20代前半キャリアチェンジ転職について

Q.3年は続けた方が良いのでしょうか?
A.必ずしも3年以上勤務することが正解ではありません。
「転職するなら3年間は働いてから」
と言われることもありますが、
職場でのパワハラや心理的ストレスなど
苦痛を感じ続けている場合は
早急に転職の判断をする必要があると言えます。

Q.20代前半での転職は不利になりますか?
A.必ずしも不利になるとは言えません。
20代前半は第二新卒同様にポテンシャル採用に
当てはまる傾向がありますので
転職でチャンスの多いタイミングだと言えます。

Q.第二新卒とはどのような人ですか?
A.新卒で入社して3年未満の人のことを指します。
4年制大学を卒業した場合、
20代前半の社会人は第二新卒に当てはまります。

Q.20代前半でも未経験職種・業界に挑戦できますか?
A.20代前半は、未経験の仕事にも挑戦しやすいと言われています。
それは、20代前半は比較的経験・スキルよりも、
柔軟性・成長性を評価されやすい傾向にあるためです。
20代前半で実務経験が浅くても基本的なビジネスマナーさえ身についていれば、
前向きな転職活動をおすすめします。

Q.24歳でキャリアチェンジ転職を成功させるポイントはありますか?
A.24歳に関わらず、転職成功のポイントは、自己分析を怠らないことです。
まずはあなたのキャリアプランを
想像することから始めましょう。
さらに今までの経験にもとづいて、
やりがいを感じた経験などを深掘りして
書き出してみることをおすすめします。
徹底した自己分析はあなたに合った企業を
判断することにも役立ちますよ。

Q.今の職場をすぐにでも退職したいです。退職理由を言わなくても退職は可能ですか?
A.結論から言うと、理由を言わなくても退職は法律上可能です。
ですが、国民年金や社会保険、住民税など、
企業があなたに代わって手続きをしている
各種保険等がある場合、
退職届をもって正式に終了日を
届け出る必要があります。

そのため、現在働いている企業の
就業規則を確認の上、
必要最低限の退職手続きを行うことは必須です。
提出する退職届には必要に応じて退職理由に
「私事都合」「一身上の都合」などの事情を明記し
円満退職を心がけると良いでしょう。

Q.企業との面接で転職した理由はどのように答えるべきですか?
A.基本的に、ありのままを答えることが好ましいです。
面接官や採用担当者は面接経験があるため、
つじつまの合わない発言や言い回しには
気づいてしまいます。

もし転職理由がネガティブな理由の場合、
前職に対する不満やネガティブな部分だけでなく、
自分にとって至らなかったポイントも
織り交ぜると好印象です。
理不尽を感じていたとしても
そのまま伝えたり、自分に都合の良いウソを
話したりすることは良くありません。
できるだけ「これから前向きに勤務したい」こと、
「御社に貢献したい部分」などポジティブな
言い回しで伝えることで印象は良くなります。

Q.転職期間はどのくらいかかりますか?
A.一般的には、1~3ヶ月程度かかると言われています。
退職後に転職活動をする場合は、
短期間で集中して進められることが多いです。
在職中に転職活動をする場合は、
日程調整が難しく長期化する傾向にあります。

Q.第二新卒の転職活動におすすめの資格はありますか?
A.おすすめの資格は、希望する企業の業務に活かせる資格です。
事務職では「MOS」「日商簿記検定」
販売職では「販売士(リテールマーケティング検定)」が一般的におすすめです。
特に日本の企業では「TOEIC」のスコアは
英語力が必要不可欠な貿易事務や
接客スタッフに有利になると言えます。
ですが、企業によっては資格より実技、
また人としての協調性などを
重視する場合もあるので希望する企業を
リサーチすることが第一です。

Q.第二新卒は学歴が重視されますか?
A.第二新卒は新卒よりも学歴を重視されることは少なくなりますが、
高学歴のほうが選考で有利に進む場合もあります。
ですが、高学歴であっても仕事をしていない期間や
ブランクによって重視されない場面もあります。
社会人経験の浅い第二新卒の転職で
重視される要素は、学歴よりもビジネスマナーや
ポテンシャルのほうが大きいと言えます。

Q.職務経歴書はどのように書けばいいですか?
A.まずはこれまでの業務経験から努力したことや評価されたこと、
研修期間でどんなスキルを身につけたかなどを具体的に書き出してみましょう。
職種や業種に関連があれば
アルバイト経験を書いても問題ありません。
自己アピールに繋がる要素を見つけて
まとめてみることをおすすめします。

Q.20代前半のキャリアチェンジ転職は何回までが限度ですか?
A.回数に限度はありません。
ですが一般的に企業は長く務めてくれる人材を
求めているので、転職回数を重ねるほど
企業から不信感を抱かれてしまう可能性があります。