コロナで飛び込み営業が激減…目指すべきは…

 
 
 
コロナで飛び込み営業が激減した、というニュースやソーシャルネットワークで話題になりました。
確かに、感染予防のために飲食店以外でも対面営業は減り、代わりにオンラインでのミーティング、もしくは電話営業のテレアポを在宅でも行っているとか。
 
でも、感染対策とソーシャルディスタンス確保のため言っても、慣れ親しんだ手法が出来なかったり、別の方法をせざるを得ないという場合大変です。
 
なぜなら、飛び込み営業ひとつとても、スムーズに物事が進められたり、見込み客に話しを聞いてもらうために練習が必要です。つまり、
 
営業の練習する
飛び込み営業先で緊張しずらくなる
会話が弾み、手ごたえが感じられるようになる
どんどん自信がつく
見込み客から信頼され、契約が結べる
 
こんな理想的なサイクルが実現するようになりますよね。
 
ところで、コロナ禍で営業職に限界を感じていたり、
売り込み以外のサービス業にやりがいを感じて
自分のさらなるキャリアアップのために
接客サービス業」に興味を持ったことはありませんか?
 
飲食店や小売業など店舗でサービスしていた時のように
自分のコミュニケーション力で商品価値を認めてもらい、
 
実際に売り上げが上がった時の瞬間は
仕事にやりがいを与えてくれますよね。
 
キャリアアドバイザーの「キャリサポ」にも
ご相談に来てくださった際に「初めてのバイトの時に、
お客様に『ありがとう』と言ってもらえて嬉しかった経験がある」
 
という転職のきっかけになった体験談の声が多く寄せられます。
 
接客サービス業というと、比較的未経験でも転職可能という
イメージがあったり、求人も多く出されている
実感があります。たとえば、バリエーションだけでもこんなに接客業に種類があるんです。
 

一口に「接客」と言っても…?こんなに種類があった「接客サービス職」!

ところで、接客サービス業というカテゴリーに
まとめられているものの、実際細分化すると、接客という職種には
 
■飲食店のスタッフ
■商品販売・小売りスタッフ
■窓口やフロントのスタッフ
■イベントスタッフ
■携帯電話の販売スタッフ
 
等々…多枝に渡ることを知っていますか?
ですので、もしあなたが
接客・サービス職に転職したい」と考えているのなら
 
取り扱う商品やサービスだけではなく、「何を目的として」「誰にむけて」「接客」しているのかを
意識しなければ、例えば飲食店で接客していた時と携帯電話スタッフでは
違う課題に悩まされて転職失敗…なんてことにも繋がりかねません。
 

自分は本当に接客をしたい?迷ってしまった時は

ですが、今まさにあなたが接客サービス職に転職活動をしているとしたら、
 
「本当に、自分は接客サービスに向いてるのかな…」
「人と話したり、喜んでもらうことは好きだけど、職業として利益や実績を積み上げられるのかな…」
「むしろ、接客サービス経験者なのに、面接で落ちてばかりで、何を改善すべきかも分からない…」
 
こんな悩みを抱えてはいませんか?
ですが、安心してください!
 
まだ面接まで進まなかったり、条件にあった企業が見つからなかったとしても
主観的に落ち込み過ぎないことが大切です。
 
例えば、
「今日も企業を比較検討出来た」
「面接の練習を進められたぞ」
「自己分析が深堀出来て、マッチングする企業の幅が広がった」
 
という認識が出来るようになります。
 
結果が出ることはもちろん大変ですが、
「どうせ無理だから」と諦めたり失敗ばかりに囚われずに練習や積み上げをすることをやめないことが大切です。
 
むしろ、長い目で見れば目先の失敗は成長や伸びしろに繋がるので、積極的な気持ちを忘れられないでくださいね。
 
1万人以上の転職・就職対策のプロの
専任キャリアカウンセラーのアドバイスをすぐに取り入れてください!
 
 
「キャリサポ」では高いパートナーシップを結んだ企業から
常時9000案件の非公開求人を満足度98%(2021年1月現在)を
ご紹介しているとともに、
 
あなたにマッチングする職種やキャリアアップに必要な書類や履歴書、職務経歴書の添削を徹底サポートいたします!
 
その他に、些細な転職・就職活動に
まつわる不安もお気軽にご相談くださいませ。
 
特にアクションは早ければ早いほど結果もすぐについてきます。
少しでも不安を感じていたり興味を持っているのならこのタイミングが運命の分かれ道ですよ!
 
すぐでも行動を起こしてくださいね!
 
最新の記事を見る