キャリアビルディングが転職の最強メソッドの理由

「うちの会社、昇級もボーナスもないし、休みも全然取れない…
人間関係も飽き飽きしたし、そろそろ転職しよっかな」

あなたの周りで、このように軽い感覚で転職を繰り返す人はいませんか?

このように次々と職場を変えては再び転職することを「キャリアビルディング」と呼びます。
キャリアビルディングは本人の性格によって
「長く同じ場所で単純に働くことが苦手」というタイプもいますが、
大多数が

「今よりもっと良い環境で働けるはず」
「知らないだけで、自分に合った仕事を見つければ形勢逆転出来る」
という希望を持って転職活動を行っている前向きな転職と言えます。

ですが、実はこんなフットワークの軽さが持ち味のキャリアビルディングに、メリットとデメリットがあるって知ってますか?

コロナ禍で不況の企業もあれば、ウーバーイーツや出前というような活躍出来る多様な職種がありますが…
なぜか理想の職種や環境を見つけられない…なんてことにもなりかねないので

まずは「とにかくキャリアビルディングを行う」のではなく、しっかりとこの
キャリアビルディングの【メリット】と【デメリット】を
理解してから行動することが転職成功の鍵になります。

転職活動の基本的な部分だからこそ大切なポイントとなりますので
簡単に紹介させていただくので、

チェックしてみてくださいね。

キャリアビルディングのメリットってなに?

キャリアビルディングのメリットは、まさに新しい環境で仕事に取り組めることです。
未経験の職種でも、新しいスキルが身に付けることが出来ますし、
人間関係も新しくなりますよね。

新しい上司や同僚に環境など全てが新鮮だと仕事を覚えるモチベーションもアップしますし、
新しい環境の中でいちから自分に新しいスキルを培えることが魅力、というワケです。

さらに、未経験ではなく、これまでの業種と同じ仕事を選んだ場合、
今までのスキルを活かしたキャリアアップも期待出来ますよ。

専門性の高い職種の経験者ですと、給与の面でも未経験に比べて
研修制度が免除される代わり初任給が高く設定されていたり手厚い待遇が期待できます。

また、やりたいことが明確であるなら、スキルアップしたい技術をはっきりと自覚してポジティブな気持ちでいる分、キャリアビルディングは良いことづくめに感じますね!

キャリアビルディングは良いことづくめ!でも危険と隣り合わせ?

明るく前向きなキャリアビルディングですが、必ずしもプラスの面だけでははないことも知る必要があります。

なぜなら、、、例えばこんな事例があるからです。

▲未経験からスタートできる職種ばかりではない

そもそも未経験が就職出来ない職種ですと、転職しようにもエントリー自体が困難でスタートアップが出来ません。

未経験から事務職を募集していたとしても、基本的なエクセルやパソコン処理が
未経験、もしくは自信がなく難しい場合や、

さらにスキルを積んで転職活動をしている求職者が同じ応募を考えていたりすると、未経験のキャリアビルディングが採用される確率はどうしても下がってしまいます。

▲年齢で職種の選択肢が急激に狭まってしまう

企業側は転職による中途採用を考える場合、

・新卒や比較的転職歴が浅く

・社風や社内理念の吸収力の高い

・研修などのコストのかかる採用する人材として
20代を優遇する傾向が高いです。

これは研修制度をしっかり組み込んでいる企業ほど、企業の未来に投資をするという意味を持つので将来性の高い企業であるサインとも言えます。

30代なら専門的なスキルを保持している人がキャリアビルディングしやすいとも言えますが、特に実績やスキルがない場合、書類選考にも通りにくいという反面も。

しかし、近年の年金厚生労働省の働き方改革や35歳以上の転職・就職活動も
活発になっている一面もありますので、必ずしも年齢によって諦める必要がないことももちろんあります。

▲せっかくのこれまで働いた実績や成長させたスキルを手放してしまう

キャリアビルディングとして未経験の職種を選んだ場合、
現職で得た専門的なキャリアや技術を事実上白紙に戻すことになります。

カンタンに言えば、これまで溶接工の仕事をしていて、職種を変えて寿司屋の板前に転職するとしたら、これまでの免許や資格は不要になるようなものです。

これまでの実務経験として生かせるスキルを活かせる場でない限り、積み上げていた実績がリセットされてしまいます。つまり、スキルによって得られた年収や賞与に反映されないことが考えられるのです。

今まで給与を貰いながら専門技術を磨いていたと考えると少々勿体なく感じてしまいますね。

▲安定していた生活リズムが崩れることでストレスを感じる場合がある

このデメリットは、「どんな場所でも働ける!何でもします!」というキャリアビルディングに基づいた行動であれば問題ないかもしれません。
ですが…長い目で見ても健康面は非常に重要です。

1~3年など勤続してきた時間が長いほど、転職によって新しい環境に変化したことで心身ともにストレスを受けてしまう、という要素は忘れてはいけません。

転職活動は収入や環境だけではなく健康面にも大きく関わっているため、数年勤続していて生活のリズムが大切。

さらに職場の人間関係が良好で待遇に悩んで転職活動を検討しているのなら今いる職場でのスキルや実績を伸ばして評価されやすい立場を向上していく方がマッチしている事も考えられます。

キャリアビルディングをすることだけが選択肢じゃない!でも…どうしても今すぐ転職したいなら

キャリアビルディングを選択しても、失敗が前提というわけではありませんが、必ずしも成功するとも言えません。

ですが…限られた人生の中でやりがいを得るためにも自分のスキルや理想の職業をしっかり把握するほかに今の職業でのスキルアップすることで開ける可能性を秘めています。

キャリアアドバイザーの「キャリサポ」では、
専用の転職・就職診断チャートから

・本格的に転職活動すべきか
・現職でキャリアップを目指すべきか

たった3分で簡単に診断することが出来ます。

まずは登録不要でチェックできる、
「キャリサポ」の診断テストがオススメです。
▼参考になさってくださいね。▼

 
最新の記事を見る