転職を始める前に捨てるべき【メンタル3選】

あなたは、働きながら「この会社よりもっと自分にマッチした仕事があるんじゃないかな」と感じたことはありませんか?
 
仕事があることは嬉しい一方、会社に対して不満を感じたり将来に不安を抱えてしまうと
業務の生産性も向上しない上に今必要なスキルを獲得しようにも
どの方向に向かえば良いのかわからなくなってしまいますよね?特に
 
今の会社じゃ待遇も良くないし、やりがいのある仕事も任されない…
なんて状態だと、将来的に目指す理想的な待遇も人間関係も
満足いくものを築けない悪循環から抜け出せません。
 
ですが、現状を打破する目的の転職活動においても、大失敗にさせてしまうNGメンタルを知らないと危険です。
 
この記事では、特に転職活動の面接においてNGなメンタルポイントを3つご紹介いたしますので、最後までチェックしてくださいね。

⇒今すぐあなたらしく働く方法を見てみる

NGポイント1.「いい企業がない」と言い訳する

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」
「理想の企業なんてない…」
「もっと良い条件の企業ならすぐにでも転職するのに…」
あなたはこんな言葉を常に誰かに言っていませんか?
 
理由をつけて、自分を正当化してしまうことは誰しもあることです。ですが、転職活動をする前から「どうせ良い企業なんてない」というメンタルでは、良い企業を見つけることが出来ないかもしれませんよ。
 

NGポイント2.「どうせ私なんて…」とネガティブ思考

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」
不安な時に、自信満々にはなかなかなれなもの。ですが、それを全身でアピールしても、現実は忖度してくれません。
 
つい応援してたくなるアイドルやスポーツ選手のように、結果が出ていなくても前向きに、前進出来る人は注目されます。
例えこれまでのあなたに自信がなくても、自分を変えるために「私なんて」という言葉は捨てた方が良いかもしれません。

NGポイント3.「でも」「だって」「どうせ」…3D言葉が口癖

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」
せっかく書類選考が通っても、面接でこんな否定の言葉を無意識に使ってしまったら危険です。
 
この否定の3D言葉は、これまでの自分の行動を言い訳しているように聞こえてしまう上に、相手を否定してしまっている印象を与えてしまうもの。
 
たとえば、エントリーした企業の面接意外にも、あなたをサポートする転職エージェントやキャリアアドバイザーを活用した時に口走ることはおすすめできません。
 
あなたの転職にかける本気度が伝わりませんし、信頼関係も築くことが難しくなってしまいますよ。
 

いい企業がない…のではなく、あなたが良いところを見つけられていない可能性

「そんなことを言っても、やっぱりそもそも魅力的な企業がないから、モチベーションが上がらない…」と思ってはいませんか?

確かに、何件もエントリーをしたのに、返事もないような企業が続いてしまうと、「どうせいい企業なんてない」「どうせ自分は転職しても何も変わらない」と感じてしまいます。

ですが、多数の企業とパートナーシップを結んだキャリアアドバイザーを活用することで、企業について深くリサーチすることも出来ますし、面接のアポイントも確実に取ることが出来ることを知っていますか?

さらに、応募書類の添削や、あなたの自己分析を客観的な視点からも知ることが出来るので、面接やこれからのキャリアを考えると活用しない手はありませんよ。

でも、そうは言っても身近に「転職の面接アドバイスを求められるキャリアアドバイザーなんかいない…」「自分の準備が間違ってないか不安で仕方がない」と思っているかもしれませんね。

 

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

だからこそ、まずはひとりで悩んだり転職サイトを覗くより先に、プロのキャリアアドバイザーに
キャリアアップ転職やキャリアチェンジ転職について相談することがオススメです。
 
転職エージェント「キャリサポ」ではあなたが本当に進みたい方向を
全力で支援する専任の転職エージェントがあなたをサポートいたします。特にもしあなたが、
 
・じっくり転職サイトを眺める時間を
 確保することも難しいし
 
・現職の仕事に余計な迷惑や
 不穏な雰囲気を持ち込みたくないし
 
・企業にエントリーするにも
 足場が固まってない
 
という場合は現在の転職市場をあなたの今のスキルで
他社に通用するのかリアルタイムの就職情報に基づいてアドバイスします。

⇒1万人の選考対策実績のあるキャリアアドバイザーを今すぐ見てみる

 
まずは転職エージェントのキャリアドバイザーに相談して、すぐにでも今の不安をゼロにするアプローチをしてくださいね。
 

⇒さらに詳しくあなたらしく働く方法を見てみる

 
最新の記事を見る