即レスを無視して得られたもの

「えっ…これ、今返信しなきゃダメな奴…??」
あなたはオフの日の仕事の連絡に憂鬱になったことはありませんか?

リモートワークが普及した事で定時上がりや
土日や祝日、有給休暇でも
上司から仕事の連絡が来ると困ってしまいますよね。

例えば、もう業務終了時間なのに、
急ぎの仕事を急遽渡して来て、そのために残業して当然という態度を取るようなものです。

確かに仕事である以上、自分の時間を完全に優先させることは矛盾しています。
ある程度常識の範囲内で振り分けられた業務の成果を出すことが
企業に属している働き方だからです。

なので、結論から言えば、もしあまりに残業が多かったり、
キャパシティーを超える仕事に頭がパンクしそうだ!という時は、思い切って環境を変える選択することが大切です。

ですが、そうは言っても白黒ハッキリ区別できないということが当たり前ですよ!
妥協したり、意見を伝えたりするバランスは実際になってみないと分からないものですから…。

さて、そうは頭で分かっていても、、、

リモートワークも解除される企業が増えると
通勤電車に乗る時間も増え始めてきますし、

リモートワークを続行していても、
スカイプや電話に出たり、メールの返信を
勤務終了報告後に供給されてしまうと心が休まりませんよね。

緊急救命やライフラインに関わる職業は
規則上どうしても応答する必要がある場合を除いて
一般的に会社員の場合には
休日や仕事終わりの時間の業務連絡は
一体どのような対応が正しいの?と疑問に感じたことはありませんか?

★休日の業務連絡は基本的にNG

実は、仕事に関するものですと
休日などの勤務外に対応は原則NGって知っていますか?

不安に感じた場合は入社時に説明されている企業の規則を
確認してみてもいいですね。

これは社則以外にも労働基準法にのっとって
勤務外の場合は電話が来ても確実に取る必要はありません。
企業に賃金と引き換えに拘束されている時間ではなく、休暇だったり、契約上労働時間外のためです。

もっと言えば、金曜日の勤務後にメールやLINEの連絡で
施策や取引先から返答を求められた場合でも
返信をするのは月曜日など出社日の勤務時間で
労働法的にはなんの問題もありません。

ですので、もし悩んでいるとしたら
この「勤務外である」という
意識をしっかり忘れないようにすることが大前提です!

★どうしても対応しないといけない緊急の場合は?

もしかしたら、あなたの上司が立場を行使して
返信や連絡を強いる場合があるかもしれません。

そんな時、泣く泣く休日返上しかない…と諦めるのはちょっと待ってください!

なぜなら、「時間外労働」として
手当が発生する場合があるかもしれないためです。

テレワークやリモートワークで自宅にいて
いつでも連絡が取れる環境にいたとしても
所定の勤務時間を外れてしまうと
「残業」や「時間外労働」となるので
企業は時間や業務に相当する手当を支払う義務が定められていることに変わりはありません。

さらに、定時外ですと労働基準法により、
所定の給与や賃金より割り増しの手当を支払うように
規定されているので、

あまりにも時間外の対応が慢性化し、
すぐに返信をすることを強いられているとしたら
割増賃金についてこれまでのメールや
着信の履歴をエビデンスとして提出し
企業に請求することももちろん可能です。

それでも常習化している時間外の連絡や
仕事関連の問い合わせが企業から絶えないせいで
パワハラを感じたりキャリアアップを見出せない場合は
企業の社労士や
法律相談所などに相談も検討してくださいね。

★休日や勤務外の連絡は対応しなくてもいい!けど…

大手企業なら社労士や相談窓口、
労働組合で意見が通りやすいイメージがありますが、
いわゆる中小企業や、零細企業ですと

連絡が来たら休日でも応答する「忠誠心」や
先に入社した社員が当たり前に対応していたりで
連絡を保留にしたり、返事が遅れることで
心象が悪くなることが心配になってしまう、
という相談が散見されます。

あまりにも心身ともにストレスを感じてしまう場合は
転職という選択をすることも間違いではありません。

もしあなたが、そんな環境で
思い悩んで、かといって今後も通勤電車に乗らず
休日でも電話や対応を求められないような
今後の待遇を少しでも良いものに
したいと感じているとしたら

まずはキャリサポにご相談ください!

キャリサポではあなたのキャリアアップ転職やキャリアチェンジ転職に向けて
希望の条件をカウンセリングを通して
ワンストップのサポートをいたします。

楽しく仕事をするためにもお気軽にご相談くださいね。

キャリサポはあなたのお悩みを解消するために
全力で支援いたします。

最新の記事を見る