「転職の回数が多いと不利」結果は意外かも


終身雇用制度が当たり前ではなくなった分、

「毎日仕事が楽しくないのは今の職場がマッチしてないから…」
「仕事で働きに応じた待遇がないからやりがいがない…」
「入社時に比べて職場に行く道のりが遠く、足が重く感じるようになった…」

という理由で、今より新しい環境に一歩踏み出す選択は珍しくありません。

だからと言って、すぐに転職をして職務履歴書を厚くするのは良い印象を与えないのでは…と悩んでしまいますよね。

短期の離職が不利にならない?

基本的に働く上では長くキャリアを積み重ねる方が社会的に信用が高い、と言われています。
ですが、必ずしも一律に「3回、4回転職を繰り返すのはNG」ではないのです。

なぜなら、求職者はそれぞれ学歴やキャリアの重ね方が異なります。
一概に「NG」ではなく、転職に至る動機や前職で得たスキルを獲得し活かしているかなどで短期離職や回数が不利ではなくなるのです。

そうは言っても、職種や業種によっては1つの企業で長いキャリアを積むことが求められる場合があるので、あくまで自分にマッチした長く続けられるキャリアを探すことを忘れないでくださいね。

長期的な勤務と短期の転職…コロナ禍でも選ぶべきはどれ?

転職サイトやハローワークには求人票があふれているし、
未経験からも挑戦できる職種もあるし転職回数が必ずしも不利ではないからといって

「職場の雰囲気が合わないから」
「もっと待遇の良い企業に行きたい」
という決断をするのはちょっと待ってください。

なぜなら、働き方次第でスキルや実績が身に付かなかった場合
転職は成功しても必ずしも年収アップや
希望通りに就職できる約束はなく、限りなく自己責任になるためです。

実際、未経験職種にキャリアチェンジ転職をした場合、スキルアップを目指すキャリアアップ転職に比べ年収が下がるということは珍しくありません。

それだけではなく、タイミングによって求職者が多ければ多いほど、限られたエントリー出来るポストの倍率は上がりますし、
それだけ企業側からは未経験者より実績や経験のある人が企業に好まれる傾向が強まります。

また、職業や企業によってスキルや成果を上げることでキャリアアップしたことで
「仕事にやりがいを見出して断然楽しくなった」という体験も散見されます。

もしあなたが今
「とりあえず転職」を考えているのなら漠然とやりがいと待遇向上の他に現職でのスキルアップのチャンスを見直したりこれまで積み重ねてきた自己研鑽のスキルを生かした求人に絞って検討することが絶対におすすめです。

でも、そうは言っても
「ただ求人を眺めたり、転職サイトからのスカウトメールを見ていても
自分にマッチする企業やピンとくる職種がない…」

と思っているのなら、そのまま何もせず諦めてしまったり妥協した選択をしてしまうのなら、
転職のプロの転職エージェントに詳しく話を聞いてもらうことも大切なのことなので、検討してみてくださいね。

ライフワークバランスというように、月曜のの仕事も、休日の遊びも楽しくやりがいのあるキャリアのために少しでも早くアクションを起こしてくださいね!

キャリアアップ転職や、キャリアチェンジ転職をより真剣に、密に行いたい、失敗したくないと感じている場合は転職エージェント「キャリサポ」を活用してください。

 
最新の記事を見る