身だしなみの暗黙のルールを知らずに面接不合格…知っておくべきポイントはコレ

4月から都立高校では、
・下着の色指定
・髪の毛を一律に黒く染める
・ツーブロック
・校内別室ではなく自宅での謹慎
・「高校生らしい」など曖昧な表現を用いた指導
など、内容が理不尽であることから社会的に問題視されているいわゆる”ブラック校則”が全廃されることが話題になりました。

このような身だしなみのマナーは、校則だけでなく社会に出てからも存在します。
ですが、その全てが理不尽な理由からマナーとされているわけではありません。

例えば、転職活動の場面でも服装や身だしなみについて一般的に定められているルールがあります。もし知らずに面接当日を迎えてしまうとマイナスな第一印象からスタートなんてことも…。
あなたは面接に適した「身だしなみ」とはどのようなものか知っていますか?それは、、、

転職活動の服装について暗黙のルールはある?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

面接の受け答えでも「ネガティブな退職理由は正直に伝えてはいけない」「第一志望と伝えるようにする」といった暗黙のルールを聞いたことがあるかもしれません。

身だしなみに関しても同様に、たとえ応募企業から指定されたとしても、具体的には「何が正解なのか」疑問に感じることがありませんか?例えば、、、

▲転職活動でリクルートスーツを着ても良い?
リクルートスーツは学生の印象が強く未熟な印象を受けてしまうため、転職活動では避けたほうが良いかもしれません。
また、第二新卒の場合はワイシャツをカットソーにして着ても問題ないと言われています。

20代後半からはビジネススーツが好ましいです。
色は濃いネイビー・グレー系のものがオススメですよ。
ネクタイはあなたが表現したい個性や与える印象を意識し、いずれもシンプルで落ち着いた色のものを選ぶことがポイントです。

取引先にそのまま行ける服装かどうかを意識して
ビジネスシーンに合ったものを選ぶようにしてみてください。

▲「服装自由」と指定があったら私服でもOK?
私服でも問題ありませんが、オフィスカジュアルを意識することが大事です。
前述したように、取引先に行って失礼ではないかどうかで判断したり求人サイトや企業のウェブサイトで社員の服装を確認して参考にしてみると良いですよ。

ですが、企業によってはスーツが好ましい場合もあります。
アパレル系ではない場合やセンスに自信のない場合はスーツを選ぶのが無難です。

▲「自分らしい服装」という指定…どんな服装が好ましい?
あなたの個性を表現できる服装を選ぶことがポイントです。
特に応募企業のイメージに合う服装を選ぶことが大事ですよ。
ただし、あくまでもビジネスシーンにふさわしい服装を意識することを忘れないでくださいね。

転職活動では、上記のようなルール以外にもインターネットで調べるだけでは、
本当にこれで正しいのか?面接官に失礼にあたらないか?と不安に感じることがあるかもしれません。

もしあなたが、「身だしなみに関してインターネットで調べても解消できない悩みがある」
「服装以外にも面接に関する暗黙のルールを知りたい」と思ったら、転職活動に詳しいプロに聞いてみることも有効な手段です。

あなたのキャリアの現状や転職活動の進捗について、まずは気軽に相談や質問をしてみることから始めてみてくださいね。
今すぐ転職の悩みを解消する!▼

転職活動の面接で共通して求められる●●

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

面接での身だしなみについて調べた際に「清潔感のある服装・髪型」を心がけることが大事だと耳にしたことがありますか?

もし面接の場面で身だしなみが整っていない場合、
「普段から気にしない性格なのか?」「取引先などの前でも同じような態度なのか?」と面接官から不信に思われてしまう可能性があります。

第一印象でマイナスなイメージを与えないために
「清潔感」のある身だしなみについて具体的に解説いたしますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

■清潔感のある服装
一般的には濃いネイビー・グレー系の無難なビジネススーツがオススメです。
オフィスカジュアルの場合もジャケットを羽織るのが無難ですよ。

スーツと私服いずれの場合もシミやシワがないか事前に確認することを忘れないでくださいね。

■清潔感のある髪型
好印象に繋げるためには、顔周りが隠れない髪型を意識することがポイントです。
顔が隠れる場合は1つにまとめたり前髪が顔にかかる場合も流したり留めておくと良いでしょう。
髪を立てすぎたり、ワックスで固めすぎたりするのは控えるようにしてくださいね。

髪色は暗い色が無難ですが、明るすぎなければ黒に染める必要はありません。

さらに、身だしなみで共通して気を付けるべき点は「応募する業界に合った雰囲気かどうか」です。

メイクやアクセサリーに関しても派手なものは控えた方が無難ですが、迷った場合は応募する業界・企業に受け入れてもらいやすい身だしなみを意識してみると良いかもしれません。
「清潔感のある身だしなみ」は、ビジネスシーンに合っているか客観的にみて判断することが重要です。

このように、面接では身だしなみからきちんと整えて準備をしておくと第一印象から躓くこともありませんし、気を引き締めて本番に挑むことが出来るはずです。

また、面接では身だしなみ以外にもマナーや受け答えが合否を左右する重要なポイントの一つだと言われています。
徹底的に対策を行い面接本番での失敗を防ぐことが内定獲得への近道となりますが…、
もし初めての転職活動や面接に強い苦手意識がある場合はキャリアアドバイザーに頼ることで安心感をもって進められるかもしれません。

特に、転職活動に詳しいプロに相談して進めることで入社後にミスマッチを感じてしまい再び転職活動を繰り返す…という状況を未然に防ぐことが出来ます。

もし現在、面接対策も書類選考も全て自力で行っていたら、転職のプロを味方に進める選択肢も検討してみてくださいね。
転職を成功させるサポートを詳しく見てみる▼

転職活動では「客観的な視点」が大事

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

面接での身だしなみは、ビジネスシーンに合っているかを客観的にみて判断することがポイントだとお話ししました。

同様に、転職活動では自分自身を客観的にみて「自己分析」することが欠かせません。

自分を客観的に見ることで、
他の求職者より特化したあなたの強みを発見することが出来るので自信に繋がったり、強みを見つけた結果、キャリアの選択肢の幅が広がる可能性もあります。
あなたの主観だけで判断している場合は、もっと柔軟性をもって考えてみることも大事ですよ。

ですが、そうは言っても、「自分自身を客観視するにはどうしたらいいの?」と思うかもしれません。

そんなときは、第三者の意見を聞くことがカギです!

あなたの周りの家族や友人に意見を聞くことで、あなたの潜在的な強みが明確になるかもしれません。

ですが、親しい友人に相談してもはっきりとした意見がもらえないときもありますよね。

よりはっきりと、転職活動に活かせる客観的な強みを知りたい場合は、数多くの求職者へ面接対策をした経験のあるプロの目線からアドバイスを受けることもおすすめですよ。

面接対策に関しても一人でリサーチする以上の情報を得ることが出来ますし、よりあなたにピッタリな企業を選べるので入社後も長期的に働くことが期待できますよ。

あなたが自信を持って面接に臨んで、転職活動の成功に繋げられるように転職に詳しいプロと一緒に対策を行う方法も検討してみてくださいね。
客観的にあなたの強みを分析する方法を見てみる▼

 
最新の記事を見る