迷いのない転活のメリットとデメリット

日本は諸外国と比較して勤勉や真面目と言われます。
ですが実際、仕事がとにかく楽しい、月曜日が楽しみで仕方ないという声はあまり耳にしないと思いませんか?

あなたの周りにもどちらかと言えば
「ブルーマンデーだと感じる」
という人が多く、SNSでは「会社行きたくない」「仕事辞めたい」というワードで溢れかえっています。

「毎日仕事が楽しくないのは今の職場がマッチしてないから…」

「働きに応じた待遇がないからやりがいがない…」

「入社時に比べて職場に行く道のりが遠く、足が重く感じるようになった…」

だからと言って、
すぐに転職したり別の職種にするには早すぎるのでは…と悩んでしまいます。

そこで、今回は10回転職するのは当たり前という
転職大国アメリカと比較して「やりがい」に結び付く働き方について
お話させていただきますね。

転職大国アメリカがあっさり転職を選ぶ理由

例えば、大都市ニューヨークを筆頭に転職大国アメリカにはそもそも日本のように「新卒採用」という枠そのものがありません。
さらに一斉に新卒を採用しないだけじゃなく、終身雇用制度もないので、
各々社員同士で比べ合って「ネガティブ」な気持ちを感じる場面は日本より少ないと言えます。
もちろん、仕事で成果が出ないと日本の労働基準法と違い「即日解雇」も法律で許可されているので、緊張感が全くないというわけではありませんよ!

ちなみに、人権や性別により配慮されているので日本では近年になって意識されはじめた「性別」による差別にもかなり敏感です。

・年齢
・性別
・婚姻状況
・子供の有無

という内容によって印象を操作させない・キャリアアップを邪魔しない取り組みも当たり前になっています。このような項目を軽視する企業は、従業員や求職者を含め、社会的にも厳しく監視されているんですね。

また、転職理由としても日本では希望職と違っても多少我慢することが美徳、とにかく長く勤めあげるといわれていますが

・業務内容が契約時と異なった
・もっと待遇のよい求人があった
・スキル・ステップアップ出来る企業を見つけた
・この会社も倒産しない保証がない
・会社に引き留められても応じる義務はない

等々、勤続年数にこだわらず転職活動に対して迷いは希薄です。

専門的な技能やサービスなど、自分のスキルに自信がある人であるほど、
その転職回数は2桁にもおよび、逆に1度も転職を経験しなかった人は
「キャリアにそもそも自信がない人だ」とレッテルを貼る風潮があるほどです。

長期的な勤務と短期の転職…この先選ぶべきはどれ?

転職サイトやハローワークには求人票があふれているし、未経験からも挑戦できる職種もあるからといって

「職場の雰囲気が合わないから」
「もっと待遇の良い企業に行きたい」

という決断をするのは ちょっと待ってください。

なぜなら、先に紹介した転職大国アメリカですら転職はするけれど
必ずしも年収アップや希望通りに就職できる約束はなく、限りなく自己責任の世界だからです。

求職者が多ければ多いほど、限られたポストの倍率は上がりますし、
未経験者より実績や経験のある人が企業に好まれる傾向は変わりません。

さらに、日本も終身雇用制度からより専門性を求められる
通年採用が増えることによって今後「未経験OK」の求人そのものが減っていくと言われているのです。

また、職業や企業によってスキルや成果を上げることで
キャリアアップしたことで
「仕事にやりがいを見出して断然楽しくなった」という体験も散見されます。

転職回数が多い方が有利だったアメリカも変わりつつある

さらに転職大国アメリカですら一流企業ほど優れた人材の
定着に福利厚生を充実させるなどで働きかけています。

しかし、だからといって従来の日本のような終身雇用制度や退職金を約束するという従業員の「安定」のためではなく
企業が求める人材の水準を積極的に向上させることで相応の対価を受け取り、
企業のブランディングも合わせてアップするというしっかりやりがいと仕事が評価されるという目的を持っています。

もしあなたが今「とりあえず転職」を考えているのなら
漠然とやりがいと待遇向上の他に現職でのスキルアップのチャンスを見直したり
これまで積み重ねてきた仕事のスキルを生かした求人に絞って検討することが絶対におすすめです。

でも、そうは言っても
「ただ求人を眺めたり、転職サイトからの
スカウトメールを見ていても自分にマッチする企業やピンとくる職種がない…」
と思っているのなら、そのまま何もせず諦めてしまうより、
転職のプロのキャリアアドバイザーに詳しく話を聞いてもらうことも大切なのことなので、検討ください。

⇒転職のプロからさらに詳しく聞いてみる

ライフワークバランスというように、月曜のの仕事も、休日の遊びも楽しくやりがいのあるキャリアのために少しでも早くアクションを起こしてくださいね!

 
最新の記事を見る