「今転活すべきですか?」答えは

転活したいけど、この状況で動くのは危険?」

「でも、先輩は転活成功して新しい職場にいるし…」

「ずっとこの会社にいるのは無理…転活しようかな」

そうは言っても、このご時世でなかなか転活に踏み出せないってことありますよね。

その転活って誰が決めるの?誰のもの?

転活を決めることって勇気がいりますよね。例えば、あなたが初めて自転車に乗ったときも怖かったかもしれません。
自転車は漕ぎ出してからスピードに乗らないと逆に不安定になってしまう乗り物です。

ですが、初めての自転車だとそんなことは分からないので、
スピードを避けてゆっくり走ろうとします。
当然、スピードに乗れていないのでバランスが悪くすぐに倒れてしまうのです。

そこで、「皆知ってる自転車のことを知らないなんて
自分はどうしようもないヤツだ…」と
落ち込んでショックを受けてしまうかもしれません。

ですが、転活も同じでまずは乗ってみないと分かりません。

自分からアクションすることで転活はどう変わる?

 

働き方によってはその「常識」という思い込みがあるせいで
誤解や対人関係に溝を生んでしまいかねません。口癖になっているなら、注意が必要ですね。

ですが、そうは言っても
あなたがこれから働きたいと思う仕事がある場合、
その業界の「常識」を必ずリサーチした方が有益なことがあります。

なぜなら、あなたはその仕事を通してキャリアアップをするために、まずはその企業に対して成果を挙げなければならないからです。

そのためには上司からの指示もしっかり理解する必要があります。
業界用語や関連キーワードを知らないままだと、正確に指示を受けることが出来ませんし、理解するまでに時間がかかってしまいます。

ですので、もしあなたが何か仕事で成果を挙げたい場合は、その仕事の「常識」「当たり前」のリサーチを忘れないでくださいね!

そうは言っても未経験の職業の「常識」なんてどうすればいい?

もしあなたが転活したいと思っているなら、自転車と同じでまずは乗り方を教えてもらいますよね。

つまり転活も。
◎その職種の知り合いに聞いたり
◎プロのキャリアアドバイザーに相談
 することで解決出来ますよ。

特に、ピンポイントで知り合いがいないという時は
選考対策や面接対策の実績のあるキャリアアドバイザーは、習得が必要なスキルや
知っていた方が良い知識を分かりやすく教えてくれます。

さらに、選考対策に強いキャリアアドバイザーなら
面接対策や自己アピールのポイントまで見てくれるので安心ですよね。

なので、もしあなたが未経験からのジョブチェンジやキャリアアップを考えている場合は
自己流で調べたり、勉強をするより前にキャリアアドバイザーに相談するアクションを起こすことがオススメです。

⇒1万人の面接対策実績のあるキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

「でも、わざわざキャリアアドバイザーに相談しなくても
調べることくらい出来るんじゃ?」と思ったかもしれません。

もちろん、調べることは出来ます。
ですが、「現状」というものは目まぐるしく更新されていきます。
常に新しい情報をアップデートしたい場合は、常に自分でも知識を探さないといけないので、
時間も手間も取られてしまいますよね。

キャリアアドバイザーに相談することで、あなたは別の作業やスキルアップに時間を使うことが出来ます。
出来るだけ力を借りられるものを活用することで
あなたの貴重なリソース(時間・資源)を余分に使うことはなくなりますよ。

⇒あなたをサポートするキャリアアドバイザーをもっと詳しく見てみる
まずは出来るだけ新鮮な現場についての知識をつけて、対策をしてくださいね。

 
最新の記事を見る