満員電車を脱却する方法

満員電車って嫌ですよね。
人が限界まで押し込まれた車内は、ただ乗っているだけでも体力も精神力も削ります。
アメリカの研究に寄ると、満員電車に乗るストレスは
戦場に留まる兵士と同等のストレスを与えているという結果もあり、襲撃を受けました。

ですが、満員電車に文句を言う人こそ、満員電車を加速せているとは思いませんか?
なぜなら、まさに出入口で壁やドアに押しつぶされている人達こそ、
無理に乗車したために「満員電車」へさせてしまっていると考えられるためです。

イライラせず、快適に通勤するためにも
ひとりひとりが時間に余裕を持って行動をしたいですよね。

ですが、同じ時間の電車でも、お盆や年末年始、
ゴールデンウイークやシルバーウイークなどの大型連休の通勤電車ってかなり空いてませんか?

カレンダー通りの休みではないことで「大変そう」
「皆が遊んでるのに働いている」という
イメージを持たれやすいですが、実は平日休みのメリットは
満員電車回避の他にもあるんです。

キャリアアップ転職・キャリアチェンジ転職の希望条件としても
質問のトップに入る項目に
土日休みかどうか」ということも多く挙げられるくらい、
気になる土日休み平日休みは気になるポイントですよね。

★そもそも土日休み平日休みをこだわる理由は?

土日休みなら、旅行の予定が立てやすい」
「年間通してスケジュール調整がカンタン」
「期間限定のイベントやライブは土日開催が多いから有給を使わなくてすむ」

等々、

休みがカレンダー通りだと、働く上で大切なモチベーションアップになる遊びや用事の予定を1年間通して一目ではかることが出来るので、嬉しいですよね。
それに、「安定」した仕事やホワイト企業も「土日休み」というイメージがついているような感覚の方も多くはありませんか?

ですが「安定」した職業には生活のライフラインに関わる、
エッセンシャルワーク・エッセンシャルワーカーという働き方があります。
このエッセンシャルワーカーは定休日のない働き方と言えます。

「電気」に関わるエンジニアや「電力会社」も挙げられているように
「医療現場」やスーパーマーケットなどの販売員など
忙しく大変な側面の他に直接的に人の役に立てる、
サービスを提供出来るという魅力があります。

「安定」した「土日休み」はモチベーションアップの他に
仕事の生産性を高める働きもあるのでとても大切なものですよね。

働き方を選ぶ上で、自分にマッチした待遇を選ぶ基準には
そもそも漠然と「土日休みがいい」
平日休みは大変そう」というイメージを持っている可能性もあります。

実際、あなたにマッチする仕事選びのためにも
改めて「土日休み」と「平日休み」のメリット・デメリットをチェックしてみましょう。

★安定の必須条件?「土日休み」「平日休み」のメリット・デメリット

そもそも、「土日休みにデメリットなんてある?」と
考えられたかもしれません。では、まず土日休みのメリットがこちらです。

⇩⇩

土日休みのメリット

・ずっと土日休みなら生活リズムが崩れにくい

・祝日と合わせて連休が確保できる

・イベントやフェスに参加しやすい

・友人などと予定が合わせやすい

カレンダー通りの「土日休み」ですと先々の予定も立てやすいですし、
家族や友人の結婚式や好きなアーティストのライブ、
お祭りなどの行事も参加しやすくなりますよね。

さらに、合わせて祝日もお休みですとGWなど大型連休には
長期の旅行が出来たり、自分の時間を
しっかり確保出来るといったお声も寄せられます。

それでは、土日休みのデメリットはこちらです。

⇩⇩

▲土日休みのデメリット

・テーマパークなど商業施設、
観光地が混雑する

・航空券など交通機関が
休日料金で割高になる

・役所や銀行、郵便局などの
公共施設が利用が難しい

学校や土日休みを採用している
企業を含め、世間的な休日と
ぶつかることになりますので、

交通費が割高になる他に
早めに予約しないと確保が出来ない状況になります。

さらに、
銀行の引き落としにも余分に手数料が加算されたり、
区役所など転居や税金に関する手続きなど必要な際に
利用が難しい部分が挙げられます。

また、医療機関や郵便局など窓口が開いている時間が
短縮されているので、混雑することも考えられるでしょう。

土日休みの職業はこちら◆

・金融機関
・公務員
・都道府県庁職員
・経理事業
・設計事業
・出版関係
・広告関係

★こんなにある?!平日休みのメリットが意外

では、次に平日休みのメリットと
デメリットを紹介いたします。

平日休みというと不定休という言葉がよぎってしまいますが、
企業によっては裁量労働の枠組みとして
火曜日と木曜日など社員の固定休を
承諾しているという働き方もありますので

