秋の睡眠不足が仕事に与える悪影響

猛暑が明けて秋になると、朝夕の冷えがあるのに昼間は暑いという気温に悩まされますよね。

あなたはどうですか?とても心配しています。

実は、この日中の暑さに加えて乾燥した冷たい空気が冷え症を招き、
私たちを睡眠不足にしてしまうという状況を作ってしまうんですよ。

このせいで、実は秋の方が夏より睡眠不足の問題が厄介と言われているんです。
あなたは今日、しっかり眠れていますか?

もし、あなたが朝、電車の座席に座ってすぐに
眠ってしまったり、仕事中も眠いようなら
かなりの「睡眠不足サイン」となっているので
注意が必要です!

★エアコンがあればマルッと解決?睡眠不足対策

もしあなたが夏の寝不足を感じていても
「エアコンで27度に設定して眠れば問題ナシ」と
考えていませんか?

確かに体温調整のためにエアコンを活用することは正解です!

ですが、温かければいいと思って強めにエアコンを働かせても睡眠不足の解消に繋がらない場合はあります。
エアコンの空気は乾燥しているので、喉を傷めたり、目を乾燥させてしまったりと思わぬダメージを与えてしまう可能性があるためです。

また、眠る前にカフェインを摂ること以外にも、体を目覚めさせさせてしまう要因がいくつかあるので、クリックで詳しく見てみてくださいね。

⇒【快眠のコツ】を詳しく見てみる

秋の睡眠不足対策は最適なエアコンをつければ解決するわけではありません。

食べ物や眠っている時に着ているもの、残暑の疲れや朝夜の寒暖の差など
生活している環境すべてが掛け合わされて生まれしまいます。

特に自律神経が刺激されていることでの睡眠不足は夏や冬を問わず、1年中問題となっていますが
仕事のストレスの刺激によって発生してしまうことを知っていますか?

★カフェインを絶っても眠れない…積もり積もった根本はストレス

エアコンの空調を快適にセットして、通気性のいい長袖のパジャマで体の熱を奪いすぎなくして、眠る前1時間前に入浴して‥‥さらに布団に入る前に冷たい飲み物を控えても睡眠不足に悩まされているなら、自律神経に注目をした方が良いかもしれません。

自律神経はいわゆる「ストレス」です。このストレスは本当に厄介で、普段、熱やくしゃみ、吐き気が出ると私たちは「風邪だ!」と感じて病院にかかりますよね?
あなたも、朝起きてからフラつく足に発熱や喉の痛みによって風邪と分かり、病院に行ったことはないですか?

この風邪のように、分かりやすく体調が優れない時は解決方法は
薬を飲む⇒眠る というように分かります。

ところが、ストレスによる自律神経不調の場合はそれほど分かりやすい自覚症状は出ません。

自律神経が不調の時の特徴として、熱やくしゃみも出ないけど

◎気分が落ち込んだり
◎イライラしたり
◎不安を感じたり
◎好きなこともやる気になれない
◎息が切れたり、緊張する
◎暗い気分が続いて無気力状態

という憂鬱な気持ちさせます。

夏の室内と屋内の寒暖差のように、人間は環境によって神経を刺激することでもおきますが、
仕事によっても強く引き起こされてしまうんです。

仕事の締め切りに追われて休憩時間も机にかじりついていたり、
成果が上げられず上司に小言を言われたり、
顧客の無理を聞いたせいで休日出勤に応じたり…

あなたが真面目で誠意を持って期待に応えようとすればするほど、
体が疲れるように神経にもストレスを与えてしまうのです。

「自分はダメな奴だ」と責めてしまうためですね。

あなたは、仕事のことが気になって、休日や深夜でもなかなか寝付けなかったという経験や、今まさにそんな状況になっていないですか?

もしそうだとしたら、ストレスの限界になって、気力を奪われ尽くされてしまう前に
新しい環境や出会いによって解決出来るかもしれません。

環境を変えることで、今のままでは見つからなかったあなたが無理せずにステップアップ出来る可能性があるのです。

なぜなら、人はもともと、環境に適応することに強い生き物だからです。
人は寒さに強い毛皮や、海を泳ぐためのヒレは持っていません。
ですが、環境に合わせて人間関係を作り上げたり、暮らし方に変化を受け入れることが出来ます。

環境が人を作るとはこのことで、今の居場所に囚われず、別の世界に踏み出してみるとあなたが驚くほどマッチ出来る出会いもあるのです。

ですが、今あなたが仕事やその仕事環境にストレスを受けているとしたら、一歩踏み出さなければそんな環境に出会えません。

睡眠不足にならないまでも、「現状」に違和感や居心地の悪さを感じていたり
「このままじゃだめだ」と思っているとしたら、1秒でも早く
あなたが満足できる未来のために歩き出してくださいね。

⇒あなたに合ったキャリアの可能性をもっと詳しく見てみる

 
最新の記事を見る