未経験を選ぶリスク…「知らなかったじゃすまない」

「この職場はもうムリだ…!経験はないけど、ジョブチェンジで心機一転するぞ…!」

という気持ちで、あなたは求人票を見たことはありますか?

転職・就職活動をしていると「職種未経験でも応募可」
「業界未経験でも歓迎」など様々な「未経験」が散見されます。

経験不足で諦める求人や応募出来ない企業と比べると
未経験でもエントリー出来る」という点は応募のハードルが下がり
思い切って、挑戦してみるか‥と考えることが出来ますよね。

ですが・・・同じ「未経験」と言っても

・職種未経験
・業界未経験
・上記全て未経験

というように、大きく3つの未経験に分けられるって知ってますか?

★同じ意味でも微妙に違う「3つの未経験」はこんな意味

 

求人票に書いてある「未経験可」という言葉は、それぞれ

1.【職種未経験】
対象求人の職業の職務経験がない

 

2.【業界未経験】
求人企業の業種や業界で勤務経験がない

 

3.【上記全て未経験】
業界や職種、社会経験も未経験

という意味を持っています。大抵、未経験と言えば1の【職種未経験】をイメージするかもしれませんね。

 

どれも経験がない…完全未経験でもOKの職業はどんなもの?

3つの未経験でも比較的挑戦しやすいとされる職種はこのようなものです。

・アパレル販売などの小売業
・飲食のサービス業
・福祉介護のソーシャルワーク
・ホテルのスタッフ、マネージャー
・タクシードライバー

先に勤めているスタッフも
同じ別の業種から未経験からスタートしていたり、
タクシードライバーなら二種免許を働きながら獲得する
チャンスもあります。

さらに、
入社時の研修なども充実しているという
メリットもあるので、自分にマッチした業種ではあれば
長期勤務でき、キャリアアップも目指せるでしょう。

そのかわり

・すぐに給与や待遇アップには
期待出来なかったり

・人の入れ替わりも激しかったり

・業界経験者が優遇される

というデメリットも考えられます。

ですので、あなたが今
転職活動を考えているとしたら、
未経験の職種へのジョブチェンジより

現在勤務している会社でのステップアップや
同じ職種でキャリアアップするという
選択肢も忘れないでくださいね。

もし、あなたが今からでもジョブチェンジをして新しい環境でチャレンジしたい!という場合はプロのキャリアアドバイザーにアドバイスを受けることもおススメです。

⇒1万人以上の選考対策実績のキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

未経験からでも、スキルアップやキャリアアップはモチベーション次第で十分に期待出来ます。まずは行動に移してみてくださいね。

最新の記事を見る