「そういうお休みの取り方も
あるんですね!」と興味を持つ方も
少なくはありません。

平日休みのメリット

・商業施設などの予約が取りやすい

・平日で割安料金が活用できる

・道路や交通機関が空いている

・公共機関が利用しやすい

・土日・祝日手当がある業種だと
金銭的にメリットが得られる

土日休みの繁忙期を避けることで、
利用料や交通費を抑えることが出来たり、

混雑が予想される行楽地や公共機関もスムーズに利用できるので
近年希望者が多く見受けられます。

ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンを満喫するために、土日休みではなく、平日にお休みを好んで取得する背景にも、金銭的なお得感の他に混雑せずにゆっくり楽しむことが出来るという意見も散見されていますよ。

また、合間に休みを挟んだ方が
身体に負担がかからなくて良いと言った意見やシフト制の業種ですと、

お盆や年末年始には精勤手当がついたり、日をずらしてまとまった連休が取れたりと嬉しいポイントがありますね。

平日休みのデメリット

・友人や家族と予定が合わせづらい

・土日開催のイベントや行事に
参加が難しい

・2連休が確保しずらい

大型行事などどうしても土日に
集中してしまいがちなので、
「イベントの参加が難しい」という
悩みが多く挙げられます。

また、休日申請は出来るものの
自分が休んだことで他の社員が連勤になることが
気になるという意見もありましたが、

「持ちつ持たれつ」で
臨機応変に社員同士休日のバランスを
管理しているという職場ももちろんあります。

◆平日休みの職業はこちら◆

・飲食業、サービス業
・ブライダル
・小売販売
・旅行業界
・営業関係
・医療関係
・介護士
・美容師、理髪師
・エステティシャン
・ホテル(宿泊)
・配送関係

いかがですか?

「どうしても土日休みがいい!」
とあなたが考えていたとしたら、
少し視野を広げることで

平日休みのメリットや
就職・転職活動の選択が広がるよう
お役立ていただければ幸いです。

土日休みは当たり前」という
認識の公務員も、警察や消防をはじめ
職種によってはシフト制の休日ですし、

事務職も企業によっては土日いずれか出勤するという
雇用スタイルもあります。

また、営業職や販売関係や配送業務も
企業を顧客にしている場合、
合わせて土日休みということもあります。

「休日」は就職・転職活動の他に

人生にとって非常に重要なポイントになりますので、
あなたのライフスタイルに合わせて、
先入観などで偏りのない選択をしてくださいね。

★逆に迷う!自分は土日休みと平日休むのどちらを選択すべき?と不安になったら

もし比較するうちにどちらの働き方が良いか迷ってしまった場合は、
誰かの意見を参考にしたくなってしまいますよね。

これからのキャリアアップ転職、キャリアチェンジ転職にしするにしても、
ワークライフバランスを充実させるベースになる休日は誰かに相談したくなって決めたくなります。

悩んでしまって、結局環境を変えるためのアクションが出来ないとなると勿体ないですよね。
そんな時は、まずプロのキャリアアドバイザーに相談をしてみてください。

⇒1万人以上の選考対策実績のキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

プロのキャリアアドバイザーは、あなたのこれからの働き方や
目指すキャリアのためのステップアップ・スキルアップのために必要なことを支援する他に、企業とあなたの間に入り、質問や疑問点など不安要素を徹底的に潰します。

ですので、「社員の休みの取り方は?」「有給休暇の取得率は?」
「夏季休暇はある?」「最大の休暇の申請数は?」という
自分ではなかなか聞けない質問も
あなたに代わって問い合わせることも可能なんです。

さらに、スタートアップしたばかりの転職エージェントの
キャリサポは面談やヒアリングを通して
20代・30代のキャリアアップ転職やキャリアチェンジ転職の疑問の解消をはじめ

6000案件の非公開求人&1万人以上の面接対策を行っているプロのキャリアカウンセラーがあなたにマッチした企業へと全力でサポートしています。

スタートアップだからこそ、密度の濃いカウンセリングを行っているので、出来るだけ早いアクションを起こして、キャリアアドバイザーをあなたのステップアップに有効活用してくださいね。

⇒1万人以上の選考対策実績のキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

明日やろう、となっているうちに一年が終わり、貴重な休日を浪費しないためにも、あなたはいち早い行動を始めてください。

最新の記事を見る