおすすめです。
 
転職エージェントがあなたの悩みや希望について、
寄り添ったヒアリングを行います。
 
未経験からでもスタート出来る職種の求人紹介から、あなたにぴったりの
ジョブチェンジに導きます。いつでも相談してくださいね。
 
最新の記事を見る