未経験からIT関係への転職について

Q. ITエンジニアは具体的にどのような仕事がありますか?
A. ITエンジニアとは、ITに関する知識を持つ技術者のことを指します。
職種は多種多様で、例として以下のものが挙げられます。
【プログラマー】
プログラム言語を使ってシステムやソフトウェアを開発する
【システムエンジニア(SE)】
システム統計やプログラムの統計を行う
【アプリケーションエンジニア】
システム設計からプログラムの開発、システムの動作テストなど一連の作業を行う
【組み込みエンジニア】
すでにできあがった製品の中に搭載する制御システムの開発を行う
【フロントエンドエンジニア/バックエンドエンジニア】
WEBサイトのユーザーに見える部分を構築・コーディングをする
反対に、ユーザーから見えない部分の構築はバックエンドエンジニアが担当する
【マークアップエンジニア】
ユーザー目線やSEOを考え、より使いやすいWebページの実装を行う
【インフラエンジニア】
サーバーやルーターの構築や開発を設計から開発、テストまで行う
【セキュリティエンジニア】
ネットワークの安全維持のためにシステム設計、構築、運用、調査、改善をする
【データベースエンジニア】
データベースシステムの構築、運用、管理をする
【フィールドエンジニア(カスタマーエンジニア)】
顧客のハードウェアの設定やサポートを行う
【WEBエンジニア】
WEBサイトやアプリケーションの統計、開発、運用を行う
【セールスエンジニア】
エンジニアと営業の両方の役割を担う
【テストエンジニア】
ゲームやアプリケーションなどの製品の動作確認をする

上記以外にも細分化された役割はあります。
企業によってエンジニアの定義が異なるので、
希望する企業の求めるエンジニアについて
きちんとリサーチする必要があります。

 

Q.社内SEと通常のSEはどう違うのですか?
A.結論から言うと、仕事の目的が違います。
社内SEは社内向けのシステムを開発しており、
通常のSEはユーザー企業からの依頼をうけて、
そのニーズに合わせて仕事をすることが多いです。
社内SEは自社の事業を発展させること、
通常のSEはシステムを開発することを目的としている点が大きく違うと言えます。

Q.プログラマーとエンジニアの違いが分かりません。どう違うのですか?
A.エンジニアとはITに関する技術者の総称を指し、
プログラマーはプログラム言語に特化した専門家を指します。

中でも、システムエンジニアとプログラマーは
比較されることが多いので紹介します。
システムエンジニアはシステムの統計を行い、
プログラマーはそれを元にして
プログラミングを行います。
システムエンジニアは顧客とコミュニケーションを
取りながら、案件のマネジメントも行うなど
プログラマーよりも幅広い業務を行います。

Q.プログラミングの勉強は何から始めたらよいですか?
A.まずはプログラミングを勉強する目的を明確にすることから始めましょう。
どのような職種に就きたいのかによって、
必要なプログラミング言語は異なってきます。
一般的に需要のある言語はJavaやPHP
Rubyと言われていますが、
WEBサイトをつくりたい場合は
WEB系の言語(PHP、Ruby)、
アプリ開発を目指す場合は
アプリ系の言語(Swift、Unity)を
勉強することが習得の近道だといえます。

学ぶ言語を決めたら、
プログラミングを学習する環境を準備しましょう。
プログラミングは学習サイトを利用して
独学でも習得可能ですが、
プログラミングスクールを利用すると
講師に質問できますし、
プログラミングに必要な環境が揃っているので
効率的に学習を進められますよ。
自分に合った手段で勉強を始めることをおすすめします。

Q.エンジニアになるには何から始めればよいですか?
A.まずはエンジニアに関する基礎知識を知ることから始めましょう。
数あるエンジニアの中で、どの職種を目指すのか、
希望する職種に必要なスキルは何なのか、
学習するべきプログラミング言語はどれなのか。
必要な知識を身につければ次のステップが明確になりますよ。

Q.未経験からIT業界に転職するには、必要な資格はありますか?
A.必ずしも必要な資格はありません。
ですが、未経験の場合は資格を持っていると
アピールできる材料になるので
取得することは好ましいと言えます。
ITに関する資格には
「国家資格」と「ベンダー資格」があり、
国家資格は、ITの基礎的知識を身につけている証明になります。
ベンダー資格は、特定の製品に特化した資格で
定期的に更新する必要があります。
エンジニアの中でも目指す分野によって
業務に役立つ資格は異なりますので、
希望する分野に活かせる資格を調べてみることをおすすめします。

Q.エンジニアにはどのような人が向いていますか?
A.常に新しい技術に対応していける人が向いていると考えられます。
もちろん、コミュニケーション力や
プログラミングスキルも大事ですが、
移り変わりの早いIT業界では、
時代に合わせて貪欲に学ぶことができる人が求められています。

Q.ITエンジニアは他業種と比べて将来性があるって本当ですか?
A.ITエンジニアは非常に将来性のある仕事だと言えます。
理由としては、市場規模は10年以上右肩上がりで
AIなどの技術が盛んに発展しており
そのニーズに応えるエンジニアの人材が必要とされています。
だからこそ様々な分野に細分化されるエンジニアの中で
あなたの特性を活かせる道へ進むためには
明確にキャリアデザインを描いて行動することが必要です。

Q.文系からでもITエンジニア業界に転職できますか?
A.文系からでも転職できます。
IT関連の職業は理系の仕事という印象がありますが
コミュニケーション能力や提案力なども
重視する仕事であり、
近年のIT業界は人手不足に陥っているので、
未経験でも挑戦しやすい仕事と言われています。
スキルを身につけてしまえば理系も文系も関係ありません。

Q.PCに詳しくなくても、これからITエンジニアに転職可能ですか?
A.可能ですが、転職後に苦労する可能性が高いです。
最低でもプログラミングの勉強、
基礎的な操作やタッチタイピングなどの
スキルを身につけておくことをおすすめします。
詳しくなくても、興味をもって
自主的に学ぶ意欲をもつことが大事です。

Q.ITエンジニアの仕事は他業種に比べて残業は多いですか?
A.他の業種と比べると残業時間は長い傾向にあります。
職種や企業の繁忙期によって左右されますが、
エンジニアに限らずどの企業や業種にも
残業せざるを得ない場面はあるので、
エンジニアだけが残業が多いとは言い切れません。

Q.20代後半未経験からでもIT企業やエンジニアへの転職はできますか?
A.転職は可能ですが、求人企業は限られてしまいます。
ですが、IT業界は人手不足により
未経験の重要も高まっているので、
プログラミングスクールに通ったり
学習サイトで自主的に勉強するなど
必要なスキルを磨いていけば
転職できる可能性は十分にありますよ。