もしかして自己啓発本をバカにしてませんか?

「バカの壁」や「ファクトフルネス」、
「7つの習慣」「黄金の羽根の拾い方」という本を知っていますか?

今挙げた本は、日本や世界で長く影響を与えた名著です。経営者やフリーランスで働く人で「ためになった」という評価も高いことでも有名ですね。書店やAmazonの売り上げランキングでも常連ですが、あなたは見たことがありますか?

上記の本に限らず、本はたくさんのことを教えてくれます。特にベストセラーになる本には
生きること、学ぶこと、今私たちいる社会の仕組みのことなど
ちょっとした知識から意外な事実も知ることが出来るのです。

あなたは最近、読書していますか?
誰かに「読んだ方がいいよ」というオススメを言われましたか?
学校を卒業して以来、たまに漫画しか読んでいないという場合もあるかもしれません。

ですが、もしあなたが
「そんなのは意識高い系だけが読むヤツでしょ」
「なんだかんだ書いても実践なんて出来ないから意味ない」
と思って読書時間を無駄に感じていたとしたら
かなり損をしているかもしれません。

★1ページでも目次だけでも読書が得する理由

「自己啓発本」や「ハウツー本」など、
どんな本でも同じですが、本にあテレビやラジオと違うある特性があるのです。

それは、発行された日がいつの時代でも、
影響を与える内容の本は残り続けているということです。

ネットニュースのようにいつの間にかページが消えるということがなく、
普遍的に「筆者(他者)の考え方を知ることが出来る」んですね。

「他者の考え方を知る」ことで、
自分では思いもしない観点から物事を見たり、
意外な者同士を結んでくれる「線」にもなるので、すごいことだと思いませんか?

それに、
読んだからと言って、絶対「7つの習慣」の7つ全てを
習慣を実行しなくていいんです。
1つだけ、自分で使えるものだけ活用すれば良いのです。

目次だけ見て、目次の1行だけでも気になる部分がそれだけ覚えれば良いのです。

1つでも「これ、使えるぞ」というものが得られれば、友人や同僚、上司や家族にも話せない、
悩みや不安の解消法を自分の意見だけに偏らずに
解決法を本から見つけることも可能になりますよ。

ですので、あなたがもし
現状にネガティブになっていたり、
悩みに対して解決法を探しているとしたら

ネットサーフィンをするだけではなく、
自己啓発本や新聞に掲載されたコラムからでも
1つでも試したい!ということを見つけてみてください。

(もし落ち込んでいたとしても、集中して1ページでも本を読むことは
リラックスにも繋がりますよ)

ですが、どうしても
本を読んでも解決しない悩みがあると思います。

特に、コロナ禍の今、あらゆる情報が飛び交っていて、
何を信じれば良いか判別しづらいですよね。

そして経済や働き方は身近な問題なのに
先行きが読みずらい分野でもあります。

なので、これから先の働き方や
自分にマッチする環境に向かいたいという場合は
転職を専門にしているキャリアアドバイザーに相談することも検討してください。

⇒転職の選考対策専任キャリアアドバイザーを詳しく見てみる

本や、キャリアアドバイザーの考え方を取り入れながら、
よりよいキャリアに向けて一歩踏み出してみてくださいね。

特に週刊・月間ランキングに上がる本を参考にしたり、
大人数をではなく、少人数を徹底サポートするキャリアアドバイザー探してみることでより理解やアクションを起こしやすく出来ますよ!

⇒転職の選考対策専任キャリアアドバイザーを詳しく見てみる

最新の記事を見る