あなたに本当に必要ですか? 「上場企業」を選ぶメリットとデメリット

 

上場企業のイメージ画像

求人を見ていると度々「上場企業」という言葉が目に付きます。「なんとなくしっかりした企業」「安定している企業」というイメージがありますが、実際「上場企業」の意味や「上場企業」を選ぶデメリットはあるのでしょうか?

景気の低迷による市場減少での人材削減や希望退職を募る姿勢も見せ始めた「上場企業」ですが、メリットもあわせてご紹介しますね。

目次

  1. 上場企業が一目置かれる理由
  2. 上場企業に就職するメリットとデメリットは
  3. 上場企業じゃなくても自分にマッチすることが大事

上場企業が一目置かれる理由

上場企業のイメージ画像

「上場」の意味は、
企業が自社の株式を売り買い出来る

というものです。

つまり、株を買える企業のことを「上場企業」と指します。

日本には4000社ほどの上場企業があるとされていますが誰でも株を変えるということは企業にとって資金源が増えるということを意味し、さらに信用を世間に広めることが出来ます。

上場企業のイメージ画像

ですが、
毎日新聞やニュースで株式の話題は絶えませんが
誰もが自社の株を売買出来るのなら「そんなに大袈裟ものなの?」と
思ってしまいますよね。

ところが株を買うことならともかく、
全ての企業が自由に自社株を売れる上場企業になれるわけではありません。

企業が上場するためにはまず、証券取引所という
株式を売買する機関の定めた規定を守り
さらに厳しい審査をクリアしなければならないのです。

多数機関はあるものの、新聞やニュースでは「東証」と呼ばれる東京証券取引所などが有名ですね。

ではそんな一握りの上場企業に就職することになったら結局どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ざっくりとご紹介させていただきますね。

上場企業に就職するメリットとデメリットは

上場企業のイメージ画像

【上場企業のメリットは】

・福利厚生が充実している

・企業のネームバリューが大きく
経営も安定している

・転職後ローンやカードの審査や与信は通りやすい

上場している企業は社会的信頼が高いため
自社の利益も安定している傾向があります。

そのため、能力の高い社員の定着や優良な人材を確保するために
福利厚生として住宅手当が手厚かったり資格を取ることに熱心だったり、

賞与(ボーナス)も補償されているという点が挙げられますね。

さらに、帰属している企業が社会的な信頼があることで
家や車などを購入する際にローンが組みやすくなるといった役立つメリットがあります。

【上場企業のデメリットは】

上場企業のイメージ画像

・大手企業のため転職の競争率が高い

・全ての利益が平等に社員に
還元されていない場合がある

上記がデメリットとして挙げられます。

ネームバリューがある企業であればあるほど
やはり入社希望の競合は増えますし、これまでのキャリアや実績で評価が大きく左右されます。

また、昨今上場基準がゆるやかになったために上場企業と言っても従業員の待遇として還元まで進んでいない企業もあるので、リサーチには注意が必要です。

さらに社会的に経済が不安定になると、そもそも投資家や株主が出資を取りやめるなどの事態によっても、上場企業とはいえ経営が困難になる場合も考えられます。

ちなみに株主が自分で買った時より高い株価で株式を売る用語は「キャピタルゲイン(譲渡益)」、

損をした場合は「キャピタルロス(譲渡損)」と言いますので、ぜひ覚えてみてくださいね。

 

上場企業じゃなくても自分にマッチすることが大事

上場企業のイメージ画像

今回上場企業のメリットとデメリットを紹介いたしましたが

いわゆるベンチャー企業や中小企業で上場企業ではなくても
あなたにマッチしている企業は数多くあります。

また、冒頭でお伝えしたように、昨今の上場企業も上場しているからといって自分自身のスキルアップ向上に
取り組まなければ「安定」や「やりがい」が約束されていないのは厳しいですがどの企業も同じです。

コロナ禍によって21年度の新卒採用の取りやめや、早期退職を促される場合が考えらえる時代になっているのです。

キャリサポでは現在も約6000案件の非公開求人から、あなたのキャリアアップを目指せる
ご紹介し満足度の高い内定獲得に導く全力支援を行っています。

20代の転職・キャリアサポートのキャリサポ

公開求人を見ても自分にピンとくる企業が見つからない時は
妥協せず、まずはキャリサポにご相談ください。

20代の転職・キャリアサポートのキャリサポ登録イメージ

約6000案件から、
あなたに必ずマッチする企業が見つかります。

最新の記事を見る