20代後半キャリアチェンジ転職について

Q.20代後半からのキャリアチェンジ転職は遅いですか?
A.20代後半からでも決して遅くはありません。
初めて転職する人の割合が一番多いのは
20代後半とも言われています。
20代後半であれば、ポテンシャル採用だけでなく
前職における専門スキルやマネジメントを
期待した採用も増えるため、
転職のチャンスが豊富な時期だと言えます。

Q.20代後半でとくにスキルがありません。これから未経験職種・業界に転職できますか?
A.未経験でも、職種によって転職できる可能性は十分にあると言えます。
とくに人手不足に陥っている職種・業界には
転職しやすい傾向にありますよ。
もしスキルがなくても、自分の長所や
特技・人柄が業務で活かせる可能性もあるので、
希望する企業の採用情報を
詳しく研究しておくと良いでしょう。

Q.20代後半の転職において、企業から求められている人材像はありますか?
A.一般的には即戦力を求められます。
年齢を重ねるにつれ、ポテンシャルよりも
専門スキルやマネジメント経験が
重視されるので、リーダーとしての経験など
主体的に行動したポイントを
アピールする必要があります。
逆に、研修制度を重視している企業なら、
20代後半でも20代前半のようにポテンシャル採用も期待出来ます。

Q.20代後半のキャリアチェンジ転職で気をつけるべきことはありますか?
A.焦って転職することはおすすめしません。
キャリアビジョンを定めて、目的を明確にして
転職活動を進めることが大事です。
20代後半になると、転職の幅は広がる一方で、
希望条件によっては、
求人が減ってくる可能性があります。
何を求めて転職するのか、
目的意識をもって計画を立てて行動すると
転職の成功率もアップしますよ。

Q.20代後半のキャリアチェンジ転職を成功させるコツはありますか?
A.20代後半に限らず、自己分析を徹底的に行なうことが成功のコツです。
これまでの経験において
失敗から何を学んだか、
成功体験とその要因、
自分の価値観や特性などを見直して
キャリアビジョンにマッチした企業を
見つけることで、
後悔のない転職活動を行うことができます。

Q.20代後半で2回目の転職でも大丈夫ですか?この転職回数は多いですか?
A.結論から言うと、2回目の転職でも問題ありません。

ただし、一般的に20代後半で3回以上
転職をしていると、
企業側からは転職回数が多いという印象を
もたれる傾向にあります。
転職理由がネガティブな場合は、
ポジティブな言い回しに換えて伝えると
印象は良くなります。
次の仕事に向けて努力している姿勢を
具体的にアピールすることが必要です。

Q.20代後半ですが、結婚や出産を控えていても転職できますか?
A.結論から言うと、少し不利になる可能性があります。
企業側は即戦力を求めているので、
入社後に長期休暇に入ってしまうのは
好ましくありません。女性のライフイベントを
サポートしてくれる企業かどうか、
事前の企業研究を徹底することをおすすめします。

Q.20代後半女性の転職で不利な部分はありますか?
A.20代後半女性だからと言って転職に不利になることはありません。
男女問わず、年齢や性別より
これまでのキャリアや経歴が重視されることが
ほとんどです。もし、出産や育児の関係で
転職に不安を感じる場合、
一般的には出産の1年前に転職活動をするなど、
突然穴を空けてしまわないよう
企業に対しても配慮することは重要です。

ですが、企業によっては30歳前後の女性は
入社してすぐに出産・育児休暇で
職場を離れてしまうのではないかと
懸念されてしまうこともあります。
意見の食い違いや誤解を招かないためにも
企業との面接の際に
現状や条件をすりあわせることが大事です。

Q.20代後半男性の転職で不利な部分はありますか?
A.ありません。
ですが、どちらかと言えば不利になる可能性の
高い職種はあります。たとえば、女性の採用を
前提として採用を行なっている企業や、
メインターゲットが若い男性となる場合、
顧客のニーズに対応するため
若い人材を求めることもあるからです。
ですが、年齢をかんがみた上での志望動機や
必要なスキルなどを明確にアピールすることで、
良い印象を与えることも出来ますよ。

Q.求人に「第二新卒応募可」とありましたが、20代後半は第二新卒ではなくなりますか?
A.年齢によっては第二新卒として応募可能です。
一般的には、新卒で入社して3年未満の人は
第二新卒として扱われますが、
年齢の基準は企業によって異なるので、
希望する企業の採用情報は詳しくチェックする必要があります。

Q.20代後半の転職活動で持っていると有利になる資格はありますか?
A.必ずしも資格を持っていることが有利とは言えません。
職種によって資格や免許の取得が
必須でない限りは、実務経験やスキルによって
採用が重要視されることがほとんどです。
ですが、資格によっては希望する業務に
活かせるというアピールが出来ますので、
採用のための強みになります。