デスクワークは寿命にも影響するってホント?長時間座らずにもっと効率よく仕事をする方法

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

もしあなたが普段デスクワークをしているのなら、

「長時間座っているため足のむくみがひどい」
「同じ体勢でいるため慢性的な肩こりや腰痛で悩んでいる」
「運動量が減ってしまい肥満が気になっている」
「座っている時間が長いと眠くなり仕事の効率が落ちてしまう」

このような悩みを抱えてはいませんか?

デスクワークは立ち仕事と比べて体力的にも楽だし、
座って作業できるから快適そうだと思っても、
実は、立ち仕事と同じように体には負担がかかっているかもしれません。

実際に、長時間座り続けることで足の筋力が衰えたり
血行が悪くなって糖尿病、脳梗塞や心臓病、
ガンなどの病気に繋がる可能性も上がるといいます。

また、オーストラリアの研究によると、人間は1時間座り続けると
寿命が22分短くなってしまう恐れがあると言われています。

あなたもコロナのおこもり期間で座る時間が増えたと
感じることはありませんか?

もし普段デスクワークをしている場合は、一日に
何時間座っているかをあらためて考え直してみると良いかもしれません。

ところで、あなたはデスクワークでも体に負担をかけないために
注目されている働き方について知っていますか?

それは、立ってオフィスワークを行う、
「スタンディングワーク」という働き方です。

実は、日本にもこのシステムを導入している企業があり、
オフィスには椅子を用意していないという企業もあるのです。

もし長時間座っていなくてもデスクワークができて、
しかも何時間も座って作業するよりも生産性がアップするとしたら、
あなたもその働き方を取り入れたいと思うかもしれません。

また、最近ではテレワークで働いている場合、
つい残業時間が長くなって座っている時間も増えたり、
出社する回数が減り運動不足になってはいませんか?

もしあなたが、デスクワークでも少しは立って仕事が出来たら…、
もっと身体を動かせる時間を増やしたい…、
と考えているならばぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

デスクワークでも座りすぎを回避するには

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

一日の座る時間を減らすことで
あなたの健康状態も改善することができるかもしれません。

デスクワークでも座ったままの状態を回避するために
今日から実践できることは、

・30分に1回は立ち上がって動く
・ストレッチをして血行を良くする
・こまめに水分補給をして血のめぐりを良くする

などが効果的ですよ。上記のポイントを意識して
座りっぱなしの状態を避けることが大事です。

また、もしあなたがオフィスで長時間座って作業することで
健康状態に影響を与えている場合などは
環境を変えたら改善できるかもしれません。

あなたに合った働き方が見つかれば、
もっと健康的に働くことが出来ますので
前向きに検討してみてくださいね。
⇒あなたに合った働き方について見てみる

一日何時間座っている?スタンディングワークで姿勢改善!

長時間座っていることは重大な健康へのリスクも高まるとお話しましたね。

それでは、あなたは普段、
一日に平均で何時間座っているか考えたことはありますか?

シドニー大学のレポートによると、
世界20カ国の平均が1日約5時間であるのに対して
日本人は一日約7時間座った姿勢でいると言われています。

もしあなたも約7時間、またはそれ以上の時間座っている場合、
人生の約3分の1を座って過ごしていると考えると、
正しい姿勢で過ごすことがいかに重要か分かりますよね。

ですが、そうは言っても業務に集中していると
自分の姿勢に対して意識が向かなかったり
疲れて足を組みたくなったりするかもしれません。

そんなとき、定期的に立ち上がってストレッチをしたり
休憩時間に散歩に行くことが効果的ですが、他にも
立って仕事をする「スタンディングワーク」を
取り入れるだけで猫背が解消され、
肩こり・腰痛も大幅に改善されることが望めますよ。

猫背の状態は肩や腰に負担をかけるだけでなく
呼吸が浅くなり脳へ送られる酸素が少なくなることで
眠気の原因にもなってしまいます。

仕事の効率を落とさないためには、立って作業を行うと
姿勢が崩れることも少なくなるでしょう。

もしあなたが、長時間座って仕事していると
作業に集中できないという場合は、
働き方が合っていない可能性も考えられます。

働く環境を変えることで解消できるかもしれませんので
あなたひとりで悩まずにまずはプロに相談してみてくださいね。
⇒あなたの悩みを解決するプロについて詳しく見てみる

スタンディングワークで集中力アップ!

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

スタンディングワークによって姿勢が正されるだけではなく
集中力を上げることにも効果があるって知っていましたか?

デスクワークのように常に座っていると
すぐに休憩しやすい環境なので集中力が続かなかったり、
背中が温まりやすく眠気に繋がってしまうことが考えられます。

一方、スタンディングワークの場合は
気軽に歩いたり、足・腰のストレッチができるので、
脳に酸素を送ることで睡魔に襲われることも少なくなりますよ。

また、区切りの良いところまで進めたら座って休憩をしよう、
とメリハリを持って業務を行うことが出来ます。

実は、このようなメリットがあるスタンディングワークを、
コロナが流行る以前から取り入れている企業があることを
あなたは知っていましたか?

例えば、アメリカ企業であれば
Apple、Google、Facebookが取り入れています。
また、楽天、日本マイクロソフト、アイリスオーヤマなどの
日本企業でも導入されているんですよ。

このようにスタンディングワークで働ける会社は
まだまだ少ないですが、もしあなたが
長時間座って作業する働き方は
自分に向いていないと感じているならば、
スタンディングワークで働ける企業も
あるということを覚えていてくださいね。

また、このような働き方を導入している企業を見つけるのと同じように、
あなたに合った企業を見つけることって難しいですよね。

ですが、あなたひとりの力では難しいと感じてしまうことも
プロに相談することで解決できるかもしれません。
あなたの健康と将来のために前向きに行動してみてくださいね。
⇒あなたに合った働き方について見てみる

 
最新の記事を見る